お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLC 2020-02-16
15:10
東京 成蹊大学 話題の継続性を保持する対話システム
連 慎治福本淳一立命館大NLC2019-38
近年多くの対話システムが日常に役立てられている.多くのシステムがユーザの現在の入力に合わせた応答を返す工夫がなされている... [more] NLC2019-38
pp.13-17
CQ
(第二種研究会)
2017-01-21
12:30
大阪 大阪大学中之島センター [ポスター講演]ネットワークにおけるウィルス拡散とカスケード故障の相互作用の分析
福本淳一三原正大関西学院大)・津川 翔筑波大)・大崎博之関西学院大
 [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 コミックの「聴ける化」に向けて
山西良典福本淳一山下洋一立命館大
電子デバイス上で閲読する電子コミックでは,コミック閲読時の音の再生が容易である.音の再生を伴うことで,電子コミックはより... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 コミックにおけるセリフ内容と吹き出し形状の関係性についての基礎検討
田中秀樹山西良典福本淳一立命館大
テキストを用いたコミュニケーションでは,発話の音響的な情報が失われてしまう.
コミックでは,二次元上に表現可能な吹き出... [more]

NLC 2008-11-10
16:10
東京 NICT (東京) 質問応答システムにおけるユーザ対話を用いた回答候補の絞り込み
山内慎也福本淳一立命館大NLC2008-23
本稿では,システムとユーザの対話を用いて,質問応答システムにおける回答候補の絞り込み手法について述べる.システムに与えら... [more] NLC2008-23
pp.23-28
NLC 2007-01-30
16:00
北海道 札幌コンベンションセンター ロバストな質問応答システム構築のための質問文解析過程に関する一考察
石田健二桝井文人河合敦夫井須尚紀三重大)・福本淳一立命館大)・加藤恒昭東大)・森 則横浜国大
 [more] NLC2006-83
pp.61-66
NLC 2006-02-02
13:00
滋賀 ラフォーレ琵琶湖 後続質問における参照の解決を用いたIADタスクの質問への回答
松田 恩福本淳一立命館大
本研究では,IADタスクにおいて出題される後続質問中の参照の解決を行う手法を提案する.本手法では,我々は質問中に見られる... [more] NLC2005-106
pp.1-6
NLC 2006-02-02
13:30
滋賀 ラフォーレ琵琶湖 Why型質問応答のための回答選択手法
諸岡 心福本淳一立命館大
Whyタイプ型質問の回答抽出手法を提案する.毎日新聞100記事を用いて,因果関係のような意味的な関係を抽出するための手が... [more] NLC2005-107
pp.7-12
NLC 2006-02-02
14:30
滋賀 ラフォーレ琵琶湖 BEを用いた質問応答技術の自動評価
前原英幸福本淳一立命館大)・神門典子NII
本研究では,Hovyらによって提案されたBEを用いた
日本語要約文書の自動評価について述べる.
BE(Basic E... [more]
NLC2005-109
pp.19-24
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会