お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2022-12-08
14:00
神奈川 慶應義塾大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]Optimizing the coupling efficiency of collinear spontaneous parametric down-conversion photon pairs into single-mode fibers
Geobae ParkNicolas SchwallerRyo OkamotoShigeki TakeuchiKyoto Univ
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]オンチップリング共振器を用いた超広帯域周波数もつれ光子対発生の検証
濱山友志杉浦健太中村 暖岡本 亮京大)・Brent E. Little中国科学院)・Sai Tak CHU城大)・竹内繁樹京大
周波数もつれ光子対は量子計測や量子情報処理などの量子技術に広く用いられる.周波数もつれ光子対の帯域幅を広げることは,量子... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]イオン注入法を用いた極微ナノダイヤモンドへの単一SiVセンターの作製
鈴木和樹嶋﨑幸之介高島秀聡京大)・阿部浩之大島 武QST)・竹内繁樹京大
ナノダイヤモンド中のカラーセンターは、量子技術への応用が注目されている。その中でもシリコン欠陥中心(SiVセンター)はゼ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ヘリカル境界条件を有する2次元量子ウォークの実現に向けてI ~ 花弁状ビームの生成と評価 ~
岡本悠太郎京大)・小布施秀明北大)・竹内繁樹岡本 亮京大
量子ウォークとはランダムウォークの量子版であり、量子シミュレーションや量子計算への応用が期待されている。光子を用いると、... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]進化戦略アルゴリズムを用いた周波数もつれ光子対の時間相関幅圧縮の実現
斎藤凌矢藤田一夢佐々木駿輔阿部尚文京大)・久光 守徳田勝彦島津製作所)・岡本 亮竹内繁樹京大
広帯域周波数もつれ光子対は、時間相関幅の短い光子対を実現できることから、高効率な 2 光子吸収の
実現等への応用が期待... [more]

QIT
(第二種研究会)
2021-05-24
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]極微ナノダイヤモンド中へのSiVセンターの作製
嶋﨑幸之介川口洋生高島秀聡京大)・Takuya F. SegawaETH Zurich)・Frederick T.-K. So寺田大紀京大)・小野田 忍大島 武量研機構)・白川昌宏竹内繁樹京大
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-20
13:20
福岡 九州大学 筑紫キャンパス [ポスター講演]時間的に変化する状態の適応量子状態推定の実現
野原紗季岡本 亮京大)・藤原彰夫阪大)・竹内繁樹京大
光子の偏光状態の推定は,量子暗号通信や生体計測など幅広い分野で応用されており,非常に重要な課題である.一般に,推定精度の... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-20
13:20
福岡 九州大学 筑紫キャンパス [ポスター講演]同時計数測定によるオンチップリング共振器のQ値の推定
杉浦健太岡本 亮京大)・Sai T. Chu香港城市大)・Brent E. Little中国科学院)・竹内繁樹京大
近年,光導波路を用いたオンチップ光子対源が盛んに研究されている.中でも,高いQ値をもつリング共振器は,高い光子対発生量を... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-20
13:20
福岡 九州大学 筑紫キャンパス [ポスター講演]同一空間モードに生成したもつれ光子対の空間的分離に関する研究
亀井祐希曹 博清原孝行岡本 亮竹内繁樹京大
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-20
13:20
福岡 九州大学 筑紫キャンパス [ポスター講演]LiNbO3結晶を用いた可視-赤外域量子もつれ光子対の生成と評価
荒畑雅也曹 博岡本 亮竹内繁樹京大
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-11-26
13:30
東京 東京大学 [ポスター講演]2組の多光子多モードシステム間もつれ状態を用いたノンフォック状態の生成
松本一勢清原孝行岡本 亮京大)・ホフマン ホルガ広島大)・竹内繁樹京大
複数個の単一光子と,線形光学素子を用いて構成されるユニタリ変換だけでは生成することが出来ない状態をノンフォック状態と呼ぶ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]伝令信号を用いた光子列の シリアルパラレル変換
清原孝行岡本 亮竹内繁樹京大
多光子量子干渉を用いた汎用型量子計算機の実現のために、互いに区別できない単一光子を複数個並列に出力するデバイスが重要であ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]周波数もつれ光子対の時間相関幅測定に関する研究
吉川将人出口 樹岡本 亮京大)・Hwan Hong Lim栗村 直物質・材料研究機構)・竹内繁樹京大
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]ダイヤモンド窒素欠陥中心に対する光検出磁気共鳴へ向けた3次元磁場制御の研究
福重一樹岩端祐介田嶌俊之高島秀聡竹内繁樹京大
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]オンチップリング共振器により発生した光子対の多周波数モード間相関
杉浦健太岡本 亮京大)・Labao ZhangLin KangJian ChenPeiheng Wu南京大)・Sai T. Chu香港城市大)・竹内繁樹京大
広帯域周波数もつれ光子対は,量子OCTなどの量子計測や,高次元量子もつれ状態生成などへの応用が期待されている.
我々は... [more]

QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]適応量子状態推定実験の高速化の実現2
野原紗季岡本 亮京大)・山形浩一中大)・藤原彰夫阪大)・竹内繁樹京大
量子情報技術の発展には,量子状態を効率的に推定する方法の確立が不可欠である.しかし,従来の量子状態推定法では,推定精度の... [more]
QIT
(第二種研究会)
2017-11-16
13:50
埼玉 埼玉大学 [ポスター講演]シリコン欠陥中心内包ナノダイヤモンドの作製
岩端祐介福田 純高島秀聡京大)・Andreas W. SchellICFO)・阿部浩之小野田 忍大島 武QST)・竹内繁樹京大
ダイヤモンド中のカラーセンターは量子情報や量子計測、バイオセンシング等への応用が期待されている。カラーセンターの一種であ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2017-11-16
13:50
埼玉 埼玉大学 [ポスター講演]量子光コヒーレンストモグラフィの横方向分解能向上に関する検討
川口蓉子羽山恭平岡本 亮京大)・西澤典彦名大)・竹内繁樹京大
量子光コヒーレンストモグラフィ(量子OCT)は、医学応用等が進む光コヒーレンストモグラフィ(OCT)の量子版として提案、... [more]
QIT
(第二種研究会)
2017-05-29
15:00
京都 立命館大学 朱雀キャンパス [ポスター講演]時間的に変化する状態の適応量子状態推定
野原紗季岡本 亮京大)・藤原彰夫阪大)・竹内繁樹京大
光子の偏光状態の推定は,量子暗号通信や生体計測など,幅広い分野で応用されており,非常に重要な課題である.しかし,従来の量... [more]
QIT
(第二種研究会)
2017-05-29
15:00
京都 立命館大学 朱雀キャンパス [ポスター講演]Hydexリング共振器による光子対発生
杉浦健太小野裕介岡本 亮京大)・Labao ZhangLin KangJian ChenPeiheng Wu南京大)・Sai T. Chu香港城市大)・竹内繁樹京大
 [more]
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会