お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2024-05-31
09:00
鳥取 とりぎん文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アノマリ検知技術を活用した障害の被疑箇所分析
近藤玲子児玉武司白石 崇富士通
 [more]
CQ, CBE
(併催)
2024-01-26
14:15
熊本 黒川温泉 自治会事務所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
VM最適配置のための圧縮センシングを用いたトラヒック推定手法
山本亜美松田崇弘都立大)・樋口淳一児玉武司白石 崇富士通CQ2023-67
 [more] CQ2023-67
pp.82-87
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-11
14:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]【ポスター講演】自己符号化を用いたトラヒック量推定手法に基づくVM配置手法
山本亜美松田崇弘都立大)・樋口淳一児玉武司白石 崇富士通
 [more]
CQ, MIKA
(併催)
(第二種研究会)
2023-08-31
10:50
福島 天神岬スポーツ公園 [ポスター講演]自己符号化を用いたトラヒック量推定手法に基づくVM配置手法
山本亜美松田崇弘都立大)・樋口淳一児玉武司白石 崇富士通
著者らは,複数の物理ホストと仮想マシン(VM: Virtual Machine)からなるクラウドコンピューティング環境に... [more]
CS 2023-07-27
10:05
東京 八丈町商工会 VM配置手法のための自己符号化を用いたトラヒック量推定手法に関する一検討
山本亜美松田崇弘都立大)・樋口淳一児玉武司白石 崇富士通CS2023-28
 [more] CS2023-28
pp.37-42
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2023-05-12
13:35
高知 高知工科大学永国寺キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
仮想化基盤における物理ディスクに対する仮想マシンのI/O負荷推定技術の提案
荻原一隆近藤玲子白石 崇富士通ICM2023-9
複数台のx86サーバを並べ仮想化ソフトウェアをベースに仮想マシンを使ってシステムを構築するHCI(Hyper Conve... [more] ICM2023-9
pp.41-46
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2022-05-20
13:50
長野 長野ターミナル会館+サブ会場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アラートスコアリングによるITシステムの障害箇所推定方式の提案
近藤玲子荻原一隆白石 崇富士通ICM2022-8
多数のアプリの組み合わせからなるサービス(マイクロサービス)が複数の仮想マシンや物理マシン上に配置されているシステムでは... [more] ICM2022-8
pp.36-41
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2021-05-13
09:40
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]コンテナ基盤の構成差分管理技術
近藤玲子白石 崇上野 仁富士通研ICM2021-2
昨今のアプリケーション開発は、アプリを変更しやすく開発のスピードが高まることから、多数のマイクロサービスを組み合わせる開... [more] ICM2021-2
pp.7-12
ICM 2020-03-03
09:20
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
テナント/インフラの問題切り分けを可能とする クラウド運用支援技術の開発
小口直樹白石 崇野呂正明高野陽介富士通研ICM2019-48
今日,マイクロサービスを活用した業務システムが普及してきているが,マイクロサービスをつなぎ合わせた分散システムであるため... [more] ICM2019-48
pp.37-42
ICM 2020-03-03
09:40
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
コンテナネットワーク品質のリアルタイム監視システムの開発
白石 崇野呂正明近藤玲子高野陽介小口直樹富士通研ICM2019-49
デジタルを中心としてビジネス環境が劇的に変化しており、従来のモノリシックなサービスから、コンテナを活用したマイクロサービ... [more] ICM2019-49
pp.43-48
LQE, OPE, EMD, R, CPM
(共催)
2016-08-26
11:05
北海道 函館ロワジールホテル VCSEL光送受信器用の高速回路技術
角田有紀人白石 崇柴崎崇之菅原茉莉子松井 潤森 俊彦奥 秀樹井出 聡田中一弘富士通研R2016-37 EMD2016-41 CPM2016-50 OPE2016-71 LQE2016-46
高速マルチレートCDR内蔵のVCSELトランシーバを開発した。マルチレート・マルチチャネルのCDRとして、位相トラック型... [more] R2016-37 EMD2016-41 CPM2016-50 OPE2016-71 LQE2016-46
pp.91-96
NS, OCS, PN
(併催)
2015-06-19
13:25
福井 福井市地域交流プラザ 高速FPC技術を用いた40-Gbps VCSELベース光送受信モジュール
八木澤孝俊白石 崇菅原茉莉子富士通研)・三木康幸近藤孝宏小林 満富士通コンポーネント)・田中一弘富士通研OCS2015-19
我々は、低コスト化を実現するフレキシブル回路基板(FPC)ベースの光エンジン(FPC-OE)、および、FPC-OEを両面... [more] OCS2015-19
pp.45-48
EMD, LQE, OPE, CPM, R
(共催)
2014-08-22
15:05
北海道 小樽経済センター 極小径高速PDへのレンズ集積技術を用いた40-Gb/s FPC光トランシーバ
菅原茉莉子白石 崇八木澤孝俊角田有紀人奥 秀樹井出 聡田中一弘富士通研R2014-47 EMD2014-52 CPM2014-67 OPE2014-77 LQE2014-51
近年の爆発的なデータ量増加に対応すべく、ボード間など比較的近距離を光でつなぐ光インタコネクションの議論が活発である。我々... [more] R2014-47 EMD2014-52 CPM2014-67 OPE2014-77 LQE2014-51
pp.121-126
OPE, LQE, CPM, EMD, R
(共催)
2013-08-30
10:10
北海道 サンリフレ函館 小型・広帯域FPCコネクタを用いた高速光インターコネクトモジュール
八木澤孝俊白石 崇菅原茉莉子富士通研)・三木康幸小林 満富士通コンポーネント)・田中一弘富士通研R2013-49 EMD2013-55 CPM2013-74 OPE2013-78 LQE2013-48
我々は、高速光インターコネクトに向けて、小型化、広帯域化を実現する低コストなフレキシブル回路基板(FPC)ベースの光エン... [more] R2013-49 EMD2013-55 CPM2013-74 OPE2013-78 LQE2013-48
pp.103-108
CPM, OPE, LQE, EMD
(共催)
2011-08-25
14:35
北海道 北海道大学 創成科学研究棟 5階 大会議室 低融点・高誘電率ガラスを用いたレンズ集積光サブアセンブリ
白石 崇八木澤孝俊池内 公井出 聡田中一弘富士通研EMD2011-38 CPM2011-82 OPE2011-73 LQE2011-36
 [more] EMD2011-38 CPM2011-82 OPE2011-73 LQE2011-36
pp.35-40
PN, OPE, OFT, LQE
(共催)
2005-01-27
15:50
大阪 大阪大学 小型ゼロチャープ10Gb/s LiNbO3変調器
杉山昌樹長谷川 哲白石 崇土居正治田中一弘富士通研
光通信用10Gb/s LiNbO3変調器に要求される小型化、ゼロチャープ化を実現した。低損失の折り返し導波路を開発してチ... [more] PN2004-95 OFT2004-101 OPE2004-202 LQE2004-149
pp.51-54
PN 2004-10-22
18:05
東京 機械振興会館 EO導波路偏向型光スイッチの開発
菅間明夫石井雅俊加藤雅之白石 崇甲斐雄高尾中 寛富士通/光協会
光バーストスイッチングなどの高速切り換え用途に向けて,電気光学(EO)効果を用いた導波路偏向型光スイッチ方式の基礎検討を... [more] PN2004-59
pp.61-64
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会