お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-07-19
14:15
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
周期分極反転LiNbO3導波路デバイスによるテラヘルツ波発生の検討
岸本 直浜崎淳一小川 洋古澤健太郎林 伸一郎関根徳彦寳迫 巌NICTEMT2022-25 MW2022-49 OPE2022-28 EST2022-26 MWPTHz2022-23
テラヘルツ波送受信モジュールの開発のために周期分極反転LiNbO3 (PPLN) 導波路デバイスの非線形光学効果を用いた... [more] EMT2022-25 MW2022-49 OPE2022-28 EST2022-26 MWPTHz2022-23
pp.87-90
OFT 2022-01-20
15:20
ONLINE オンライン開催 平面型Caイオントラップへの集積化光導波路インターフェースの検討
古澤健太郎諸橋 功関根徳彦早坂和弘NICT)・田中歌子阪大OFT2021-60
近年、超電導、光、捕獲イオン、ダイヤモンドのNVセンターなど、多様な系において量子コンピュ ータプラットフォームの技術開... [more] OFT2021-60
pp.27-31
EMT, MWP, PN
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2021-01-21
15:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]窒化シリコンマイクロリング共振器を用いたKerr周波数コム発生とモード間隔周波数測定
古澤健太郎関根徳彦笠松章史NICTPN2020-38 EMT2020-56 MWP2020-39
連続波狭線幅レーザで励起された高 Q 値微小共振器において発生する Kerr 周波数コムは、従来は困 難であった 100... [more] PN2020-38 EMT2020-56 MWP2020-39
pp.46-49
OFT 2020-01-16
16:40
愛知 自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター 光基準信号伝送を利用した微小光共振器の分散測定
古澤健太郎諸橋 功長野重夫熊谷基弘関根徳彦笠松章史NICTOFT2019-49
高Q値微小光共振器は小型周波数コム光源として期待される光カーコムの有望なプラットフォームである。光カーコムの発生において... [more] OFT2019-49
pp.15-19
ICTSSL, IN
(連催) ※学会内は併催
2019-10-17
11:40
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza Q-Learningを用いた無線メッシュネットワークの通信性能評価
小林卓矢澤 健太郎角 武憲太田 佳山内尚久三菱電機ICTSSL2019-20 IN2019-34
工場及びビル内監視システムやスマートメータにおいて, 広域で配線レスを実現する無線メッシュネットワークの適用が進んでいる... [more] ICTSSL2019-20 IN2019-34
pp.23-28
LQE, OPE, OCS
(共催)
2016-10-28
14:25
宮崎 宮崎市民プラザ(宮崎) 集積型半導体 光-テラヘルツ信号変換素子 ~ 光通信とテラヘルツ無線通信のシームレスな接続に向けて ~
山﨑理司安井章雄雨宮智宏東工大)・古澤健太郎原 紳介渡邊一世菅野敦史関根徳彦NICT)・Zhichen Gu西山伸彦東工大)・笠松章史NICT)・荒井滋久東工大OCS2016-54 OPE2016-95 LQE2016-70
(事前公開アブストラクト) 近年、THz帯を利用した無線通信システムの研究が盛んに行われている。そのため、現在有線通信に... [more] OCS2016-54 OPE2016-95 LQE2016-70
pp.109-114
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
2016-10-06
10:00
千葉 幕張メッセ [技術展示]IoT機器に向けた不揮発性メモリセキュリティ技術の提案 ~ メモリ内蔵MCUおよび汎用プロセッサ向けの保護機構 ~
橋本幹生天沼佳幸梅澤健太郎小池竜一金井 遵山田菜穂子東芝CPSY2016-51
IoT機器はその情報保護,特に不正操作の影響が永続する不揮発メモリの情報保護が大きなセキュリティ課題である.本展示では2... [more] CPSY2016-51
pp.37-42
SC 2015-03-28
11:20
福島 会津大学UBIC 多様な計算機環境におけるビッグデータ分析のための基盤ソフトウェアの提案
田仲正弘NICT)・田浦健次朗東大)・鳥澤健太郎NICTSC2014-28
近年ビッグデータの分析が注目を集めているが,各種の分析プログラムを,大規模かつ多様な計算機環境で稼働させることは容易では... [more] SC2014-28
pp.83-88
SRW 2014-06-16
15:15
神奈川 三菱電機(大船) 無線LAN高密度設置時におけるアクセスポイント選択方式の提案
石原功之郎横山陽介澤 健太郎大塚 晃曽我部靖志三菱電機SRW2014-11
無線LANアクセスポイント(AP:Access point)の設置台数は,利用者数の増加により高密度化が要求されており,... [more] SRW2014-11
pp.59-64
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-04
09:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 公衆自営連携コグニティブ無線アクセスネットワークにおけるQoS制御方式の提案と評価
澤 健太郎長谷川晃朗柴田達雄小花貞夫ATRCAS2010-142 SIP2010-158 CS2010-112
 [more] CAS2010-142 SIP2010-158 CS2010-112
pp.235-240
DE 2009-11-19
13:15
神奈川 慶応大学日吉キャンパス NICT知識創成コミュニケーション研究センターの研究と高度言語情報融合フォーラム(ALAGIN)の活動について
木俵 豊鳥澤健太郎隅田英一郎中村 哲NICTDE2009-24
 [more] DE2009-24
pp.7-8
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-09
09:00
北海道 公立はこだて未来大学(函館) JetJigsawにおけるピース改ざん検知方法の提案
松下達之梅澤健太郎・○山中晋爾東芝IT2008-43 ISEC2008-101 WBS2008-56
著者らはSCIS2009において,新しい著作権保護機構を用いた大容量コンテンツ配信方式:JetJigsawを提案した[S... [more] IT2008-43 ISEC2008-101 WBS2008-56
pp.1-6
NLC 2009-01-26
15:50
岡山 倉敷市芸文館 [招待講演]NICTにおける音声・言語研究拠点MASTARプロジェクトについて
中村 哲隅田英一郎NICT/ATR)・鳥澤健太郎NICTNLC2008-74
本稿では,情報通信機構において平成20年4月より開始した音声・言語に関する研究プロジェクトであるMASTAR(Multi... [more] NLC2008-74
pp.19-24
SR 2007-07-26
14:00
神奈川 YRP [技術展示]コグニティブ無線通信技術に関する研究開発 ~ コグニティブ無線チャネル創造技術 ~
久世俊之内田 繁澤 健太郎大塚 晃石津文雄三菱電機SR2007-20
本稿では、総務省委託研究「コグニティブ無線通信技術の研究開発」の研究課題である「コグニティブ無線チャネル創造技術」におけ... [more] SR2007-20
pp.5-8
SR 2006-11-29
16:20
北海道 北海道大学 コグニティブ無線通信における高信頼伝送制御方式の検討
内田 繁澤 健太郎久世俊之大塚 晃石津文雄三菱電機SR2006-47
同一,または複数無線システムの2以上の無線チャネルを適応的に選択し,同時利用,或いは時間的に切り替え利用する「コグニティ... [more] SR2006-47
pp.41-46
SR 2006-11-29
16:45
北海道 北海道大学 高信頼伝送制御の無線通信システム適用に関する検討
澤 健太郎内田 繁久世俊之大塚 晃石津文雄三菱電機SR2006-48
コグニティブ無線通信では、高い周波数効率を実現するために再送制御技術が重要な役割を果たす。しかし、従来ARQ(Autom... [more] SR2006-48
pp.47-52
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会