お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP 2008-02-01
11:10
北海道 北海道大学学術交流会館 1次元写像力学系に基づくRandom Boolean Networkダイナミクスの解析
藤原伸光土居伸二熊谷貞俊阪大NLP2007-145
様々な現象のモデルとして用いられているRandom Boolean Networkのダイナミク
スを調べる.大規模な... [more]
NLP2007-145
pp.19-24
NLP 2008-02-01
13:50
北海道 北海道大学学術交流会館 確率的埋め込み法によるデータクラスタリング
西川尚斗土居伸二熊谷貞俊阪大NLP2007-149
確率的近接データ埋め込み法(SPE: Stochastic Proximity Embedding)は与えられたデータ間... [more] NLP2007-149
pp.39-44
NLP 2008-02-01
14:50
北海道 北海道大学学術交流会館 心筋細胞詳細モデルの大域的分岐構造とイオンチャネル薬物感受性について(II)
山口 麗久門 聡土居伸二熊谷貞俊阪大NLP2007-151
心筋細胞に電気刺激が加わると,イオンがイオンチャネルを通過し,膜電位が変化する.この膜電位変化を記述する数学的モデルの1... [more] NLP2007-151
pp.51-56
NLP 2008-02-01
15:15
北海道 北海道大学学術交流会館 画像復元・補間問題の動径基底関数ネットワークによる解法
潘 振興藤原伸光土居伸二熊谷貞俊阪大NLP2007-152
動径基底関数ネットワーク(radial basis function network, RBFN)を用いて画像復元・補間... [more] NLP2007-152
pp.57-62
MSS 2008-01-28
10:40
徳島 徳島大学 Multi-Car Elevator Group Controller: Implementation of a Schedule Completion Time Optimization Algorithm with a Parking Strategy for Service Coverage Protection
Alex ValdivielsoToshiyuki MiyamotoSadatoshi KumagaiOsaka Univ.CST2007-36
MCE システムにはかご同士の衝突を回避する必要性など,さまざまな制約があるため,従来のエレベーターの群管理制御法を単純... [more] CST2007-36
pp.7-12
MSS 2008-01-29
13:55
徳島 徳島大学 Safety Critical Systemに対する強化学習適用に関する検討
藤原真一宮本俊幸熊谷貞俊阪大CST2007-53
マルチエージェント環境における,自律的な協調行動獲得の枠組みとして強化学習が注目されている.
強化学習は試行錯誤や知識... [more]
CST2007-53
pp.41-46
MSS, CAS
(共催)
2007-11-30
09:30
新潟 新潟大学自然科学研究科 秘密分散共有法を用いた分散データベースシステムのマルチエージェントネットによる実現について
水上翔太宮本俊幸熊谷貞俊阪大CAS2007-73 CST2007-24
近年,データベースシステムで扱うデータの量や種類の増加により,
分散データベースシステムの必要性が増大している.また,... [more]
CAS2007-73 CST2007-24
pp.1-6
NLP 2007-06-08
14:15
広島 広島工業大学広島校舎 動径基底関数ネットワークによる画像補間問題の単純解法
潘 振興妹尾真人土居伸二熊谷貞俊阪大NLP2007-14
原画像の一部がサンプル点として与えられたとき,動径基底関数ネットワーク(radial basis function ne... [more] NLP2007-14
pp.17-22
NLP 2007-06-08
14:50
広島 広島工業大学広島校舎 心筋細胞詳細モデルの大域的分岐構造とイオンチャネル薬物感受性について
山口 麗土居伸二熊谷貞俊阪大NLP2007-15
Luo-Rudy dynamicモデルは,心筋細胞の膜電位変化を記述する詳細モデルの
ひとつである.このモデルは21次... [more]
NLP2007-15
pp.23-28
NLP 2007-06-08
15:40
広島 広島工業大学広島校舎 確率的手法による高次元データの低次元埋め込み
西川尚斗土居伸二熊谷貞俊阪大NLP2007-17
確率的近接データ埋め込み法(SPE: Stochastic Proximity Embedding)はデータマイニングに... [more] NLP2007-17
pp.35-40
MSS 2007-01-26
15:15
東京 機械振興会館 自律分散型AGVの搬送計画問題における初期割り当ての手法の評価
森弘佑輔宮本俊幸熊谷貞俊阪大
 [more] CST2006-43
pp.31-36
MSS 2007-01-26
16:05
東京 機械振興会館 秘密分散共有データベースにおける分散クエリ最適化問題について
池村武司宮本俊幸熊谷貞俊阪大
分散データベースシステムは,取り扱われるデータの増加に対応することができ
る.しかしながら,分散データベースシステム... [more]
CST2006-45
pp.43-48
NLP 2007-01-18
17:05
香川 香川県高松市 サンポートホール高松 非線形心筋細胞モデルの大域的分岐構造と刺激応答特性について(II)
高橋直之山口 麗土居伸二熊谷貞俊阪大
 [more] NLP2006-140
pp.79-84
NLP 2007-01-18
17:30
香川 香川県高松市 サンポートホール高松 Boolean Networkの1次元写像力学系を用いた統計的解析
藤原伸光土居伸二熊谷貞俊阪大
遺伝子制御ネットワークの代表的なモデルとして用いられているBoolean Networkモデルの性質を調べる.大規模なネ... [more] NLP2006-141
pp.85-90
NLP 2006-12-13
15:05
北海道 北海道 湯の川温泉 KKRはこだて 距離幾何学問題における確率的近接データ埋め込み法の拡張
加嶋浩之土居伸二熊谷貞俊阪大
 [more] NLP2006-96
pp.39-44
CAS, MSS
(共催)
2006-11-21
09:25
長崎 長崎大学 文教キャンパス 総合教育研究棟 2F多目的ホール, 3F大講義室 シェア配送問題に対する発見的手法の比較
宮本俊幸熊谷貞俊阪大
 [more] CAS2006-55 CST2006-31
pp.1-6
MSS 2006-07-26
10:00
京都 京都工芸繊維大学 総合研究棟4階 多目的室 搬送経路計画問題における初期割り当て手法に関する研究
森弘佑輔宮本俊幸熊谷貞俊阪大
本論文では自律搬送システム(Autonomous Transportation Systems : ATSs)におけるオ... [more] CST2006-10
pp.1-6
MSS 2006-07-26
10:25
京都 京都工芸繊維大学 総合研究棟4階 多目的室 秘密分散ストレージシステムにおける最適シェア配送問題
宮本俊幸熊谷貞俊阪大
我々は秘密分散共有法を用いた分散ストレージシステムを提案・開発している.
分散ストレージシステムにおけるデータ格納処理... [more]
CST2006-11
pp.7-12
NLP 2006-06-23
14:55
東京 中央大学理工学部 心筋細胞結合系を用いた活動電位伝播特性の解析
石木達也土居伸二熊谷貞俊阪大
心臓心室筋細胞モデルを結合させた1次元ケーブルモデルを用い,イオンチャネル最大コンダクタンスの変化が活動電位の伝播特性,... [more] NLP2006-18
pp.41-46
NLP 2006-06-23
15:20
東京 中央大学理工学部 遺伝子制御ネットワークの結合写像系によるモデル化と解析
藤原伸光土居伸二熊谷貞俊阪大
遺伝子制御ネットワークの新たなモデルとして結合写像系を提案する.
少数個の遺伝子が相互作用するネットワークを用いて,提... [more]
NLP2006-19
pp.47-52
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会