お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, ITE-SIP
(共催)
2020-06-02
15:20
ONLINE オンライン開催(東京大学から変更) いん・たんでむ:親の生活状況を子のながら作業中に情報提示するエージェントデバイスを用いたコミュニケーション支援システム
出口夕里菜篠﨑一慶菅原壱真諏訪陽一永島 温中村海里中山 和庭野秀介根本瑞希渡邊健太郎東京電機大)・青木良輔NTT)・武川直樹東京電機大MVE2020-5
核家族化,共働きの増加に伴い,シニアの単独世帯が増える中で,高齢者の会話の少なさが社会問題となっている.高齢者の会話数を... [more] MVE2020-5
pp.21-26
MVE, ITE-SIP
(共催)
2020-06-02
16:10
ONLINE オンライン開催(東京大学から変更) 共働きの親に留守番の子どもの宅内状況に関するメッセージを曖昧化して送信するコミュニケーション支援システム
西岡菜月中野希海・○篠﨑一慶大塚千夏子望月大暉井手口志遠清水祐甫東京電機大)・青木良輔NTT)・武川直樹東京電機大MVE2020-7
核家族化,共働きの増加により,児童とその親の接触時間は減少傾向であり,会話量だけでなく会話の質を高めることが重要とされて... [more] MVE2020-7
pp.33-38
MVE, ITE-SIP
(共催)
2020-06-02
16:35
ONLINE オンライン開催(東京大学から変更) 離れて暮らす孫と祖父母の日常をつなぐ遠隔対話システムによるコミュニケーション支援
宮崎奈々子篠﨑一慶村田花梨三橋陽奈子三浦京之介高木智香子宝田 健山ノ内尚哉若山 柊青山悠介東京電機大)・青木良輔NTT)・武川直樹東京電機大MVE2020-8
核家族化,共働きの増加により,児童とその親の接触時間は減少傾向であり,会話量を増やす必要がある.大家族時代では,忙しい親... [more] MVE2020-8
pp.39-44
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) ユーザの特性に合わせたセルフモニタリングシステムの検討 ~ *学生の研究活動支援に向けた適用事例について ~
小安宗徳篠﨑一慶東京電機大)・青木良輔NTT)・武川直樹東京電機大)・佐藤 妙有賀玲子NTT
HCI分野の研究ではデザイン活動を通じた研究活動(RtD)が確立されている.RtDではデザインプロセスの各モジュールで行... [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2019-05-16
10:25
沖縄 沖縄産業支援センター 行動変容ステージモデルに着目したユーザ状態遷移の検討
佐藤 妙青木良輔NTT)・小安宗徳篠﨑一慶大島直樹武川直樹東京電機大)・渡部智樹犬童拓也NTTHCS2019-1 HIP2019-1
我々は,ユーザが健康的な生活に向けて行動を主体的に改善し習慣づけることを目的として,ICTを活用した行動変容支援の実現を... [more] HCS2019-1 HIP2019-1
pp.1-6
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2019-05-16
11:15
沖縄 沖縄産業支援センター 学業における学生の相談行動と「認知的不協和」の影響に関する予備検討
篠﨑一慶小安宗徳東京電機大)・佐藤 妙青木良輔有賀玲子渡部智樹犬童拓也NTT)・大島直樹武川直樹東京電機大HCS2019-3 HIP2019-3
自身で解決できない問題を,周囲に適切なタイミングで相談することは研究を進める際においても重要である.しかし,この相談行動... [more] HCS2019-3 HIP2019-3
pp.13-18
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 「情けは人の為ならず」:過ごしやすい学校内環境の構築に向けた人に助けられるロボットのふるまいデザイン
篠﨑一慶東京電機大)・青木良輔NTT)・大島直樹武川直樹東京電機大
他者を助ける行為は巡り巡って自身の為になるという諺がある.実際にピアサポートという他者を助ける活動によって向社会性の向上... [more]
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会