お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-15
09:30
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 残留磁気を考慮したマルチシナリオ化マップマッチング手法
岩名地良太早大)・石川和明ゼンリンデータコム)・柳澤政生戸川 望早大WBS2017-63 ITS2017-40 RCC2017-79
近年,屋内には駅や地下街など複雑な建物が多く,屋内測位の需要が向上している.
屋内測位精度向上のため,我々は今までにマ... [more]
WBS2017-63 ITS2017-40 RCC2017-79
pp.155-160
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-15
09:55
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 GPS測位情報にSVMを適用した屋内外判定手法
岩田紗瑛早大)・石川和明ゼンリンデータコム)・柳澤政生戸川 望早大WBS2017-64 ITS2017-41 RCC2017-80
GPS 機能を持ったスマートフォンや GPS ロガーの普及により,ユーザの GPS 測位情報の取得が容易となった.それに... [more] WBS2017-64 ITS2017-41 RCC2017-80
pp.161-166
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-15
13:30
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 眼鏡型ウェアラブル端末を用いた顔の回転に対応可能なPDR手法
矢野椋也早大)・石川和明ゼンリンデータコム)・柳澤政生戸川 望早大WBS2017-73 ITS2017-50 RCC2017-89
我々は,眼鏡型ウェアラブル端末を用いた屋外歩行者ナビゲーションを開発している.ここで最大の課題となるのが歩行者が直線経路... [more] WBS2017-73 ITS2017-50 RCC2017-89
pp.215-220
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-15
13:55
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 腕時計型ウェアラブル端末と略地図を用いたPDRの検討
河野圭亮早大)・石川和明ゼンリンデータコム)・柳澤政生戸川 望早大WBS2017-74 ITS2017-51 RCC2017-90
近年,腕時計型ウェアラブル端末の発達に伴い,これを使用しユーザを出発地点から目的地点までナビゲーションすることの要求が高... [more] WBS2017-74 ITS2017-51 RCC2017-90
pp.221-226
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会