お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-07-19
14:15
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
周期分極反転LiNbO3導波路デバイスによるテラヘルツ波発生の検討
岸本 直浜崎淳一小川 洋古澤健太郎林 伸一郎関根徳彦寳迫 巌NICTEMT2022-25 MW2022-49 OPE2022-28 EST2022-26 MWPTHz2022-23
テラヘルツ波送受信モジュールの開発のために周期分極反転LiNbO3 (PPLN) 導波路デバイスの非線形光学効果を用いた... [more] EMT2022-25 MW2022-49 OPE2022-28 EST2022-26 MWPTHz2022-23
pp.87-90
MWP 2020-10-21
14:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]THz波発生効率向上のためのリッジ形状PPLNデバイス
浜崎淳一小川 洋NICT)・岸本 直OKI)・関根徳彦笠松章史寳迫 巌NICTMWP2020-27
 [more] MWP2020-27
pp.7-10
MWP 2016-04-21
14:55
東京 機械振興会館 PPLNからの広帯域マルチサイクル周波数チャープTHz波パルス発生
浜崎淳一小川 洋関根徳彦笠松章史菅野敦史山本直克寶迫 巌NICTMWP2016-4
高周波(テラヘルツ波, THz波)広帯域のFM-CWレーダー光源開発に向け, 反転周期の間隔を徐々に変化させた周期的分極... [more] MWP2016-4
pp.13-17
LQE, OPE
(共催)
2015-06-19
13:50
東京 機械振興会館 チャープ制御したフェムト秒パルス励起によるGaP結晶からのTHz波発生
浜崎淳一関根徳彦笠松章史寶迫 巌NICTOPE2015-14 LQE2015-24
光整流効果でテラヘルツ波を発生させる場合,通常はチャープ補償したフェムト秒パルスを励起光として用いる.しかしテラヘルツ波... [more] OPE2015-14 LQE2015-24
pp.21-24
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-24
09:25
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) ダブルクラッドYb添加ファイバーを用いたチャープパルス増幅システムの開発 ~ 高出力広帯域Thz波発生に向けて ~
茂木芳成東京農工大)・浜崎淳一関根徳彦NICT)・芦原 聡東京農工大)・寶迫 巌NICTPN2013-72 OPE2013-186 LQE2013-172 EST2013-121 MWP2013-92
高出力広帯域のテラヘルツ波を発生させるためには、高出力フェムト秒パルス励起が必要となる.そのため我々は高出力超短パルス増... [more] PN2013-72 OPE2013-186 LQE2013-172 EST2013-121 MWP2013-92
pp.231-234
MWP, OPE, MW, EMT, EST, IEE-EMT
(共催) [詳細]
2012-07-26
10:35
北海道 北海道大学 高出力広帯域THzパルス発生に向けたモードロックYb添加ファイバーレーザーパルスの増幅特性評価
浜崎淳一関根徳彦寶迫 巌NICTMW2012-37 OPE2012-30 EST2012-19 MWP2012-18
高出力広帯域のTHzパルスを発生させるためには高強度超短パルス励起光源システムが必要となる。そのようなシステムに適したパ... [more] MW2012-37 OPE2012-30 EST2012-19 MWP2012-18
pp.81-84
OPE, MW, MWP, EMT, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2011-07-22
16:30
北海道 北見工業大学 Ybドープファイバーからの共同発光現象
浜崎淳一長野重夫関根徳彦寶迫 巌NICTMW2011-68 OPE2011-55 EST2011-54 MWP2011-36
 [more] MW2011-68 OPE2011-55 EST2011-54 MWP2011-36
pp.167-170
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会