お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
16:00
ONLINE オンライン開催 マルチタスク多様体モデリングの解くべき問題はなにか ~ 最尤推定と最適輸送距離のアプローチ比較 ~
津野 龍石橋英朗古川徹生九工大NC2020-52
 [more] NC2020-52
pp.53-58
IBISML 2021-03-04
09:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]能動学習の停止基準
石橋英朗九工大IBISML2020-53
効率的な能動学習を実現する上で適切な能動学習の停止タイミングを決めることは獲得関数を決めることと同様に重要な問題である.... [more] IBISML2020-53
p.72
NLP, NC
(併催)
2020-01-24
10:50
沖縄 宮古島マリンターミナル Multi-Level SOMによるメンバー構成に対するチームパフォーマンスの可視化
瀨野浦貫太石橋英朗古川徹生九工大NC2019-64
本研究の目的はメンバー構成に対するチームパフォーマンスを可視化する手法の開発である.提案手法ではMulti-Level ... [more] NC2019-64
pp.27-31
IBISML 2020-01-09
13:50
東京 統計数理研究所 情報幾何に基づくガウス過程事後分布集合の次元削減法
石橋英朗九工大)・赤穂昭太郎産総研/理研IBISML2019-20
本研究ではガウス過程事後分布の集合を次元削減するための主成分分析を提案する.これにより関数の集合を説明するパラメータ空間... [more] IBISML2019-20
pp.17-24
MBE, NC, NLP
(併催)
2018-01-26
15:00
福岡 九州工業大学 Tensor SOMの階層化によるマルチグループ解析
江良昌祥石橋英朗古川徹生九工大NC2017-54
本研究の目的はTensor SOMをマルチグループ解析へ拡張することである.すなわち複数グループから得られたテンソルデー... [more] NC2017-54
pp.23-28
MBE, NC
(併催)
2017-11-24
16:50
宮城 東北大学 非負カーネル平滑化による連続潜在変数モデルの試み
石橋英朗九工大)・岩崎 亘カラクル)・渡辺龍二古川徹生九工大NC2017-32
連続潜在変数モデルは次元削減法の一種であり,高次元データから低次元の潜在変数を推定するとともに,データが分布する多様体を... [more] NC2017-32
pp.29-34
IBISML 2017-11-09
13:00
東京 東京大学 事後分布推定されたガウス過程間のKLダイバージェンスは有限次元の正規分布間のKLダイバージェンスで評価できる
石橋英朗古川徹生九工大)・赤穂昭太郎産総研IBISML2017-55
 [more] IBISML2017-55
pp.155-160
NC, NLP
(併催)
2017-01-26
16:50
福岡 北九州学術研究都市 産学連携センター 多視点データの潜在視点推定法
石橋英朗神力亮太磯貝浩久古川徹生九工大NC2016-54
コンピュータビジョンの分野では複数の静止画から撮影した物体の3次元形状とカメラの視点を推定する3次元復元法の技術が発展し... [more] NC2016-54
pp.37-41
NC, MBE
(併催)
2013-07-20
09:55
徳島 徳島大学 クラス推定型高階SOMによるライフパターンの可視化 ~ ユーザの環境を考慮した解析手法 ~
石橋英朗岩崎 亘堀尾恵一九工大)・難波秀行和洋女子大)・古川徹生九工大NC2013-20
生活習慣病を予防し健康な生活を送るには,睡眠や運動などのライフパターンを各自が把握し,主体的に改善することが望ましい.そ... [more] NC2013-20
pp.29-34
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
14:35
東京 玉川大学 潜在変数分布で評価する高階自己組織化マップ ~ ヘテロなデータ集合体の可視化ツール ~
石橋英朗古川徹生九工大NC2011-137
本研究の目的は,さまざまな視点間の違いを可視化する自己組織化マップ
(Self-Organizing Map: SO... [more]
NC2011-137
pp.93-98
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会