お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC 2022-03-01
09:55
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スタンダードセル設計によるADCのマルチプロセス自動生成
福島拓実小松 聡東京電機大DC2021-65
様々なものに半導体が組み込まれるようになったことでADCの需要が増大している.
通常これの設計には手作業で全てレイアウ... [more]
DC2021-65
pp.7-12
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) PDF文書に対する電子指紋システムへの適用を考慮した行セグメント分割埋め込み法
福島拓哉栗林 稔舩曵信生岡山大EA2018-69 EMM2018-69
PDF文書は利用者が多いため不正利用された場合の損害が大きく,PDF文書に対する電子透かし技術の研究が注目されている.
... [more]
EA2018-69 EMM2018-69
pp.37-42
AI 2018-02-27
13:00
大阪 近畿大学 東大阪キャンパス 3号館 3階 情報通信技術による多言語間コミュニケーション支援の可能性 ~ これまでの取り組みから ~
吉野 孝和歌山大)・宮部真衣諏訪東京理科大)・福島 拓阪工大AI2017-35
 [more] AI2017-35
pp.1-6
AI 2018-02-27
14:30
大阪 近畿大学 東大阪キャンパス 3号館 3階 回答候補の自動提示を可能とした多言語対話シート作成システムの開発
松本 尚福島 拓阪工大)・重野亜久里多文化共生センターきょうとAI2017-38
近年,世界的なグローバル化により,多言語間でのコミュニケーションや情報共有の機会が増加傾向にある.そこで,多言語間対話支... [more] AI2017-38
pp.19-24
EMM, IT
(共催)
2017-05-22
14:05
山形 山形大学(米沢キャンパス) PDFファイルの内部構造を考慮した大容量電子透かし法
福島拓哉栗林 稔舩曵信生岡山大IT2017-3 EMM2017-3
PDF文書はどのコンピュータでも表示,印刷することが可能な電子文書フォーマットであり,ビジネスシーンでも多く利用されてい... [more] IT2017-3 EMM2017-3
pp.13-18
AI 2017-02-27
13:00
京都 京都大学 吉田キャンパス 医療現場を想定した会話文におけるクラウドソーシングを用いた用例対訳作成手法の効果
山本里美和歌山大)・福島 拓阪工大)・吉野 孝和歌山大AI2016-34
現在,グローバル化によって多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報の共有は困難であ... [more] AI2016-34
pp.1-5
AI 2017-02-27
13:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 穴あき用例を活用した対訳作成手法の比較
福島 拓阪工大)・吉野 孝和歌山大AI2016-35
世界的なグローバル化により多言語間コミュニケーションの機会が増加しているが,
多言語間での正確な情報共有は十分に行われ... [more]
AI2016-35
pp.7-12
AI 2016-02-29
13:30
京都 京都大学 吉田キャンパス 音声入力を用いた用例対訳検索における拡張コーパスの利用
福島 拓甲斐充彦静岡大AI2015-57
現在,グローバル化による多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報共有は十分に行われ... [more] AI2015-57
pp.29-34
AI 2016-02-29
17:00
京都 京都大学 吉田キャンパス クラウドソーシングを用いた機械翻訳に適した文の作成に影響を及ぼす原文の特徴
山本里美和歌山大)・福島 拓静岡大)・吉野 孝和歌山大AI2015-63
 [more] AI2015-63
pp.61-66
AI 2015-02-23
15:30
京都 京都大学 吉田キャンパス クラウドソーシングを用いた単言語話者による用例対訳作成手法の多言語への適用
山本里美和歌山大)・福島 拓静岡大)・吉野 孝和歌山大AI2014-38
現在,グローバル化によって多言語間コミュニケーションの機会が増加している.多言語間コミュニケーション支援のために,機械翻... [more] AI2014-38
pp.17-22
AI 2015-02-23
16:00
京都 京都大学 吉田キャンパス 多言語用例対訳共有システムにおける穴あき用例の利用可能性
福島 拓静岡大)・吉野 孝和歌山大AI2014-39
現在,グローバル化による多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報共有は十分に行われ... [more] AI2014-39
pp.23-28
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-24
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [一般発表]非同期音声収録を用いた遠隔発話音声認識
寺岡俊汰・○上田雄磨静岡大)・王 龍標長岡技科大)・甲斐充彦福島 拓静岡大SP2014-16
携帯端末を使用したアプリケーションへの注目は高まっているが,複数の携帯端末を用いた非同期音声収録による遠隔発話音声認識に... [more] SP2014-16
pp.153-157
AI 2014-02-26
10:00
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス 用例対訳登録における利用者への貢献情報の提示による動機付けの検証
西田祥子和歌山大)・福島 拓静岡大)・吉野 孝和歌山大AI2013-36
我々は,医療分野への提供を目的とした多言語用例対訳の収集,共有に関する研究を行ってきた.
この研究の課題として,用例対... [more]
AI2013-36
pp.1-6
AI 2014-02-26
10:30
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス クラウドソーシング上における使用者の属性情報を用いた用例対訳生成手法の提案
山本里美和歌山大)・福島 拓静岡大)・吉野 孝和歌山大AI2013-37
現在,グローバル化によって多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報の共有は困難であ... [more] AI2013-37
pp.7-12
AI 2014-02-26
14:00
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス 円滑な多言語間対話支援のための音声入力を用いた用例対訳検索手法の提案
福島 拓甲斐充彦静岡大AI2013-42
現在,グローバル化による多言語間コミュニケーションの機会が増加している.しかし,多言語間での正確な情報共有は十分に行われ... [more] AI2013-42
pp.29-34
AI 2013-02-18
11:50
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 多言語用例対訳の収集および利用システムの構築
福島 拓吉野 孝和歌山大AI2012-28
現在,在日外国人数は年々増加しており,多言語によるコミュニケーションの機会は増加している.しかし,多言語間での正確な情報... [more] AI2012-28
pp.39-44
AI 2013-02-18
12:10
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 多言語対話支援システムの用例検索ログを利用した用例作成手法の提案
尾崎 俊福島 拓吉野 孝和歌山大AI2012-29
現在,在日外国人数は年々増加しており,多言語によるコミュニケーションの機会は増加している.
コミュニケーションを行う際... [more]
AI2012-29
pp.45-50
AI 2013-02-18
14:10
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 多言語用例対訳評価におけるエンタテイメント要素の作業精度への影響
狩野 翔福島 拓吉野 孝和歌山大AI2012-32
我々は,多言語用例対訳共有コミュニティにおいて,用例評価のモチベーション維持支援を行っている.
これまでに,楽しさや達... [more]
AI2012-32
pp.63-68
NLC 2012-02-03
14:05
新潟 朱鷺メッセ(新潟市) Webデータを用いた多言語用例対訳候補の抽出手法の検討
福島 拓吉野 孝和歌山大NLC2011-66
正確な多言語用例対訳の自動作成を目指した,多言語用例対訳候補抽出手法の提案を行った.多言語間コミュニケーション支援のため... [more] NLC2011-66
pp.59-64
AI 2011-10-20
10:00
京都 京都大学 吉田キャンパス構内 百周年時計台記念館 Web検索を用いた医療用例作成のための手がかり用例抽出手法の提案
尾崎 俊福島 拓吉野 孝和歌山大AI2011-9
現在,在日外国人数は年々増加しており,多言語によるコミュニケーションの機会は増加している.コミュニケーションを行う際,言... [more] AI2011-9
pp.1-5
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会