お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN 2018-01-31
08:45
大分 三菱電機 湯布郷館 高密度無線センサネットワークによる迅速な地すべり境界検知のためのグループ化に基づくスケジューリング方式
石原翔太橋本匡史若宮直紀村田正幸阪大)・川本康貴OKIASN2017-97
本報告では,地すべり検知のために高密度にセンサノードを敷設した無線センサネットワークにおいて,地すべり境界を迅速に検知す... [more] ASN2017-97
pp.79-84
ICD, IPSJ-ARC
(連催)
2012-01-20
15:10
東京 電通大 同期/非同期ハイブリッドアーキテクチャに基づく低消費電力FPGAの評価
小松与志也張山昌論石原翔太土屋亮人亀山充隆東北大ICD2011-142
本論文では回路の稼働率に応じて同期式あるいは非同期式に回路の動作を選択できるハイブリッドFPGAを提案する.ロジックブロ... [more] ICD2011-142
pp.93-96
RECONF 2010-09-17
10:15
静岡 静岡大学(工学部2号館) 同期/非同期ハイブリッドアーキテクチャに基づく低消費電力FPGAの構成
石原翔太土屋亮人小松与志也張山昌論亀山充隆東北大RECONF2010-33
非同期式回路はクロックツリーによる消費電力がないため,低稼働率の部分回路において電力効率が良い.一方,同期式回路は非同期... [more] RECONF2010-33
pp.91-95
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2010-01-27
09:00
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス 自律適応電源電圧制御に基づく低消費電力FPGAの構成
石原翔太夏 徴帆張山昌論亀山充隆東北大VLD2009-84 CPSY2009-66 RECONF2009-69
本稿は複数電源電圧を用いた低消費電力FPGAを提案する.提案FPGAはシステムの性能を低下させることなく,それぞれのロジ... [more] VLD2009-84 CPSY2009-66 RECONF2009-69
pp.95-99
RECONF 2009-09-18
13:35
栃木 宇都宮大学 LEDR/4相2線プロトコルコンバータを用いた非同期FPGAの構成
石原翔太小松与志也張山昌論亀山充隆東北大RECONF2009-36
本稿は4相2線方式とLEDR方式を組み合わせた非同期ハイブリッドFPGAを提案する.演算回路において,小面積性を実現する... [more] RECONF2009-36
pp.103-108
ICD, IPSJ-ARC, IPSJ-EMB
(共催)
2009-01-14
10:00
大阪 松心会館(大阪) 自律的細粒度パワーゲーティングに基づく低消費電力フィールドプログラマブルVLSI
張山昌論石原翔太亀山充隆東北大ICD2008-138
本稿はオーバーヘッドの小さい細粒度パワーゲーティングに基づくフィールドプログラマブルVLSI(FPVLSI)を提案する.... [more] ICD2008-138
pp.51-55
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2008-05-14
11:15
東京 日立中央研究所 強誘電体機能パスゲートを用いたマルチコンテクストフィールドプログラマブルVLSIの構成
井戸端紀彰石原翔太張山昌論亀山充隆東北大ICD2008-28
マルチコンテクストFPGA(Field Programmable Gate Array)では, コンテクストを高速に切り... [more] ICD2008-28
pp.57-62
ICD, ITE-CE
(共催)
2007-12-14
11:35
高知 高知大学 メディアホール 非同期ビットシリアルアーキテクチャに基づくフィールドプログラマブルVLSI
張山昌論石原翔太亀山充隆東北大ICD2007-134
 [more] ICD2007-134
pp.83-87
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会