お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 77件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2022-06-09
13:00
福岡 九州工業大学(若松)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
カオスボルツマンマシンを用いたアニーリングマシンのハードウェア実装
吉岡莞汰九工大)・川島一郎田向 権九工大/ニューモルフセンターSIS2022-1
ムーアの法則の終わりにより,次世代型コンピュータとして,さまざまな組み合わせ最適化問題を解けるアニーリング方式の量子コン... [more] SIS2022-1
pp.1-6
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2022-06-10
11:40
福岡 九州工業大学(若松)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
レザバー計算による組込み指向型音声分類システム
田中悠一朗内野壱星九工大)・大栗一敦ソニー)・田向 権九工大SIS2022-9
近年,音声分類の分野においてディープニューラルネットワーク(DNN)ベースの手法が画期的な成果を上げているが,DNNベー... [more] SIS2022-9
pp.41-44
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2022-06-10
13:00
福岡 九州工業大学(若松)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[チュートリアル講演]高精度・高効率なロボットビジョンの構築法:深層学習用データセット生成法とハードウェア実装の両面より
田向 権九工大SIS2022-10
本チュートリアル講演では,高精度かつ高効率なロボットビジョンの構築法として,独自データセットの半自動生成法と,深層ニュー... [more] SIS2022-10
pp.45-48
SIS 2021-12-03
11:20
ONLINE オンライン開催 多次元特徴空間に着目したオープンセット認識手法の開発
金岡大樹九工大)・田中悠一朗田向 権九工大/ニューロモルフィックAIハードウェア研究センターSIS2021-23
一般的な画像認識はテスト時に使用するクラスは全て既知クラスであることを前提としていることが多い.そのため未知クラスを入力... [more] SIS2021-23
pp.11-14
SIS, ITE-BCT
(連催)
2021-10-08
11:10
ONLINE オンライン開催 GMM-MRCoHOG特徴量を用いた人物認識処理のハードウェア指向アルゴリズム
武本崚吾長嶺佑哉吉弘憲大九工大)・柴田雅聡山田英夫アイシン)・榎田修一田向 権九工大SIS2021-19
ロボットが人の生活空間で動作するためには,高精度・高速な人物認識が必要である.本研究では高い人物認識性能をもつGauss... [more] SIS2021-19
pp.48-53
SIS 2021-03-04
14:10
ONLINE オンライン開催 Depth画像を用いた一般物体認識ニューラルネットワークのハードウェア実装
吉元裕真九工大/学振)・田向 権九工大/ニューロモルフィックAIハードウェア研究センターSIS2020-47
本研究ではホームサービスロボットのために,Depth画像を用いた一般物体認識ニューラルネットワークを,ハードウェアデバイ... [more] SIS2020-47
pp.67-70
SIS 2020-12-01
15:15
ONLINE オンライン開催 ランダム値インパルス性雑音除去のために雑音検出と除去を行う畳み込みニューラルネットワークの提案
福田有輝也九工大)・久保田良輔宇部高専)・田向 権九工大SIS2020-34
ディジタル画像を伝送する際に,ランダム値インパルス性雑音(Random-Valued Impulse Noise: RV... [more] SIS2020-34
pp.35-40
SIS, ITE-BCT
(連催)
2020-10-01
14:00
ONLINE オンライン開催 MRCoHOG特徴量を用いた人物認識処理のFPGA実装
長嶺佑哉吉弘憲大九工大)・柴田雅聡山田英夫エクォス・リサーチ)・榎田修一田向 権九工大SIS2020-16
本研究では,Multiresolution Co-occurrence Histograms of Oriented G... [more] SIS2020-16
pp.35-39
IPSJ-AVM, ITE-3DMT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2020-06-03
13:40
ONLINE オンライン開催 色の視覚的印象を考慮した色量子化法
福田有輝也九工大)・久保田良輔宇部高専)・田向 権九工大SIS2020-3
 [more] SIS2020-3
pp.13-18
SIS 2020-03-05
15:30
埼玉 埼玉会館
(開催中止,技報発行あり)
ホームサービスロボットの物体検出・認識のための深層ニューラルネットワーク
石田裕太郎田向 権九工大SIS2019-45
本研究では,ホームサービスロボットの物体検出・認識にDNN(Deep Neural Network)を応用するため,デー... [more] SIS2019-45
pp.45-50
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2019-11-28
17:10
福岡 旧大連航路上屋(北九州門司) [招待講演]ホームサービスロボットの脳型人工知能のための回路とシステム
田向 権九工大CAS2019-54 MSS2019-33
 [more] CAS2019-54 MSS2019-33
p.71
IPSJ-AVM, ITE-3DMT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2019-06-13
11:20
長崎 福江文化会館 ニューラルネットワークのハードウェア実装に向けた乱数生成手法の提案と検証
堀 三晟田向 権九工大SIS2019-1
Restricted Boltzmann Machine (RBM)をはじめとする,確率的に動作するニューラルネットワー... [more] SIS2019-1
pp.1-4
IPSJ-AVM, ITE-3DMT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2019-06-13
13:15
長崎 福江文化会館 中間層に余剰ニューロンを持った自己符号化器
鈴木章央田向 権九工大SIS2019-3
未知データを教師あり学習を用いて見分けるのは難しい.本研究では,自己符号化器(Autoencoder,AE)を用いて未知... [more] SIS2019-3
pp.11-16
SIS 2019-03-06
13:00
東京 東京理科大学葛飾キャンパス 高位合成によるMRCoHOG特徴量のFPGA実装に関する評価
長嶺佑哉吉弘憲大田向 権九工大SIS2018-37
本稿では,多重解像度間の輝度勾配の共起に着目する Multi-resolution Co-occurrence Hist... [more] SIS2018-37
pp.1-4
SIS 2019-03-06
14:30
東京 東京理科大学葛飾キャンパス 補色で再構成するAutoencoder
鈴木章央田向 権九工大SIS2018-41
入力画像を補色で再構成するように,Autoencoder(AE)を学習させる.また,このAEを用いて異常検知を行う.正常... [more] SIS2018-41
pp.23-28
SIS 2019-03-07
12:15
東京 東京理科大学葛飾キャンパス 画像の拡大における少数色の保存性を考慮した色量子化アルゴリズム
福田有輝也三澤秀明宇部高専)・田向 権九工大)・久保田良輔宇部高専)・車 炳キ麻生隆史九州情報大SIS2018-51
本報告では,限定色画像の拡大を行い,拡大後の画像に適用するカラーパレットを生成する手法を提案する.提案手法では,使用頻度... [more] SIS2018-51
pp.75-80
NLP, NC
(併催)
2019-01-23
15:20
北海道 北海道大学 百年記念会館 家庭用サービスロボットのための海馬-嗅内皮質の集積回路モデル
下留 諒川内聖士高田健介立野勝巳田向 権森江 隆九工大NC2018-39
現在の人工知能に望まれている脳型記憶システムを専用ハードウェアにより構築するために,本報告では集積回路化に適した脳型記憶... [more] NC2018-39
pp.5-10
SIS 2018-12-07
10:30
山口 萩市民館 Depth画像を用いたハードウェア指向一般物体認識ニューラルネットワーク
吉元裕真田向 権九工大SIS2018-32
近年,一般物体認識の為の強力な手法としてConvolutional Neural Network (CNN)が注目を集め... [more] SIS2018-32
pp.55-60
SIS, ITE-BCT
(連催)
2018-10-26
11:30
京都 京都大学 百周年時計台記念館 二色覚のコントラスト改善を目的としたクレイク・オブライエン効果のハードウェア実装に関する研究
小野智寛九工大)・久保田良輔宇部高専)・末竹規哲山口大)・田向 権九工大SIS2018-20
本研究では,クレイク・オブライエン効果(Craik-O'Brien effect:C-O効果)を用いた二色覚のための画像... [more] SIS2018-20
pp.95-100
IPSJ-AVM, ITE-3DMT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2018-06-07
14:20
北海道 定山渓ビューホテル スマートフォンのカメラで計測した脈波を用いた心拍変動パラメータの推定
田中悠一朗鈴木章央九工大)・磯貝浩久九州産大)・岩崎正明ブラテック)・田向 権九工大SIS2018-4
心拍変動(HRV)パラメータは心拍の変化を表す尺度であり,自律神経系活動の解析に用いられる.一般的にHRV パラメータは... [more] SIS2018-4
pp.35-38
 77件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会