お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, CPM
(共催)
ITE-MMS
(連催) [詳細]
2022-10-28
11:10
長野 信州大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
多元素固溶K0.45Na0.55NbO3セラミックスの微細構造と圧電性
永田侃大・○番場教子信州大MRIS2022-16 CPM2022-47
非鉛圧電材料の中でも多くの研究が行われているのがニオブ酸カリウムナトリウム(KNN)である。本研究では多元素固溶0.95... [more] MRIS2022-16 CPM2022-47
pp.43-47
CPM 2022-08-05
09:30
北海道 北見工業大学 異なる原料粉末から作製したBi0.5(Na0.8K0.2)0.5TiO3セラミックスの特性
隅田 遼川口健斗・○番場教子信州大CPM2022-16
チタン酸ビスマスナトリウムカリウム(Bi0.5(Na,K)0.5TiO3:BNKT)はチタン酸ジルコン酸鉛(PZT)の代... [more] CPM2022-16
pp.18-21
CPM 2022-03-01
13:45
ONLINE オンライン開催 Bi0.5Na0.5(Zr,Sn)O3を固溶したK0.48Na0.52NbO3セラミックスの特性
生越令華番場教子信州大CPM2021-74
本研究では圧電性向上と安全なセラミックスの実現を目的に,高い圧電性が報告されているKNaNbO3系セラミックスから発がん... [more] CPM2021-74
pp.11-12
CPM 2021-10-27
16:00
ONLINE オンライン開催 K0.4Na0.6NbO3とK0.5Na0.5NbO3の混合粉末から作製したK0.45Na0.55NbO3セラミックスの特性
斉京朋輝小林 稜・○番場教子信州大CPM2021-33
本研究では多くの固溶体の母材であるK0.45Na0.55NbO3の特性向上につながる圧電定数d33の粒径依存性を明らかに... [more] CPM2021-33
pp.51-56
CPM 2018-03-01
16:35
東京 東京工科大学 K0.45Na0.55NbO3系セラミックスの作製及びその特性
青木俊輔番場教子信州大CPM2017-124
本研究では難焼結性のニオブ酸カリウムナトリウム(K0.45Na0.55NbO3)セラミックスにリチウム及びタンタルを固溶... [more] CPM2017-124
pp.33-36
CPM 2017-10-28
10:10
長野 信州大学 長野(工学)キャンパス E7棟 3階 研修室 LT系固溶体セラミックスの特性
八木綾仁番場教子信州大CPM2017-75
本研究では、650℃と高いキュリー点(TC)を有する難焼結性のタンタル酸リチウム(LiTaO3:LT)の特性改善を目的と... [more] CPM2017-75
pp.45-49
CPM 2017-10-28
10:45
長野 信州大学 長野(工学)キャンパス E7棟 3階 研修室 単結晶アシスト及び2段階焼成によるニオブ酸リチウムセラミックスの作製
高宮 開横山裕紀小笠原 孝高須敬士・○番場教子信州大CPM2017-76
本研究では難焼結性のニオブ酸リチウム(LN)セラミックスの緻密体を作製するために,LN単結晶及び2段階焼成プロセスを用い... [more] CPM2017-76
pp.51-55
CPM 2015-11-06
14:00
新潟 まちなかキャンパス長岡 BT固溶BKTセラミックスの微細構造および圧電特性
児玉智哉番場教子信州大CPM2015-86
本研究では、(Bi0.5K0.5)TiO3(以下、BKT)セラミックスの粒径を増大させることで圧電定数d33の向上を試み... [more] CPM2015-86
pp.15-18
EMD, CPM, OME
(共催)
2012-06-22
16:35
東京 機械振興会館 バイモルフ複合体アクチュエータ
丸山弘貴細田祐樹番場教子深海龍夫信州大EMD2012-13 CPM2012-30 OME2012-37
超音波モータの摩耗の問題を軽減するために、低周波駆動が可能である圧電バイモルフを弾性体結合子により結合させ、圧電体の摩耗... [more] EMD2012-13 CPM2012-30 OME2012-37
pp.29-33
EMD, CPM, OME
(共催)
2011-06-30
17:20
東京 機械振興会館 チタン酸マグネシウム固溶ニオブ酸カリウムセラミックスの特性
清水亮迪大和田健太番場教子信州大EMD2011-19 CPM2011-55 OME2011-33
本研究では、ニオブ酸カリウム(KNbO3;KN)セラミックスの問題点である潮解性、焼結性を改善するために、カリウム(K)... [more] EMD2011-19 CPM2011-55 OME2011-33
pp.65-70
CPM 2010-10-28
13:00
長野 信州大学 工学部 地域共同研究センター3階研修室 ニオブ酸カリウム/チタン酸バリウム複合材料の開発
臼井亮輔番場教子信州大CPM2010-91
本研究では、ニオブ酸カリウム(KN)セラミックスの問題点である耐水性と焼結性の改善を目指し、チタン酸バリウム(BT)との... [more] CPM2010-91
pp.1-5
CPM 2010-10-28
13:25
長野 信州大学 工学部 地域共同研究センター3階研修室 一方向凝固法によるタンタル酸カリウム単結晶の育成
竹中貴之番場教子干川圭吾信州大CPM2010-92
本研究では、現在タンタル酸カリウム(KTaO3、KT)単結晶育成に用いられているTSSG法に比べ、育成速度が速く、形状制... [more] CPM2010-92
pp.7-11
CPM, EMD, OME
(共催)
2006-06-30
10:35
東京 機械振興会館 反強誘電体NaNbO3セラミックスにおけるピエゾ誘電効果
遠藤尚之西軽精機)・窪 道明番場教子深海龍夫信州大
荷重センサ等の力を検出する素子として反強誘電体の誘電率が応力に依存する現象の利用の可能性について検討した.反強誘電体とし... [more] EMD2006-6 CPM2006-30 OME2006-40
pp.7-12
CPM, EMD, OME
(共催)
2006-06-30
11:00
東京 機械振興会館 超音波モーター駆動用圧電振動子
深海龍夫桑田 寛番場教子信州大)・盛 建新高野勝好東光
比較的高い振動数で低速・大トルクという超音波モーターを精密位置制御アクチュエータへ応用することを想定して金属との複合体で... [more] EMD2006-7 CPM2006-31 OME2006-41
pp.13-16
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会