お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2010-03-04
11:10
神奈川 YRP ダイナミックリコンフィグプロセッサを用いたソフトウェア無線モデム
佐方 連竹田大輔出口典孝平野竜馬吉川宜史東芝SR2009-105
無線装置はソフトウェア無線技術の導入により、マルチモード化による利便性向上や、開発コストの削減が期待できる。今回、ソフト... [more] SR2009-105
pp.99-104
RCS 2009-08-04
10:30
宮城 東北大学 分散アンテナシステムにおけるCDTD‐VC適用効果の検討
高野恭平高梨義幸竹田大輔安達宏一中川正雄慶大RCS2009-96
ベクトルコーディング(VC)は,送受信機間のチャネル行列を固有値分解して得られる固有ベクトルを送受信機で拡散符号として用... [more] RCS2009-96
pp.109-114
SR 2009-07-29
13:00
東京 東工大 [技術展示]FPGAを用いたIEEE802.11n準拠 送信ビームフォーミングの試作
鍋谷寿久江頭慶真宇都宮依子竹田大輔東芝SR2009-33
近年,ロバストな無線伝送やカバレッジエリアの拡大を目的として,MIMO送信ビームフォーミングの研究が行われており,次世代... [more] SR2009-33
pp.69-75
AP, RCS
(併催)
2008-11-21
10:45
石川 金沢工業大学 Vector CodingにおけるChase Combining再送法
高梨義幸安達宏一竹田大輔中川正雄慶大RCS2008-148
VC伝送は,チャネル行列を特異値分解して得られる固有ベクトルを拡散符号として用いることにより,送信シンボル間の直交性を保... [more] RCS2008-148
pp.107-112
RCS, NS
(併催)
2008-07-18
15:50
京都 京都大学 Vector Codingにおける送信ダイバーシチの適用効果に関する一検討
高梨義幸竹田大輔安達宏一中川正雄慶大RCS2008-49
パスダイバーシチ効果を得つつ,信号を直交化することのできるVector Coding(VC)が近年注目されている.VCで... [more] RCS2008-49
pp.103-108
RCS, AN, MoNA, SR, WBS
(併催)
2008-03-06
11:00
神奈川 YRP Vector CodingとOFDMの性能比較に関する検討
竹田大輔中川正雄慶大RCS2007-215
Vector Codingは、伝送路の時間的な行列を特異値分解して得られる固有ベクトルを送信側で乗算するPrecodin... [more] RCS2007-215
pp.175-179
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会