お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2018-05-24
16:05
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) [依頼講演]産業向けIoTにおける物体認識を用いた動画伝送方式
神崎 元日立)・Kevin SchubertNicholas Bambosスタンフォード大SR2018-9
Industrial IoTにおいて,無線を利用した動画サービスの利用が増加している.クラウドにおいて,撮影した物体の認... [more] SR2018-9
pp.51-56
RCS, NS
(併催)
2017-12-15
10:55
広島 広島アステールプラザ [依頼講演]エッジコンピューティングを用いたIoT向け動画伝送方式
神崎 元日立)・Kevin SchubertNicholas Bambosスタンフォード大NS2017-135 RCS2017-261
Industrial IoTにおいて,無線を利用した動画サービスの利用が増加している。クラウドにおいて,撮影した物体の認... [more] NS2017-135 RCS2017-261
pp.47-52(NS), pp.59-64(RCS)
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-20
16:40
愛知 名古屋工業大学 IoTシステムにおける無線通信技術
神崎 元齋藤利行日立SR2016-35
近年,IoT (Internet of Things)システムの商用サービスが製造業を中心に急速に普及している.サービス... [more] SR2016-35
pp.37-40
RCS 2006-10-19
13:25
香川 香川大学 最適重みを用いる最小二乗伝搬路推定の複数アンテナシステムへの拡張
小池俊昭・○神崎 元吉田 進京大RCS2006-134
高速フェージング環境では時々刻々と変化する伝搬環境に追随して伝搬路推定を行う必要があり,実用的な伝搬路推定法として最小二... [more] RCS2006-134
pp.7-12
RCS, NS
(併催)
2006-07-19
08:35
北海道 北海道大学 高速フェージング環境における最適重みを用いる最小二乗伝搬路推定法の理論的研究
小池俊昭京大/学振/ハーバード大)・○神崎 元吉田 進京大RCS2006-59
一般に高速フェージングにおいては高精度な伝搬路推定の実現が困難である.本稿では高速移動環境を念頭に高次最小二乗伝搬路推定... [more] RCS2006-59
pp.1-6
ISEC, IPSJ-CSEC, SITE
(共催)
2005-07-22
16:35
岩手 岩手県立大学 素因数分解に基づく無衝突関数を利用した暗号方式に関する検討
和田純平神崎 元京大)・廣瀬勝一福井大)・吉田 進京大
無衝突関数は同じ出力に対応する異なる二つの入力を見つけるのが困難な関数であり,暗号・署名・認証など,情報セキュリティの様... [more] ISEC2005-62
pp.137-142
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会