お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2021-11-30
11:30
ONLINE オンライン開催 確率的符号化を用いた純粋量子状態の古典表現の圧縮
秋笛清石加藤 豪谷 誠一郎NTT
純粋状態の確率振幅や状態を生成する量子回路を表す古典ビット列を用いて量子状態を近似的に表現することがある。また、量子トモ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2021-11-30
17:20
ONLINE オンライン開催 2^N次元量子状態に対する(2^N+1)相互不偏基底測定のスケーラブルな実装
生田拓也NTT/阪大)・秋笛清石米津佑哉本庄利守武居弘樹NTT)・井上 恭阪大
互いに非直交な基底である相互不偏基底(MUB)は、量子鍵配送や量子状態トモグラフィーなど、様々な量子情報処理技術に現れる... [more]
QIT
(第二種研究会)
2020-12-11
16:20
ONLINE オンライン開催 任意の分離可能状態を生成できる量子もつれ破壊通信路の指数的複雑性 ~ Disentangler 仮説ヘの応用 ~
秋笛清石加藤 豪谷 誠一郎NTT
量子de Finetti定理は、交換可能な量子複合系の一部を捨てるという物理過程$¥Gamma$の量子もつれ{¥bf 解... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-11-18
13:50
東京 学習院大学 [ポスター講演]分離可能状態空間への量子写像の複雑性
秋笛清石加藤 豪谷 誠一郎NTT
QMA(2)と呼ばれる計算量クラスを議論する中で登場したdisentangler仮説についての考察を報告する。この仮説は... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-21
10:00
福岡 九州大学 筑紫キャンパス 古典事後処理を用いた非直交量子状態の完全識別
秋笛清石加藤 豪丸茂直貴NTT
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
17:30
広島 広島国際会議場 小会議室ラン 独立に準備された量子状態の二者間での識別 ~ Parallel repetition conjecture の反例として ~
秋笛清石加藤 豪NTT
あるアンサンブルから確率的に選ばれた量子状態を二者間で識別する場合と、一人で識別する場合で生じる識別性能の差は、「アンサ... [more]
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会