お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 50件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
12:55
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CSIを用いた三次元構造復元に関する一検討
生尾夏輝加藤空知新宮裕章藤橋卓也阪大)・村上友規NTT)・渡辺 尚猿渡俊介阪大
 [more]
CCS, NLP
(共催)
2022-06-10
13:00
大阪 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]非地上・地上統合ネットワークの動向と将来展望
渡辺 尚猿渡俊介藤橋卓也阪大NLP2022-17 CCS2022-17
 [more] NLP2022-17 CCS2022-17
pp.84-87
AP, RCS
(併催)
2021-11-10
13:05
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]IoTデバイスの電源課題を解決する分散協調型無線電力伝送システムの開発
田中勇気PSNRD)・濱政 光枷場亮祐パナソニック)・佐藤 浩小柳芳雄PSNRD)・池田拓磨梶原正一五閑 学谷 博之パナソニック)・林 健太朗木崎一廣猿渡俊介渡辺 尚阪大AP2021-100 RCS2021-147
B5G/6Gにおいては,超多数のセンサおよびアクチュエータデバイスが物理空間上に設置され,高密度なCPS(Cyber P... [more] AP2021-100 RCS2021-147
p.2(AP), p.20(RCS)
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-09
15:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ボリュメトリック配信の無線化とその課題
藤橋卓也猿渡俊介渡辺 尚阪大CQ2021-47
 [more] CQ2021-47
p.47
CQ 2021-08-04
09:55
ONLINE オンライン開催 クラウドゲーミングシステムの低遅延化に向けた投機的映像伝送手法
石岡卓将阪大)・椎名亮太福井達也小野央也藤原稔久谷口友宏NTT)・藤橋卓也猿渡俊介渡辺 尚阪大CQ2021-26
ネットワークの高度化に伴って,クラウドゲーミングと呼ばれる,サーバ上で実行しているゲームをネットワークを通じて遠隔からプ... [more] CQ2021-26
pp.26-31
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-15
14:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]5Gから6Gに向けたネットワーク技術進化の方向性 ~ 次の時代の勝者は誰か? ~
猿渡俊介藤橋卓也渡辺 尚阪大RCC2021-32 NS2021-48 RCS2021-90 SR2021-30 SeMI2021-24
本講演では,2030 年代に登場することが予想される 6G [1] に向けて,筆者らが研究している RoF のネットワー... [more] RCC2021-32 NS2021-48 RCS2021-90 SR2021-30 SeMI2021-24
p.49(RCC), p.87(NS), p.67(RCS), p.54(SR), p.63(SeMI)
RCS, IN, NV
(併催)
2021-05-28
14:45
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]6Gにおいて無線電力伝送・ワイヤレスセンシング・バックスキャッター通信は来るのか
猿渡俊介藤橋卓也渡辺 尚阪大IN2021-9 RCS2021-28
本講演では,2030年代に登場することが予想される6Gにおいて筆者らが研究している無線電力伝送,ワイヤレスセンシング,バ... [more] IN2021-9 RCS2021-28
p.47(IN), p.69(RCS)
CS 2020-11-06
13:00
ONLINE オンライン開催+中央・野々市公民館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[特別招待講演]5G~6G時代における映像・VRアプリケーションと課題
猿渡俊介藤橋卓也渡辺 尚阪大CS2020-60
 [more] CS2020-60
p.68
NS, RCS
(併催)
2019-12-20
09:25
徳島 徳島大学 [依頼講演]深層学習 x 動画像 x 通信
藤橋卓也猿渡俊介渡辺 尚阪大NS2019-151 RCS2019-254
 [more] NS2019-151 RCS2019-254
p.89
CQ 2019-08-28
10:10
北海道 函館アリーナ [依頼講演]無線伝送路を対象とした高品質映像伝送の課題と応用
藤橋卓也猿渡俊介渡辺 尚阪大CQ2019-76
 [more] CQ2019-76
pp.99-100
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-12
09:20
大阪 I-Siteなんば(大阪) [依頼講演]電脳空間,物理空間,電波空間
猿渡俊介渡辺 尚阪大RCC2019-45 NS2019-81 RCS2019-138 SR2019-57 SeMI2019-54
「電脳空間と物理空間が入り混じった面白い空間を構築したい」というモチベーションを起点にセンサネットワーク技術を中心に研究... [more] RCC2019-45 NS2019-81 RCS2019-138 SR2019-57 SeMI2019-54
p.161(RCC), p.187(NS), p.183(RCS), p.193(SR), p.175(SeMI)
SRW 2019-06-10
15:10
神奈川 アンリツ [招待講演]無線LANのCSIを活用したセンシング技術
村上友規アベセカラ ヒランタNTT)・内山 彰猿渡俊介前川卓也阪大SRW2019-11
 [more] SRW2019-11
p.55
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
11:45
北海道 函館アリーナ Using Carriers for Secondary User Transmission in Underlay Cognitive Radio Wireless Networks
Ousmane ZebaShunsuke SaruwatariTakashi WatanabeOsaka UniversityRCS2018-120
 [more] RCS2018-120
pp.195-198
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
11:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]全二重無線通信の可能性 ~ 電力伝送からBackscatter通信まで ~
猿渡俊介渡辺 尚阪大RCS2017-377
当初は不可能であると考えられていた全二重無線通信は,2011年のスタンフォー ド大学から発表された概念実証論文をスタート... [more] RCS2017-377
pp.321-322
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-21
10:05
北海道 北海道大学 自ノード残電量参照によるフラッディング制御の適用効果 ~ 半二重と全二重の特性比較 ~
内山 仁・○山崎悟史沼津高専)・猿渡俊介阪大)・水野秀樹東海大ASN2017-53
 [more] ASN2017-53
pp.199-204
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-03
09:50
東京 東京工業大学 [パネル討論]ソフトウェア無線全二重通信機の実装と適用先
猿渡俊介阪大SR2016-104
 [more] SR2016-104
p.59
NS, RCS
(併催)
2015-12-17
10:05
愛媛 松山市総合コミュニティセンター ネットワークMIMOにおける動的アクセスポイント選択に関する基礎検討
小林 真阪大)・猿渡俊介静岡大)・渡辺 尚阪大RCS2015-245
1 対 1 の無線通信がシャノン限界に迫りつつある中で,重畳符号化,逐次干渉除去などの多重化技術を利 用した多対多通信の... [more] RCS2015-245
pp.13-18
AP, RCS, WPT, SAT
(併催)
2015-11-05
11:20
沖縄 沖縄県立博物館・美術館 クライアント間干渉を考慮した無線全二重通信メディアアクセス制御方式について
中川 翔阪大)・猿渡俊介静岡大)・渡辺 尚阪大RCS2015-215
無線LAN の効率向上の一方策として,アクセスポイント(AP) に無線全二重通信を適用し,アップリンク
とダウンリンク... [more]
RCS2015-215
pp.151-156
ASN 2014-05-29
09:50
東京 東京大学先端科学技術研究センター An棟2階 コンベンションホール ソフトウェア定義計測機器の実現に向けたHTML5による信号表示性能の検証
袁 超静岡大)・浦野千春金子晋久産総研)・猿渡俊介静岡大)・渡辺 尚阪大ASN2014-1
筆者らは,計測機器をソフトウェア化し,研究者や技術者が用途に応じてソフトウェアを自分自身の手で変更するだけで実験系を自由... [more] ASN2014-1
pp.1-6
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-24
14:45
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) 不安定な電力供給に対応するRPLの設計と評価
鈴木良典猿渡俊介峰野博史静岡大ASN2013-154
本稿では,無線電力伝送や環境発電を前提とした無線センサネットワークにおいて,電力供給が不安定な
状況下で効率的にデータ... [more]
ASN2013-154
pp.201-206
 50件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会