お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2021-12-18
15:10
ONLINE オンライン開催 対面でのレゴ共同作業場面におけるELF環境インタラクション
竹内和広阪電通大)・谷村 緑立命館大)・吉田悦子三重大TL2021-28
本稿では,プラスティックブロックLEGOを用いて対面共同作業を行う場面でのELF (English as a lingu... [more] TL2021-28
pp.17-18
TL 2021-07-03
16:00
ONLINE オンライン開催 ELF多人数課題達成会話におけるパラ言語情報分析の課題・問題点
谷村 緑立命館大)・竹内和広阪電通大)・吉田悦子三重大TL2021-4
本稿ではELF (English as a lingua franca) 多人数課題達成会話を対象にパラ言語情報分析にお... [more] TL2021-4
pp.13-14
TL 2021-03-14
14:55
ONLINE オンライン開催 ELF多人数課題達成会話における質問―応答連鎖 ~ 感情と心的態度を示すパラ言語情報を中心に ~
谷村 緑立命館大)・竹内和広阪電通大)・吉田悦子三重大)・仲本康一郎山梨大)・山口征孝神戸市外国語大TL2020-21
質問とは「受け手に情報の提示を求める,あるいは,確認を求める行為を実現しているもの」(高木・森田,2015,p.95)で... [more] TL2020-21
pp.18-23
TL 2020-12-20
13:30
ONLINE オンライン開催 Wikidataの知識を利用した固有表現抽出の詳細化に関する調査
天野 耀奥村雄輝竹内和広阪電通大TL2020-13
固有表現抽出は自然言語処理の重要な基盤技術の一つである。本稿は固有表現抽出をより詳細化した種類の固有表現に拡張していくこ... [more] TL2020-13
pp.7-10
TL 2020-03-22
15:15
大阪 大阪電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
レゴを使った目的指向の多人数・異文化会話コーパスにおけるスタンスの表明
谷村 緑京都外国語大)・竹内和広阪電通大)・吉田悦子三重大)・仲本康一郎山梨大)・山口征孝神戸市外国語大TL2019-61
本稿では,相手の面子や自身のイメージを保つために, 会話の参与者がどのように人称代名詞I, we, youを使い分けて自... [more] TL2019-61
pp.33-38
TL 2019-09-29
14:05
北海道 独立行政法人国立高等専門学校機構 函館工業高等専門学校 対照語関係の識別に寄与する語の分散表現における位置関係の調査
奥村雄輝阪電通大)・廣川佐千男九大)・竹内和広阪電通大TL2019-38
語を多次元の実数ベクトル空間に表現する分散表現は,近年さかんに用いられている.分散表現を用いると,それぞれの語を分散表現... [more] TL2019-38
pp.5-9
TL 2019-07-14
13:45
東京 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 レゴを使った目的指向の多人数・異文化会話コーパスの構築
谷村 緑京都外国語大)・竹内和広阪電通大)・吉田悦子三重大)・仲本康一郎山梨大TL2019-7
本論文では,母語を利用できない目的指向の会話の中で,外国語をどのように運用すれば目的遂行に寄与するかを調査するための言語... [more] TL2019-7
pp.37-42
TL 2018-10-28
13:00
北海道 独立行政法人国立高等専門学校機構 函館工業高等専門学校 プログラム構造パターンとそれらに対する識別子命名との関係付け調査
間嶋義喜阪電通大)・廣川佐千男九大)・竹内和広阪電通大TL2018-40
プログラム言語の仕様にもよるが,変数名やクラス名,メソッド名など,識別子には自然言語による命名がなされる.
そのような... [more]
TL2018-40
pp.7-12
TL 2018-06-17
18:00
兵庫 神戸学院大学ポートアイランドキャンパス 文章内容特定における語出現頻度情報の効果
奥村雄輝森安淳史阪電通大)・廣川佐千男九大)・竹内和広阪電通大TL2018-10
特定の語の出現情報が文章分類に役立つことは良く知られる.
本稿では,機能語や内容語といった語の分類にこだわらず,その出... [more]
TL2018-10
pp.53-56
TL 2016-10-09
16:40
兵庫 神戸学院大学ポートアイランドキャンパスD号館アクティブスタジオ ソースコード内の典型的部分構造に対する説明の調査
大賀賢志間嶋義喜岡田拓也竹内和広阪電通大TL2016-36
プログラムの詳細構造に立ち入らずに,その機能や具体的実装の共通理解を得るためには,プログラムに対しての自然言語による適切... [more] TL2016-36
pp.59-62
TL 2015-12-13
14:25
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 分散意味表現を利用した法令文に対する文構造解析の検討
長濱一真竹内和広阪電通大TL2015-52
法令文は一般に要件効果構造や並列構造といった、語彙間の意味的な関係性を考慮して構造的な解釈をしなくてはならない表現が数多... [more] TL2015-52
pp.63-66
NLC, TL
(共催) [詳細]
2015-06-05
15:20
徳島 徳島大学 旅行者の利用状況を考慮した口コミ情報の評判分析
岡田 真阪府大)・竹内和広阪電通大)・橋本喜代太阪府大TL2015-15 NLC2015-15
口コミ情報(カスタマーレビュー)を利用した情報抽出や評判分析の研究が盛んになされている.それらの情報を読み解く際に,利用... [more] TL2015-15 NLC2015-15
pp.85-89
TL 2015-02-27
14:45
京都 京都光華女子大(西京極) システム開発場面を想定したコミュニケーションゲームの開発
北中佑樹竹内和広阪電通大TL2014-51
講義形式から一歩進んだ形で、学生が主体的に授業内容を理解することに貢献て... [more] TL2014-51
pp.9-12
TL 2014-12-20
11:00
大阪 大阪電気通信大学寝屋川駅前キャンパス 分野データにより訓練した評価語関連ネットワークに対するオノマトペ表現の割り当て
千本達也竹内和広阪電通大TL2014-44
インターネット上では,レビュー文書などで個人的な意見を記述するときに,オノマトペが多用される傾向がある.オノマトペは,そ... [more] TL2014-44
pp.1-6
TL 2014-12-20
11:30
大阪 大阪電気通信大学寝屋川駅前キャンパス オープンソースプロジェクトにおける識別子命名の語用調査
山下大貴竹内和広阪電通大TL2014-45
ソフトウェアの生産性や品質を定量的に評価するものとして,ソフトウェアメトリクスがある.プログラム上の識別子を命名するため... [more] TL2014-45
pp.7-12
AI 2014-02-26
13:00
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス ビジネス文書の論理アノテーションに基づく文書敬語特徴の検討
嶋村和樹竹内和広阪電通大AI2013-40
 [more] AI2013-40
pp.21-22
AI 2013-02-18
09:20
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 旅行レビューの注目キーワードに関する日中比較
羽東康之呉 一江嶋村和樹竹内和広阪電通大AI2012-21
日本人旅行者と中国人旅行者の観光地に対する注目点の相違を調査した.具体的には,日本人が書いた旅行レビューより注目キーワー... [more] AI2012-21
pp.1-4
AI 2011-10-20
11:20
京都 京都大学 吉田キャンパス構内 百周年時計台記念館 日本語学習者のための多様な文体変換を考慮した基本例文データベースの構築
嶋村和樹阪電通大)・西村由美関西学院大)・竹内和広阪電通大AI2011-11
日本語学習では,幅広い使用文脈を想定した無難な文体で書かれた基本例文を用意し,その例文を用いて学習することが多い.しかし... [more] AI2011-11
pp.13-17
ET 2011-05-14
13:10
大阪 大阪府立大学 大学における英語プレゼンテーション教育のICT支援の要求分析
橋本喜代太阪府大)・竹内和広阪電通大ET2011-8
日本の大学においては近年急速に英語プレゼンテーション教育のニーズが高まってきているが,その教育方法は問題が多く,不慣れな... [more] ET2011-8
pp.41-45
AI 2011-02-28
17:50
大阪 関学大阪梅田キャンパス 文化差が関与した言語間差異を軽減する計算機支援に向けて
橋本喜代太阪府大)・竹内和広阪電通大
 [more]
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会