お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2019-07-26
14:00
岩手 一関文化センター Connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムの極限定理
山田紘希中村太信山本久志周 蕾肖 霄首都大東京R2019-14
Connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムに対して,既存の研究によりシステム信頼度の算出方法が... [more] R2019-14
pp.1-6
R 2019-05-24
14:55
愛知 愛知工業大学 本山キャンパス Consecutive-k-out-of-n:G システムの最適化に関する研究
周 蕾山本久志中村太信肖 霄首都大東京R2019-5
本稿では,Consecutive-k-out-of-n:G システムの最適化問題について考察する.Consecutive... [more] R2019-5
pp.23-28
R 2018-07-27
15:35
北海道 ゆめホール知床(北海道斜里郡斜里町本町4番地) Consecutive-2-out-of-n: Gシステムの保全方策に関する研究
周 蕾山本久志中村太信肖 霄首都大東京R2018-14
既存研究はk-out-of-nシステムに対して2つの保全方策を提案し,単位時間あたりの期待コストを与えた.そして,最適な... [more] R2018-14
pp.19-24
R 2017-10-20
15:55
熊本 天草市民センター(天草市) 結合システムを用いた長方形型 connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(m,n): F システムのシステム信頼度算出方法
石川 匠首都大東京)・新里 隆玉川大)・中村太信肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京R2017-48
従来研究において,長方形型 connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(m,n): F システムの... [more] R2017-48
pp.23-28
R 2017-07-28
14:00
北海道 稚内サンホテル Connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムのsystem signature算出方法
中村太信山本久志首都大東京)・新里 隆玉川大)・肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大R2017-17
 [more] R2017-17
pp.19-24
R 2017-07-28
14:35
北海道 稚内サンホテル シミュレーションに基づいたソフトウェア信頼性尺度の区間評価
肖 霄首都大東京)・土肥 正広島大R2017-18
 [more] R2017-18
pp.25-30
R 2017-05-26
14:25
岡山 ピュアリティまきび Connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(m,n):Fシステムのsystem signature算出方法
中村太信山本久志肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大R2017-5
 [more] R2017-5
pp.25-30
R 2017-05-26
14:50
岡山 ピュアリティまきび 信頼度最大ネットワーク構成に関する分析的推論
榎本大地肖 霄首都大東京)・高橋奈津美青学大)・山本久志首都大東京R2017-6
本研究は,ネットワークのノード数とエッジ数の関係に対応する,最大の全点間信頼度を持つネットワーク構成を特定することを目的... [more] R2017-6
pp.31-36
R 2016-10-21
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 結合システムを用いた Linear Connected (1,2)-or-(2,1)-out-of-(2,n): F システムのシステム信頼度の関係式に関する研究
石川 匠首都大東京)・新里 隆一橋大)・中村太信肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京R2016-46
本研究では,2個のサブシステムを結合することによって Linear connected (1,2)-or-(2,1)-o... [more] R2016-46
pp.25-29
R 2016-05-28
13:50
愛知 ウインクあいち マルコフ過程を用いたトーラス型connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(m,n):Fシステムの信頼度算出方法 ~ non-i.i.d.の場合 ~
中村太信山本久志首都大東京)・新里 隆一橋大)・肖 霄首都大東京R2016-3
 [more] R2016-3
pp.13-18
R 2015-12-18
13:30
東京 機械振興会館 ウェーブレット縮小推定における閾値法の有効性に関する考察
肖 霄首都大東京R2015-61
近年,確率過程のノンパラメトリック推定を行うウェーブレット推定法が急速に整備されてきた.著者らによる先行研究では,ウェー... [more] R2015-61
pp.1-6
R 2015-07-31
13:20
青森 ホテルニューグリーン 行列表現を用いたconnected-(r, s)-out-of-(m, n):Fシステムのシステム信頼度算出方法 ~ m=r+1及びm=r+2の場合 ~
中村太信首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・肖 霄山本久志首都大東京R2015-14
 [more] R2015-14
pp.1-6
R 2015-05-22
14:35
島根 隠岐島文化会館 多目的ネットワークにおける最適経路の探索法
高橋奈津美山本久志首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・肖 霄首都大東京)・新行内康慈十文字学園女子大R2015-5
最適な通信ルーティング探索システムや生産・物流管理計画システムなど,現代社会において,ネットワークシステムは幅広く存在し... [more] R2015-5
pp.25-30
R 2014-12-19
13:15
東京 機械振興会館 Connected-(2, 2)-out-of-(3, n):Fシステムの信頼度式の導出に関する考察
中村太信肖 霄首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京R2014-65
 [more] R2014-65
pp.1-6
R 2014-10-17
13:55
鹿児島 第一工業大学 ドーブシウェーブレットに基づいたソフトウェア信頼性予測
肖 霄首都大東京R2014-56
ウェーブレット解析は画像処理や信号処理等の分野で頻繁に用いられており,近年,高速演算と高精度が要求される時系列解析におい... [more] R2014-56
pp.7-12
R 2014-08-01
14:55
北海道 スマイルホテル函館 m=r,s=2である場合のconnected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムの最適配置算出アルゴリズムに関する研究
小村 徹山本久志首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・肖 霄首都大東京R2014-17
現代社会は, 大規模なシステムや複雑なシステムによって様々な製品・サービスが構築されている. そのようなシステムでは, ... [more] R2014-17
pp.19-24
R 2014-06-13
14:20
東京 機械振興会館 SAを用いた多状態連続k-out-of-n:Fシステムの最適配置問題の解法精度向上に関する研究
吉田直生山本久志首都大東京)・新行内康慈十文字学園女子大)・秋葉知昭千葉工大)・肖 霄首都大東京R2014-11
 [more] R2014-11
pp.13-18
R 2014-05-23
15:45
愛知 金城学院大学 パレート解探索のための有効な計算ネットワーク制限手法
高橋奈津美山本久志首都大東京)・秋葉知昭千葉工大)・肖 霄首都大東京R2014-6
本研究は,全点間信頼度と構築コストを考慮した2目的ネットワークの最適化問題に対する効率的なパレート解探索アルゴリズムの構... [more] R2014-6
pp.29-34
R 2013-12-13
14:35
東京 機械振興会館 A Comparative Study of NHPP-based Software Reliability Models with Exponentiated Distributions
Xiao XiaoTokyo Metropolitan Univ.)・Tadashi DohiHiroshima Univ.R2013-82
 [more] R2013-82
pp.19-24
R 2013-05-17
13:10
広島 グリーンヒルホテル尾道 Interval Estimation for Wavelet-based Nonparametric Software Reliability Model via Bootstrapping
Xiao XiaoTadashi DohiHiroshima Univ.R2013-6
 [more] R2013-6
pp.31-36
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会