お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-29
16:45
ONLINE オンライン開催 海馬CA1におけるタスク関連行動持続時間に応じた神経活動
角屋将吉山口大)・石川愛希子玉川大/ノースウェスタン大)・酒井 裕玉川大)・礒村宜和東京医科歯科大/玉川大)・佐村俊和山口大/玉川大NC2020-15
 [more] NC2020-15
pp.34-37
NC, NLP
(併催)
2017-01-27
10:25
福岡 北九州学術研究都市 産学連携センター 硬膜下皮質電位におけるスピンドル波に対する一次運動野、線条体ニューロンの発火位相の解析
黒宮光平山口大)・塚元葉子羽衣国際大)・酒井 裕礒村宜和玉川大)・藤山文乃同志社大)・佐村俊和山口大/玉川大NC2016-56
ニューロン集団の周期的な神経活動における特定の位相で,個々のニューロンの活動が生じることが脳の様々な領域で報告されている... [more] NC2016-56
pp.49-52
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
10:40
東京 玉川大学 海馬歯状回顆粒細胞における樹状突起周辺の入力統合
上條中庸早川博章玉川大)・福島康弘川崎医療福祉大)・窪田芳之自然科学研究機構)・礒村宜和塚田 稔相原 威玉川大NC2013-87
海馬歯状回顆粒細胞の樹状突起は錐体細胞の特性とは異なることが報告されている.例えば、錐体細胞で起こるような樹状突起スパイ... [more] NC2013-87
pp.1-4
NC, IPSJ-BIO
(連催)
(連催) [詳細]
2011-06-23
13:00
沖縄 琉球大学 50周年記念館 神経細胞および神経細胞集団の発火時系列に対する情報量解析
竹川高志理研)・礒村宜和玉川大)・深井朋樹理研NC2011-1
観測される事象と神経回路の反応に対する解析として,発火率などを発火が表現する信号と仮定し,その信号と観測事象を対応させる... [more] NC2011-1
pp.1-2
MBE, NC
(併催)
2010-11-18
15:20
宮城 東北大学 [招待講演]自発性運動の皮質回路機構 ~ 新しい行動・生理学的アプローチ ~
礒村宜和玉川大MBE2010-43 NC2010-56
大脳皮質運動野の神経細胞は,自発性運動の様々なタイミングで発火活動が増加する.しかし,興奮性細胞と抑制性細胞がどのように... [more] MBE2010-43 NC2010-56
pp.43-45(MBE), pp.23-25(NC)
NC, MBE
(併催)
2010-03-09
13:20
東京 玉川大学 Local Field Potentialを用いたスパイク発火の推定
高久田恵美東大)・新井賢亮礒村宜和竹川高志深井朋樹理研NC2009-93
 [more] NC2009-93
pp.35-38
NC, NLP
(共催)
2009-07-13
14:00
奈良 奈良先端大 皮質神経細胞の不規則発火時系列が示唆する条件付きエントロピー最小化原理
坪 泰宏礒村宜和深井朋樹理研NLP2009-20 NC2009-13
活動中の動物の大脳皮質神経細胞から記録されるスパイク時系列は不規則であることが知られている.脳の機能を知るためには,この... [more] NLP2009-20 NC2009-13
pp.33-35
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会