お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 69件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMT, IEE-EMT
(連催)
2022-11-17
10:25
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
屋内環境における機械学習を適用した伝搬損失推定法
中西孝行清水健矢三菱電機)・人見健三郎三菱電機エンジニアリング)・西岡泰弘稲沢良夫三菱電機
 [more]
AP, MW
(併催)
2022-09-16
10:10
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ノイズキャンセル装置用信号間位相差測定法の測定誤差検討
牧村英俊西本研悟稲沢良夫三菱電機AP2022-84
 [more] AP2022-84
pp.74-79
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-27
14:05
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
双方向指向性を有する2周波共用金属カバー付アンテナ
宮坂拓弥坂本寛明牧村英俊西本研悟西岡泰弘稲沢良夫三菱電機AP2022-40
 [more] AP2022-40
pp.34-39
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-28
14:05
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
運用制約を考慮した送信アレーアンテナ校正手法に関する一検討
松木 誠田中 泰紀平一成高橋 徹稲沢良夫三菱電機AP2022-50
 [more] AP2022-50
pp.91-96
MW 2022-05-20
10:00
京都 京都大学 宇治キャンパス木質ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
放熱性を考慮した同軸線路-導波管変換器の検討
廣田明道大島 毅西原 淳野々村博之深沢 徹稲沢良夫三菱電機MW2022-16
導波管広壁面から同軸線路の中心導体を挿入しつつ、先端をオープンとした同軸線路-導波管変換器は、低損失に電力を伝送する際に... [more] MW2022-16
pp.8-12
AP 2022-05-20
10:30
兵庫 神戸ポートオアシス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時間変調アレーによる移相器誤差低減の実験検証
紀平一成松木 誠深沢 徹稲沢良夫三菱電機AP2022-23
 [more] AP2022-23
pp.69-73
AP 2022-05-20
11:20
兵庫 神戸ポートオアシス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
2つの可変抵抗器で振幅の周波数特性を制御可能な広帯域キャンセラ回路
山浦真悟西本研悟西岡泰弘稲沢良夫三菱電機AP2022-25
本報では,2つの可変抵抗器で通過振幅の周波数特性を制御可能な広帯域キャンセラ回路を提案する.提案回路を定式化し,可変抵抗... [more] AP2022-25
pp.79-84
AP 2022-05-20
13:00
兵庫 神戸ポートオアシス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アレーアンテナにおける任意の励振振幅位相を実現可能な無損失ビーム形成回路
深沢 徹稲沢良夫三菱電機AP2022-26
アレーアンテナにおいて、所望のビーム形成を行うためには各アンテナ素子を所望の励振振幅位相で励振する必要がある。各アンテナ... [more] AP2022-26
pp.85-89
AP 2022-04-15
10:25
山形 山形市食糧会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
動作切換可能なスロットペアを備えた導波管スロットアレーを用いた符号分割多重化によるDBFに関する検討
中本成洋紀平一成深沢 徹稲沢良夫三菱電機AP2022-3
従来,フル DBF アンテナの低コスト化/低消費電力化技術として,各素子アンテナ信号に直交符号を乗算・合成し,信号処理で... [more] AP2022-3
pp.13-18
AP 2022-04-15
13:40
山形 山形市食糧会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
大規模市街地の建物集約モデルを用いた電波伝搬解析の一検討
間宮拓朗中西孝之瀧川道生西岡泰弘稲沢良夫三菱電機AP2022-8
レイ・トレーシングを用いた大規模市街地の電波伝搬解析は,無線システムの置局設計や特性把握に有用である.市街地モデルは建物... [more] AP2022-8
pp.40-45
AP 2022-04-15
14:05
山形 山形市食糧会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
屋内環境における電波伝搬特性評価及び統計モデルの検証
中西孝行三菱電機)・内藤 出新居浜高専)・小竹弘晃花井諭司瀧川道生稲沢良夫三菱電機AP2022-9
 [more] AP2022-9
pp.46-51
AP 2022-03-10
11:45
ONLINE オンライン開催 スパイラル素子を用いてバックローブを抑圧した小形円偏波アンテナ
坂本寛明牧村英俊西本研悟西岡泰弘稲沢良夫三菱電機AP2021-185
本稿では,小形円偏波アンテナのバックローブを抑圧する方法を提案する.地板上に逆Lアンテナの途中からスパイラル状のアンテナ... [more] AP2021-185
pp.21-25
AP 2022-03-10
13:10
ONLINE オンライン開催 展開式シリンドリカル反射鏡アンテナの基礎検討
中嶋宏昌山本伸一瀧川道生稲沢良夫三菱電機AP2021-186
合成開口レーダでは,広い観測領域と高い分解能を両立するために,衛星の進行方向では狭ビーム,それと直交する方向では広ビーム... [more] AP2021-186
pp.26-29
MW 2022-03-03
09:35
ONLINE オンライン開催 チップ抵抗を利用した高周波平面回路の放熱技術
杉山勇太石橋秀則大島 毅湯川秀憲深沢 徹高橋 徹稲沢良夫三菱電機MW2021-112
高周波回路において高電力化と高密度が進んでいる.高周波平面回路からの放熱手段として,4分の1波長ショートスタブを利用した... [more] MW2021-112
pp.7-11
MW 2022-03-03
09:55
ONLINE オンライン開催 多周波共用円筒形アンテナ用偏波分離回路の実現性検討結果
湯川秀憲中嶋宏昌縫村修次深沢 徹稲沢良夫三菱電機MW2021-113
円筒形からなる多周波共用ホーンアンテナ用偏波分離回路は各周波数帯の回路を個別に構成できるため、ひとつの導波管に複数の周波... [more] MW2021-113
pp.12-17
AP 2022-02-17
11:15
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]新幹線向け低背型架線電圧検知/無線通信共用アンテナの検討
牧村英俊西本研悟圷 浩行西岡泰弘稲沢良夫三菱電機)・松村善洋西山武志JR東海AP2021-162
 [more] AP2021-162
pp.20-25
AP
(第二種研究会)
2021-12-02
10:35
沖縄 宮古島市未来創造センター 多目的ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
PDモジュールを用いたSパラメータ法による小形アンテナ測定の高精度化
秋元晋平山浦真悟西本研悟稲沢良夫三菱電機
 [more]
MW 2021-11-18
13:05
鹿児島 鹿児島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スプリングプローブを用いた基板接続構造を有する4電力合成回路
西村拓真石橋秀則山口裕太郎長峯巧弥湯川秀憲深沢 徹稲沢良夫三菱電機MW2021-66
従来のSSPAには,大電力化のため,複数のMMICを基板上に並列にフリップチップ実装し,電力合成する方式がある.しかしな... [more] MW2021-66
pp.1-6
EMT, IEE-EMT
(連催)
2021-11-04
14:15
ONLINE オンライン開催 機械学習向けマイクロドップラー模擬データ生成のためのRCS解析
大橋諒太郎末延 博笹川 大瀧川道生稲沢良夫三菱電機EMT2021-32
著者らは,機械学習を用いたドローンのマイクロドップラー(μ-D: micro-Doppler)特性による機種識別において... [more] EMT2021-32
pp.19-24
EMT, IEE-EMT
(連催)
2021-11-05
10:25
ONLINE オンライン開催 二次反射波を用いた小型なバイスタティックRCS測定法の基礎検討
末延 博大橋諒太郎山本伸一瀧川道生稲沢良夫三菱電機EMT2021-46
バイスタティックRCS(Radar Cross Section: レーダ断面積)の角度特性を測定する場合,所望のバイスタ... [more] EMT2021-46
pp.94-97
 69件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会