お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, IN
(併催)
2015-05-21
09:20
東京 機械振興会館 LTE-AdvancedへのアナログCSIフィードバック適用に関する検討
山崎智春浦林宏行童 方偉藤代真人守田空悟京セラRCS2015-23
無線通信における喫緊の課題として,トラフィックの急激な増大に伴う無線周波数の枯渇が挙げられる.この課題に対する有効な解決... [more] RCS2015-23
pp.1-6
RCS, SR, SRW
(併催)
2015-03-04
17:40
東京 東京工業大学 LTE-AdvancedへのアナログCSIフィードバック適用に関する検討
山崎智春浦林宏行童 方偉藤代真人守田空悟京セラRCS2014-325
無線通信における喫緊の課題として,トラフィックの急激な増大に伴う無線周波数の枯渇が挙げられる.この課題に対する有効な解決... [more] RCS2014-325
pp.141-146
RCS 2014-06-18
14:40
沖縄 沖縄県青年会館(那覇) LTE-Advanced上でのアナログCSIフィードバック特性改善に関する一検討
山崎智春浦林宏行童 方偉藤代真人守田空悟京セラRCS2014-74
無線通信における喫緊の課題として,トラフィックの急激な増大に伴う無線周波数の枯渇が挙げられる.この課題に対する有効な解決... [more] RCS2014-74
pp.245-250
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-04
11:00
東京 早稲田大学 LTE-Advanced上でのアナログCSIフィードバックに関する一検討
山崎智春浦林宏行童 方偉藤代真人守田空悟京セラRCS2013-354
無線通信における喫緊の課題として,トラフィックの急激な増大に伴う無線周波数の枯渇が挙げられる.この課題に対する有効な解決... [more] RCS2013-354
pp.289-294
RCS 2013-10-17
13:50
東京 上智大学 [依頼講演]LTE-Advanced上での端末間直接通信のための干渉制御の検討
山崎智春浦林宏行榮祝剛洋松本直久藤代真人守田空悟京セラRCS2013-151
3rd Generation Partnership Project (3GPP)にて仕様化が行なわれているLTE-Ad... [more] RCS2013-151
pp.55-60
IN, NS
(併催)
2011-03-04
08:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター コンテンツ流通網におけるインネットワーク誘導方式の部分普及時の評価
筒井達大浦林宏行山本 幹関西大NS2010-260
ネットワーク内に配置されたキャッシュを自律的に協調させる方法として,コンテンツの存在方向を示す
足跡情報(インネットワ... [more]
NS2010-260
pp.545-550
NS, IN
(併催)
2010-03-05
10:40
宮崎 宮崎シーガイア ID/Locator分離アーキテクチャを利用した異種ネットワーク間3次元ルーチングの検討
谷尾文太浦林宏行山本 幹関西大)・柳生智彦NEC)・鈴木孝明東北大NS2009-230
インターネットにおける経路情報の増加への解決策として,ID/Locator分離アーキテクチャが提案されている.このアーキ... [more] NS2009-230
pp.381-386
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会