お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2019-03-14
16:50
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 大研修室 [招待講演]次世代の大容量通信用光ファイバの研究開発
川口雄揮田村欣章佐久間洋宇林 哲也長谷川健美住友電工PN2018-88
次世代の長距離大容量通信を支える光ファイバの研究開発を報告する.我々は,2017年に世界で最も伝送損失の低い0.1419... [more] PN2018-88
pp.33-36
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2017-09-01
15:55
北海道 北海道大学 リングコア型Aeff拡大ファイバとフッ素添加クラッド標準Aeffファイバとの低損失融着接続
鈴木雅人田村欣章山本義典長谷川健美住友電工OCS2017-35
実効断面積(Aeff)が148 µm2に拡大されたファイバと,標準的なAeff(83 µm2)のファ... [more] OCS2017-35
pp.67-72
OCS, OPE
(共催)
2017-05-12
16:45
東京 機械振興会館 [特別招待講演]極低損失0.1419dB/kmの光ファイバ
田村欣章佐久間洋宇森田圭省鈴木雅人山本義典島田健作本間祐也相馬一之藤井隆志長谷川健美住友電工OCS2017-9 OPE2017-9
本報告はOFC2017ポストデッドライン論文のレビューである.ゲルマニウムを含まないシリカガラスをコアとする光ファイバに... [more] OCS2017-9 OPE2017-9
pp.31-32
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2016-11-11
09:55
長崎 長崎商工会議所 非円対称モードに一般化したハンケル変換式を用いた遠視野走査法による数モードファイバの実効断面積測定
林 哲也田村欣章永島拓志米沢和泰樽 稔樹住友電工)・五十嵐浩司相馬大樹若山雄太釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2016-60
数モードファイバの高次モードの実効断面積の評価方法について報告する.円筒対称コアの非円対称高次モードにおける近視野像―遠... [more] OCS2016-60
pp.31-36
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2016-08-25
14:05
北海道 千歳アルカディア・プラザ 低損失・低空間モード分散を実現する125µmクラッド4コア結合型マルチコアファイバ
田村欣章林 哲也長谷川健美樽 稔樹住友電工OCS2016-25
125μmのガラス外径に収容可能な4コア結合型マルチコアファイバにおいて、低伝送損失および低空間モード分散の記録を更新し... [more] OCS2016-25
pp.1-6
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-02-20
14:25
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) Lバンド帯域に適用可能なAeff拡大純シリカコアファイバ
川口雄揮山本義典春名徹也田村欣章平野正晃住友電工OCS2014-122 OPE2014-231
海底などの長距離・大容量デジタルコヒーレント伝送システムでは,伝送損失の低減や非線形性の低減によるOSNRの改善が重要で... [more] OCS2014-122 OPE2014-231
pp.109-113(OCS), pp.157-161(OPE)
OFT, OCS
(併催)
2013-08-22
14:50
北海道 北海道大学 極低損失、高FOMを有する長距離伝送用光ファイバ
春名徹也平野正晃田村欣章河野健彦大貫 聡山本義典小谷野裕史佐々木 隆住友電工OCS2013-38
海底通信分野に代表される長距離通信では、デジタルコヒーレント技術を活用したファイバ1本あたり10Tb/s以上の大容量伝送... [more] OCS2013-38
pp.11-16
OCS, OFT
(併催)
2012-08-31
11:40
北海道 サンリフレ函館 リングコア型純シリカコアファイバ
春名徹也平野正晃田村欣章山本義典佐々木 隆住友電工OCS2012-37
デジタル通信技術を活用した大容量通信の実用化に伴い、伝送用光ファイバには伝送損失の低減と実効断面積(Aeff)の拡大が要... [more] OCS2012-37
pp.49-52
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会