お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2021-06-25
13:30
ONLINE オンライン開催 太陽条件変化に強い特徴点検出法の考察
石田貴行福田盛介JAXASANE2021-9
着陸探査では画像を用いた自律的な位置推定手法が実用化されつつあるが,未知天体へ着陸する場合その天体表面の特徴は事前にわか... [more] SANE2021-9
pp.1-5
SANE, SAT
(併催)
2019-02-14
14:40
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター 畳み込みニューラルネットワークを用いた照明および形状変化に頑健なクレータ抽出法
石田貴行JAXA)・高橋正樹慶大)・福田盛介JAXASANE2018-125
惑星探査において高精度着陸の需要が高まっているが,その技術解として挙げられるのがカメラによる撮像画像とマップを照合する画... [more] SANE2018-125
pp.83-88
SANE 2018-01-25
16:35
長崎 長崎県美術館 地表特性を用いた深層学習による月惑星探査機搭載着陸レーダの速度測定精度向上
日髙萌子髙橋正樹慶大)・石田貴行JAXA)・狩谷和季総研大)・水野貴秀福田盛介JAXASANE2017-95
 [more] SANE2017-95
pp.53-58
SANE 2016-06-24
13:50
茨城 JAXAつくば宇宙センター 高位合成による探査機搭載画像処理アルゴリズムのFPGA化スキーム
石田貴行JAXA)・狩谷和季総研大)・福田盛介JAXA)・木下智雄梶原邦弘ソリトンシステムズSANE2016-15
近年,宇宙機搭載用のアルゴリズムは複雑化しており,高位合成を用いることによるハードウェア設計期間の短縮化が求められている... [more] SANE2016-15
pp.31-36
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会