お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SCE 2022-01-21
15:30
ONLINE オンライン開催 厚い三層メンブレンを用いた超伝導転移端ガンマ線マイクロカロリメータの熱特性とマイクロ波多重読出
菊地貴大藤井 剛産総研)・早川亮太都立大)・ライアン スミス東大)・平山文紀佐藤 泰神代 暁浮辺雅宏産総研)・大野雅史東大)・佐藤 昭山森弘毅産総研SCE2021-16
厚いメンブレンは強い機械的強度を示す。そのため、ガンマ線マイクロカロリメータ(γ-TES)の重金属のバルク吸収体を支える... [more] SCE2021-16
pp.22-27
SCE 2022-01-21
15:55
ONLINE オンライン開催 超伝導トンネル接合X線検出器の長期安定性評価
藤井 剛浮辺雅宏産総研SCE2021-17
 [more] SCE2021-17
pp.28-31
SCE 2021-11-15
15:10
ONLINE オンライン開催 メンブレンを用いたSTJ検出器のノイズ低減に関する研究
柴﨑太我埼玉大/産総研)・藤井 剛浮辺雅宏産総研)・田井野 徹埼玉大SCE2021-9
超伝導トンネル接合(STJ)検出器は、理論上半導体検出器の数十倍の高いエネルギー分解能を実現でき、SiCやGaN等の次世... [more] SCE2021-9
pp.10-14
SCE 2021-01-19
13:30
ONLINE オンライン開催 超伝導転移端型ガンマ線マイクロカロリメータの多画素化に適した三層メンブレンの熱コンダクタンスの評価
菊地貴大神代 暁早川亮大藤井 剛平山文紀浮辺雅宏産総研)・ライアン スミス大野雅史東大SCE2020-18
我々はガンマ線を高いエネルギー分解能で検出することのできる超伝導転移端型マイクロカロリメータ( Transition E... [more] SCE2020-18
pp.7-12
SCE 2020-01-17
16:45
神奈川 横浜市開港記念会館 画素間で均一な特性をもつ多画素TES型ガンマ線マイクロカロリメータ実現に向けたSiO_2/Si_xN_y/SiO_2メンブレンの製作
菊地貴大神代 暁藤井 剛浮辺雅宏産総研)・大野雅史スミス ライアン東大)・生稲新太郎ハイソルSCE2019-75
 [more] SCE2019-75
pp.183-187
SCE 2019-01-23
11:25
東京 機械振興会館 高エネルギー分解能RIXS用超伝導ナノストリップX線検出器の開発
浮辺雅宏渡邉千春全 伸幸藤井 剛牧瀬圭正大久保雅隆産総研)・テーフー リーディージー ホアン台湾放射光研SCE2018-28
 [more] SCE2018-28
pp.17-21
SCE 2015-10-09
11:00
宮城 東北大 [招待講演]3次元構造超伝導トンネル接合アレイ検出器の性能改善
藤井 剛浮辺雅宏志岐成友大久保雅隆産総研SCE2015-32
 [more] SCE2015-32
pp.67-70
SCE 2014-10-15
13:40
宮城 東北大学・電気通信研究所 3次元構造超伝導トンネル接合の作製
藤井 剛浮辺雅宏志岐成友大久保雅隆産総研SCE2014-35
我々が開発しているX線吸収微細構造分析装置の検出感度の向上には、使用するNb/Al超伝導トンネル接合(STJ)アレイ検出... [more] SCE2014-35
pp.7-10
SCE 2013-10-03
10:20
宮城 東北大学・電気通信研究所 超伝導ストリップイオン検出器による巨大分子の高感度質量分析
全 伸幸志岐成友藤井 剛浮辺雅宏小池正記大久保雅隆産総研SCE2013-31
従来,飛行時間型質量分析計(Time-Of-Flight Mass Spectrometer; TOF MS)の分子検出... [more] SCE2013-31
pp.67-70
SCE 2007-10-17
13:50
東京 機械振興会館 大面積STJ粒子検出器のための赤外線反射フィルターの開発
志岐成友浮辺雅宏清水川 豊産総研)・冨田成夫佐藤優樹筑波大)・前田龍太郎大久保雅隆産総研
粒子の検出に極低温検出器を用いる際、室温の粒子源から極低温の検出器に粒子を導くため、
輻射シールドに貫通穴が必要となる... [more]
SCE2007-20
pp.13-16
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会