お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-15
10:25
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
第二言語の文章理解における読解方略の使用 ~ 未知語への対処に着目して ~
原 和久名大)・清河幸子東大)・光永悠彦名大HCS2022-7 HIP2022-7
第二言語(L2)の文章理解では,読み手が効率よく文章を理解するために方略の使用が重要であると考えられている.本研究では,... [more] HCS2022-7 HIP2022-7
pp.35-40
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-15
10:45
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
説明は表象変化を促進するか? ~ オンライン環境での検討 ~
吉田さやか・○清河幸子東大HCS2022-8 HIP2022-8
オンライン環境において他者に対して自分の考えを説明することが表象変化に及ぼす影響を検討した.対面環境で統計学の概念の学習... [more] HCS2022-8 HIP2022-8
pp.41-44
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-15
11:05
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
孤独のイメージを変える手段としての共通点探索
清河幸子東大)・河野荘子名大HCS2022-9 HIP2022-9
孤独は「寂しい」などのネガティブに捉えられやすく,このことが不適切な対人行動の背景にあると考えられる.しかし,孤独には「... [more] HCS2022-9 HIP2022-9
pp.45-46
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-16
13:35
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
身体運動としてのダンスが心理的健康を促進するメカニズム
酒井美鳥名大)・清河幸子東大HCS2022-27 HIP2022-27
ダンスは学校教育の必修科目であり,身近な存在となっている.また,ダンスは心理療法としても行われており,これまでに多くの先... [more] HCS2022-27 HIP2022-27
pp.132-135
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2022-05-16
14:15
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
知的嗜好を捉える ~ 「面白さ」の解体はどこまで進んでいるか ~
佐々木一洋清河幸子東大HCS2022-29 HIP2022-29
本研究では,知的活動の対象にどのような興味を抱くかの個人差である知的嗜好に関する先行研究を概観する.特性好奇心,特性興味... [more] HCS2022-29 HIP2022-29
pp.140-144
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2021-05-24
11:25
ONLINE オンライン開催 踊ることに対する恥ずかしさと苦手意識
酒井美鳥名大)・清河幸子東大)・溝川 藍名大HCS2021-5 HIP2021-5
踊ることが心身にポジティブな効果を及ぼすことが示されてきている.一方で,学校で行われるダンスの授業に対して抵抗感を抱く児... [more] HCS2021-5 HIP2021-5
pp.21-26
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2021-05-24
11:50
ONLINE オンライン開催 趣味と学習における知的選好の関連 ~ Magic: The Gatheingプレイヤーを対象とした検討 ~
佐々木一洋清河幸子東大HCS2021-6 HIP2021-6
学習内容や課題自体に面白さを感じる内発的動機づけを持つことがよい学習につながるとされてきた.しかし,内容のどのような側面... [more] HCS2021-6 HIP2021-6
pp.27-32
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2021-05-25
15:20
ONLINE オンライン開催 Prevention of extremist opinions through breaking entitativity in online communication
Masato KondoNagoya Univ.)・Sachiko KiyokawaUniv. of Tokyo)・Jiro TakaiNagoya Univ.HCS2021-15 HIP2021-15
匿名空間において人は多数派意見に従う傾向がある.ネットいじめの背景にはこの傾向が存在している可能性がある.本研究では,集... [more] HCS2021-15 HIP2021-15
pp.75-80
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2021-05-25
15:45
ONLINE オンライン開催 望ましい困難さを用いたオンライン調査における努力の最小限化の防止 ~ 非流暢フォントを用いた検討 ~
吉野文菜名大)・○清河幸子東大HCS2021-16 HIP2021-16
オンライン調査全体に読みにくいフォントを用いることによって,努力の最小限化すなわち回答者が質問文を読まない行為を防止でき... [more] HCS2021-16 HIP2021-16
pp.81-86
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2020-05-14
11:10
ONLINE オンライン開催 ダンスを通した身体表現が心理的側面に及ぼす影響 ~ 自己概念のポジティブな変化 ~
酒井美鳥清河幸子名大HCS2020-3 HIP2020-3
ダンスは一般社会で広く行われている身体表現活動である.ダンスを通した身体表現は,その場で感じたままに自由に動く即興表現と... [more] HCS2020-3 HIP2020-3
pp.13-16
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2020-05-14
15:30
ONLINE オンライン開催 音楽聴取による悲しみの緩和 ~ 反すう特性と時間経過に着目して ~
加藤里実清河幸子名大HCS2020-8 HIP2020-8
本研究では,聴取者の反すう特性と音楽聴取後の時間経過に着目し,音楽が悲しみの緩和に及ぼす影響を検討した.具体的には,実験... [more] HCS2020-8 HIP2020-8
pp.37-40
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2020-05-15
10:40
ONLINE オンライン開催 試行履歴の情報源が問題解決に及ぼす影響 ~ 自己と他者の比較から ~
石原 潤清河幸子名大HCS2020-12 HIP2020-12
本研究の目的は,参照する試行履歴の情報源が自己であるのか,他者であるのかということが問題解決に及ぼす影響を明らかにするこ... [more] HCS2020-12 HIP2020-12
pp.59-64
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2020-05-15
15:10
ONLINE オンライン開催 自己呈示の内在化は自己欺瞞と自己呈示効力感の産物か
上田皐介清河幸子名大HCS2020-20 HIP2020-20
本研究では,自己呈示の内在化が自己欺瞞により生じるという仮説のもと,日常的な自己欺瞞の程度および自己呈示効力感と自己呈示... [more] HCS2020-20 HIP2020-20
pp.101-103
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2020-05-15
15:30
ONLINE オンライン開催 援助要請者の援助コストの知覚は援助要請行動を抑制する
古橋健悟五十嵐 祐清河幸子名大HCS2020-19 HIP2020-19
他者に助けを求める行動である援助要請行動は,個人の適応にとって重要である.本研究では,問題が一度の援助要請では解決せず,... [more] HCS2020-19 HIP2020-19
pp.97-100
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2020-05-15
15:50
ONLINE オンライン開催 制御焦点と注意の向け方が「あがり」に与える影響
小笠原香苗清河幸子名大HCS2020-18 HIP2020-18
本研究では,制御焦点と注意の向け方が他者の失敗を見た後の自身の「あがり」に与える影響について検討した.他者がスピーチで失... [more] HCS2020-18 HIP2020-18
pp.93-95
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2019-05-17
14:45
沖縄 沖縄産業支援センター ひらめきはいかにして生じるか? ~ 洞察問題解決のSpecial process viewの批判的検討 ~
清河幸子名大HCS2019-26 HIP2019-26
本稿では,「ひらめきはいかにして生じるか」という問いに答えるために,洞察問題解決に関する説明理論のうち,洞察問題解決に固... [more] HCS2019-26 HIP2019-26
pp.211-213
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-19
17:00
沖縄 沖縄産業支援センター 他者からの働きかけがルール発見において果たす役割
清河幸子名大)・植田一博東大)・大本義正京大HCS2015-14 HIP2015-14
本研究では,他者との協同がルール発見に及ぼす影響を検討した清河・植田 (2007) で得られた発話データを分析し,協同に... [more] HCS2015-14 HIP2015-14
pp.109-114
HCS 2014-02-02
15:05
鹿児島 鹿児島大学 (郡元キャンパス) 買い物に対する満足度を高める店員からの働きかけ ~ ベルギービール小売店における調査から ~
大橋のりみ清河幸子名大HCS2013-98
本研究では,ベルギービール小売店においてフィールド調査を実施し,「目当ての商品がない」という状況に遭遇した客に対して,店... [more] HCS2013-98
pp.161-164
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会