お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-27
09:50
ONLINE オンライン開催 時空間等化を用いた1 Mbit/sec級水中音響MIMO伝送の検討
福本浩之藤野洋輔中野真理菜大岩美春椿 俊光伊藤勇弥NTTAP2020-90 RCS2020-132
 [more] AP2020-90 RCS2020-132
pp.90-95(AP), pp.122-127(RCS)
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-27
10:15
ONLINE オンライン開催 水中音響通信のための加速度計を用いた高次ドップラー補償技術の検討
大岩美春椿 俊光福本浩之藤野洋輔中野真理菜伊藤勇弥NTTAP2020-91 RCS2020-133
海中音響通信は、音波の伝搬速度が電波に比べて20万倍低速なことから端末の移動速度の変化に対するドップラーシフトの変化が陸... [more] AP2020-91 RCS2020-133
pp.96-100(AP), pp.128-132(RCS)
AP, RCS
(併催)
2019-11-22
14:15
佐賀 佐賀大学 海中機器遠隔操作に向けたMbps級の高速音響通信へのチャレンジ
藤野洋輔福本浩之中野真理菜椿 俊光坂元一光NTTAP2019-137 RCS2019-232
 [more] AP2019-137 RCS2019-232
pp.169-174(AP), pp.163-168(RCS)
AP, RCS
(併催)
2019-11-22
14:40
佐賀 佐賀大学 海中音響通信高速化のための時空間等化に関する検討
福本浩之藤野洋輔中野真理菜椿 俊光坂元一光NTTAP2019-138 RCS2019-233
 [more] AP2019-138 RCS2019-233
pp.175-180(AP), pp.169-174(RCS)
AP, MW
(併催)
2018-09-21
14:25
東京 東京工業大学 UHF帯を用いた漏水監視システムの検討
山口 陽藤野洋輔勝田 肇中野真理菜福本浩之照日 繁赤羽和徳吉野修一NTTMW2018-66
重要なライフラインである上水道管の点検を効率的に行うため、水道管の音データを地下からの無線伝送により収集し、漏水の有無を... [more] MW2018-66
pp.41-44
ED, MW
(共催)
2018-01-26
13:50
東京 機械振興会館地下3階研修2号室 OAM無線多重伝送における誘電体レンズを用いたビーム集光方法の実験評価
福本浩之李 斗煥笹木裕文加保貴奈芝 宏礼NTTED2017-103 MW2017-172
 [more] ED2017-103 MW2017-172
pp.53-57
RCS, SAT
(併催)
2017-08-18
10:30
新潟 新潟大学 [依頼講演]Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing as an Emerging Wireless Transmission Technology
Doohwan LeeHirofumi SasakiHiroyuki FukumotoHiroyuki ShibaNTTSAT2017-32 RCS2017-162
 [more] SAT2017-32 RCS2017-162
p.61(SAT), p.103(RCS)
SR 2016-10-27
15:00
大阪 大阪大学 中之島センター [技術展示]An Experimental Study of the Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing
Doohwan Lee・○Hirofumi SasakiHiroyuki FukumotoKen HiragaTadao NakagawaHiroyuki ShibaNTTSR2016-56
 [more] SR2016-56
pp.7-8
SR 2016-10-28
14:15
大阪 大阪大学 中之島センター OAM多重伝送におけるガウシアンビームを用いたビーム伝搬制御技術の研究
笹木裕文李 斗煥福本浩之中川匡夫芝 宏礼NTTSR2016-73
 [more] SR2016-73
pp.105-110
SR, SRW
(併催)
2016-05-17
14:00
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]Toward Realization of a New Wireless Transmission Technology: Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing
Doohwan LeeHirofumi SasakiHiroyuki FukumotoTadao NakagawaNTTSR2016-16 SRW2016-13
 [more] SR2016-16 SRW2016-13
pp.57-58(SR), pp.45-46(SRW)
RCC 2014-11-20
11:35
東京 JAIST東京サテライト オーバーラップ周波数領域等化を用いたFaster-than-Nyquist信号伝送の一検討
福本浩之林 和則京大RCC2014-58
本報告では,Faster-than-Nyquist (FTN) 信号伝送を少ない計算量で実現する方法として,オーバーラッ... [more] RCC2014-58
pp.17-22
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会