お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2022-03-08
13:25
ONLINE オンライン開催 ディープ・ラーニングを用いた手話認識に関する研究 ~ CTCとConformerの比較 ~
磯谷 光木村 勉豊田高専)・神田和幸国立民族学博物館WIT2021-48
本研究では機械学習を用いた手話認識において,手話文中で使用されている単語の認識を目的とする.手話文中に発生する遷移動作を... [more] WIT2021-48
pp.29-34
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2021-03-06
14:40
ONLINE オンライン開催 ディープ・ラーニングを用いた手話認識に関する研究 ~ 手話文からの単語認識 ~
磯谷 光木村 勉豊田高専)・神田和幸国立民族学博物館WIT2020-38
本研究では機械学習を用いた手話認識において,手話文からの単語ごとの認識を目的とする.これまでの研究では,手話単語の動画を... [more] WIT2020-38
pp.47-52
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2021-03-06
15:05
ONLINE オンライン開催 手話認識機能を備えた手話辞書システムの開発
木村 勉鈴木洸輔石濵 春吉田あすか豊田高専)・神田和幸国立民族学博物館WIT2020-39
本稿では,手話認識機能を備えた手話辞書システムについて述べる.豊田高専 木村研究室では「日本手話・日本語辞書システム」の... [more] WIT2020-39
pp.53-58
WIT, ASJ-H
(共催)
2019-02-08
10:30
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 機械学習を用いた手話認識に関する研究
髙橋佑汰木村 勉豊田高専)・神田和幸国立民族学博物館WIT2018-60
本研究では機械学習を用いて手話単語を学習させ,人の動きから特定の手話単語を認識できるようにすることを目標とする.本研究で... [more] WIT2018-60
pp.59-64
WIT, ASJ-H
(共催)
2019-02-08
10:55
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 描素の構造 ~ 新手話学の演繹的アプローチ ~
神田和幸国立民族学博物館)・木村 勉豊田高専WIT2018-61
手話研究において音声の言語学を援用することには限界がある.mocapなどの技法により,音声言語研究における音響工学に対応... [more] WIT2018-61
pp.65-70
WIT 2013-08-30
10:30
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 「助け合いサイン」の開発と普及
神田和幸京都工繊大)・角田麻里手話技能検定協会)・木村 勉豊田高専WIT2013-32
 [more] WIT2013-32
pp.47-51
WIT 2013-08-30
11:00
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 かごしま水族館における情報保障に関する取り組み事例 ~ 携帯情報端末による情報保障システム ~
木村 勉豊田高専)・神田和幸京都工繊大)・大塚美加柏木伸幸松林国治佐々木恭子築地新光子出羽尚子鹿児島市水族館公社WIT2013-33
かごしま水族館では,「来館者にやさしい施設づくり」プロジェクトを立ち上げ,来館するすべての人に楽しんでもらえるように改善... [more] WIT2013-33
pp.53-58
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ タブレットPCを用いた聴覚障がい者・健聴者間コミュニケーション支援システムの開発
澤田由貴子木村 勉豊田高専)・神田和幸中京大
本稿では,タブレットPC(iPad)を用いた聴覚障がい者・健聴者間コミュニケーション支援システムの開発について述べる.こ... [more]
WIT 2011-08-04
14:30
京都 京大杉浦ホール 手話研究の方向転換への提言
神田和幸中京大)・木村 勉豊田高専WIT2011-26
 [more] WIT2011-26
pp.31-36
WIT 2011-05-20
13:30
新潟 新潟大学 携帯情報端末を用いた聴覚障がい者向け情報保障システムの構築と評価
高橋小百合木村 勉豊田高専)・神田和幸中京大)・森本一成京都工繊大WIT2011-5
本研究では,携帯情報端末使用して,手軽に情報保障が得られるシステムを構築した.例えば博物館などでは,展示物解説は書記日本... [more] WIT2011-5
pp.25-28
WIT 2011-05-20
14:00
新潟 新潟大学 情報端末を用いた介護用支援システムの開発
澤田由貴子酒井博越木村 勉豊田高専)・神田和幸中京大)・森本一成京都工繊大WIT2011-6
これまで,筆者らはタブレットPCを用いて,聴覚障がい者向け介護用支援システムを開発してきた.しかしながら,タブレットPC... [more] WIT2011-6
pp.29-34
WIT 2010-05-22
10:30
新潟 新潟大学駅南キャンパス 携帯電話を利用した聴覚障がい者向け情報保障システムの構築と評価
高橋小百合木村 勉豊田高専)・神田和幸中京大)・原 大介愛知医科大)・森本一成京都工繊大WIT2010-10
 [more] WIT2010-10
pp.49-54
WIT, HIP, HCS
(共催)
2009-05-14
- 2009-05-15
沖縄 沖縄産業支援セ 聴覚障がい者向け介護用コミュニケーション機器の開発 ~ 介護現場におけるコミュニケーションの調査 ~
木村 勉日比野早希豊田高専)・神田和幸中京大)・原 大介愛知医科大)・森本一成京都工繊大
筆者らは,聴覚障がい者向け介護用コミュニケーション機器の開発を行っている.開発に先立ち,まず介護施設,身体障害者施設を中... [more]
WIT 2008-03-23
16:35
福岡 北九州学研都市 左右の手型が異なる日本手話単語(タイプIII)に現れる手型について
原 大介愛知医科大)・神田和幸中京大)・木村 勉豊田高専WIT2007-109
日本手話のタイプIII(両手手型が異なるもの)について,手話が表出される位置と動きをそれぞれニュートラルスペースおよび下... [more] WIT2007-109
pp.109-114
WIT 2007-05-25
14:45
沖縄 琉球大50周年記念館 PowerPointスライドへの字幕挿入システムの開発
木村 勉梅村善尚豊田高専)・神田和幸中京大)・原 大介愛知医科大WIT2007-14
現在,聴覚障碍者の為の情報保障の手段は様々あるが,PowerPointを用いたプレゼンテーションを聞く場合にはどうしても... [more] WIT2007-14
pp.75-78
WIT 2007-05-25
15:15
沖縄 琉球大50周年記念館 動作認識型手話入力装置『聾bot』
木村 勉豊田高専)・神田和幸中京大)・田中久弥工学院大WIT2007-15
画像認識型の弱点である情報の爆発を押さえ,手話入力装置として情報の爆発を抑えるモールディングによる手話の動作認識ができる... [more] WIT2007-15
pp.79-82
WIT 2006-10-13
14:00
北海道 はこだて未来大学 両手を使用する日本手話単語(タイプⅢ)の両手手型組み合わせに関する適格性条件について
原 大介愛知医科大)・片岡由美子愛知県看護大)・木村 勉豊田高専)・神田和幸中京大
手話言語では,左右の手型は,他方の手型の種類とは関係なく,独立して生起するように思われる.しかし,日本手話のタイプIII... [more] WIT2006-45
pp.73-78
WIT 2006-10-13
14:30
北海道 はこだて未来大学 聴覚障害者に対するサービス側の意識調査 ~ 主要企業八千社へのアンケート調査 ~
神田和幸中京大)・木村 勉豊田高専)・原 大介愛知医科大
日本の企業8,000社を対象にアンケート調査を実施し、聴覚障害者雇用の実態と聴覚障害者の顧客へのサービスの実態を調査した... [more] WIT2006-46
pp.79-82
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会