お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2019-10-11
12:20
新潟 駅まえオフィス貸会議室(新潟) 脂質膜を固定化したヘテロコア光ファイバの化学センシングへの応用
細木 藍国立遺伝学研)・西山道子久米川宣一渡辺一弘創価大)・矢田部 塁田原祐助小野寺 武杉山暁史九大)・櫻井 望国立遺伝学研OFT2019-38
本研究では、土壌中の根の近傍における化合物の検知を可能とするセンサデバイスの開発を目指す.根の周囲といった微小空間での化... [more] OFT2019-38
pp.33-36
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2017-08-31
17:20
北海道 北海道大学 ヘテロコア光ファイバに固定化するPdナノ粒子の浸漬時間に対する応答性評価
小松大介細木 藍西山道子渡辺一弘創価大OFT2017-29
本研究ではこれまでに,パラジウム(Pd)ナノ粒子を利用したヘテロコア光ファイバ型水素センサの研究開発を行ってきた.Pdナ... [more] OFT2017-29
pp.21-24
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2017-08-31
17:45
北海道 北海道大学 島状金薄膜によるヘテロコア光ファイバ型LSPRセンサのスペクトル特性と屈折率計測への応用
細木 藍西山道子渡辺一弘創価大OFT2017-30
表面プラズモン共鳴(SPR)は光ファイバによる液体屈折率計測の原理として広く使われている.一方,局在型表面プラズモン共鳴... [more] OFT2017-30
pp.25-28
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2016-11-10
15:00
長崎 長崎商工会議所 Au/Ta2O5/Pd合金の多層膜構造に基づくヘテロコア光ファイバ型水素センサの経時変化における耐久性評価
高橋 健細木 藍西山道子渡辺一弘創価大OFT2016-28
本稿は、水素吸蔵・放出過程で生じるPdの劣化を抑制するために、PdとAuを組み合わせたPd合金を用いることで,耐久性低下... [more] OFT2016-28
pp.9-12
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2016-11-10
15:25
長崎 長崎商工会議所 曲げ耐性ファイバを用いたヘテロコア光ファイバSPRセンサの液体検知性能評価
末吉弘幸山崎大志細木 藍西山道子渡辺一弘創価大OFT2016-29
ロボットなどの構造体に液体検知機能を付与するため,ヘテロコア光ファイバSPR センサを用いた触覚センシングについての研究... [more] OFT2016-29
pp.13-16
IEE-CMN, ITE-BCT
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-11-12
16:00
愛媛 松山市民会館 光ファイバ型酸素センサに多孔質微粒子を含む複合膜を用いて固定されたルテニウム錯体の積層数に対する消光特性
伴 さゆり細木 藍西山道子関 篤志渡辺一弘創価大OFT2015-39
本研究では遠隔測定を目的としてコア径62.5 μmのGIマルチモード光ファイバを用いた酸素センサの開発を行った.光ファイ... [more] OFT2015-39
pp.1-4
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-02-19
09:30
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 二酸化チタン微粒子を含んだ吸湿性高分子膜によるヘテロコア光ファイバ湿度センサ
沖室龍治西山道子細木 藍関 篤志渡辺一弘創価大OFT2014-58 OPE2014-203
本研究では二酸化チタン(TiO2)を用いたヘテロコア構造の光ファイバ湿度センサの開発を行っている.ヘテロコア光ファイバの... [more] OFT2014-58 OPE2014-203
pp.7-10
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-02-19
16:00
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 終端反射型ヘテロコア光ファイバ水素センサによる多点水素検知の実現
細木 藍西山道子創価大)・井川寛隆JAXA)・関 篤志渡辺一弘創価大OFT2014-69 OPE2014-214
本研究では,連続パルス光をインタロゲータ光として用いる,疑似ランダム符号相関方式を利用した時分割多重のインタロゲータシス... [more] OFT2014-69 OPE2014-214
pp.67-70
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会