お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2022-03-08
10:55
ONLINE オンライン開催 健常音声からの声質変換と多数話者ボコーダによる構音障害話者の明瞭な音声合成の検討
高野哲朗ヒューマンテクノシステム)・能勢 隆金垣 葵東北大)・渡辺 聡ヒューマンテクノシステムWIT2021-46
健常話者の音声から構音障害話者の音声へと声質変換することにより,障害話者の声色を維持しつつ聞き取りやすい合成音声を生成す... [more] WIT2021-46
pp.18-23
WIT 2020-06-12
13:30
ONLINE オンライン開催(大阪産業大学から変更) CycleGANに基づく構音障害音声の明瞭性改善
今井柊平能勢 隆金垣 葵東北大)・渡辺 聡ヒューマンテクノシステム)・伊藤彰則東北大WIT2020-1
本稿では非ペア声質変換のタスクで有効性が示されているCycleGAN-VC2を使用して構音障害音声から複数話者の健常音声... [more] WIT2020-1
pp.1-6
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-06
13:55
東京 NHK放送技術研究所 [ポスター講演]感情音声データベースJTESへの主観ラベルの付与と分析
山中麻衣能勢 隆千葉祐弥伊藤彰則東北大SP2019-39
我々はこれまでに男女各50名の4感情の各50文,計20,000発話を収録した音韻・韻律バランス感情音声データベースJTE... [more] SP2019-39
pp.61-66
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2017-07-27
14:30
宮城 秋保リゾート ホテルクレセント [招待講演]深層学習を利用した多様な音声の合成・認識・変換と応用
能勢 隆東北大SP2017-16
本稿では,ここ数年で急速に加速している深層学習を利用した音声情報処理研究のうち,多様な音声の合成・認識・変換に焦点を当て... [more] SP2017-16
pp.3-8
SP 2017-01-21
11:00
東京 東京大学 [ポスター講演]読み上げ音声を利用したニューラルネットワークに基づく歌唱者非依存歌声変換の検討
小池治憲能勢 隆伊藤彰則東北大SP2016-67
従来の声質変換手法は元話者の音声を用いた事前学習が必要であるという問題点がある.我々はこれを解決する手法として,複数の元... [more] SP2016-67
pp.17-22
SP 2017-01-21
16:10
東京 東京大学 スペクトル特徴量のベクトル量子化に基づくDNN音声合成の検討
能勢 隆伊藤鈴乃介東北大SP2016-75
 [more] SP2016-75
pp.65-70
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-20
15:10
東京 NTT武蔵野研究開発センタ [ポスター講演]日本語テキスト音声合成のためのアクセント辞典に基づくアクセント結合規則の改良
青山紘人能勢 隆伊藤彰則東北大SP2016-54
日本語テキスト音声合成システムにおいてより自然な音声を合成するために,アクセント結合規則の改良を行った.従来のアクセント... [more] SP2016-54
pp.31-36
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-20
15:10
東京 NTT武蔵野研究開発センタ [ポスター講演]DNN音声合成における差分特徴量のモデル化を利用したF0制御
山田修平能勢 隆伊藤彰則東北大SP2016-55
我々は,ユーザが自然かつ直観的に合成音声を変更できる枠組みの``テーラーメイド音声合成''の実現に向けた研究を行っている... [more] SP2016-55
pp.37-42
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-20
15:10
東京 NTT武蔵野研究開発センタ [ポスター講演]Kaldiの音声認識エンジンをJulius互換にするためのインタフェースの開発
山田裕介能勢 隆千葉祐弥伊藤彰則東北大SP2016-57
 [more] SP2016-57
pp.49-51
IE, EMM, LOIS
(共催)
ITE-ME, IEE-CMN
(共催)
(連催) [詳細]
2016-09-16
15:30
愛知 愛知県立大学(長久手キャンパス) Animation Unitを用いたHMM・DNNによるテキストからのフォトリアリスティック顔動画像合成におけるカラー化の検討
佐藤一樹能勢 隆伊藤彰則東北大LOIS2016-27 IE2016-64 EMM2016-53
我々はこれまで,フォトリアリスティックな対話エージェント実現に向けたテキストからの顔動画像合成の手法として,Kinect... [more] LOIS2016-27 IE2016-64 EMM2016-53
pp.67-72
IT, EMM
(共催)
2016-05-19
15:10
北海道 小樽経済センター 顔特徴量を用いたテキストからのフォトリアリスティック顔動画像生成の検討
佐藤一樹能勢 隆伊藤彰則東北大IT2016-8 EMM2016-8
本稿では,フォトリアリスティックな対話エージェント実現に向けた顔動画像合成の手法として,Kinectによる顔特徴量を利用... [more] IT2016-8 EMM2016-8
pp.43-48
EA, EMM
(共催)
2015-11-12
15:15
熊本 熊本大学 DNNを利用したAnimation Unitの変換に基づく顔画像変換の検討
齋藤優貴能勢 隆東北大)・篠崎隆宏東工大)・伊藤彰則東北大EA2015-28 EMM2015-49
 [more] EA2015-28 EMM2015-49
pp.23-28
SP 2015-10-15
13:50
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 ニューラルネットワークに基づく差分スペクトルフィルタを用いた任意話者声質変換の検討
小池治憲能勢 隆東北大)・篠崎隆宏東工大)・伊藤彰則東北大SP2015-61
本稿では,任意の元話者(入力話者)の音声の話者性を特定の目標話者に近づける声質変換手法として,複数の元話者と目標話者間で... [more] SP2015-61
pp.13-18
SP 2015-10-15
16:45
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 HMM音声合成におけるモデル学習の高速化の検討
山田修平能勢 隆伊藤彰則東北大SP2015-64
HMM音声合成におけるモデル学習の高速化を目的とし,不特定話者モノフォンモデルや不特定話者決定木を用いることを提案する.... [more] SP2015-64
pp.27-32
SP 2015-10-15
17:10
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 エントロピーに基づく音韻・韻律バランス感情依存文の設計と評価
武石笑歌能勢 隆加瀬嵩人伊藤彰則東北大SP2015-65
感情認識,感情音声の認識・合成など,感情音声の研究に広く利用できる感情音声データベースを構築するにあたり,音韻・韻律バラ... [more] SP2015-65
pp.33-38
SP 2015-08-21
10:25
岩手 岩手県立大学アイーナキャンパス 地域情報の音声認識のための固有名詞省略表現の自動生成
志賀健太能勢 隆・○伊藤彰則東北大SP2015-51
 [more] SP2015-51
pp.7-12
SP 2015-08-21
15:50
岩手 岩手県立大学アイーナキャンパス 統計的音声合成におけるエントロピーに基づく大規模学習文セット構築の評価
能勢 隆東北大)・荒生侑介大日本印刷)・小林隆夫東工大)・杉浦孔明志賀芳則NICTSP2015-57
本稿では統計的音声合成において我々がこれまでに提案したエントロピーに基づく学習用文セットの構築法の評価を行った結果を報告... [more] SP2015-57
pp.39-44
EMM, IT
(共催)
2015-05-21
15:20
京都 京都市国際交流会館 ビデオ通話における音声および表情特徴量を用いた話者変換の検討
齋藤優貴能勢 隆東北大)・篠崎隆宏東工大)・伊藤彰則東北大IT2015-9 EMM2015-9
本稿では、ビデオ通話において話者(元話者)の顔画像の個人性を別の話者(目標話者)のものに変換する手法を2つ提案する。
... [more]
IT2015-9 EMM2015-9
pp.45-50
SP 2014-11-13
16:30
福岡 九州大学筑紫キャンパス Kinectによる顔特徴量を利用した合成音声の感情表現・発話様式の直観的制御の検討
畢 煜・○能勢 隆伊藤彰則東北大SP2014-94
本稿では,テキスト音声合成においてユーザが容易に合成音声の感情表現・発話様式(スタイル)を変更できる手法として,Kine... [more] SP2014-94
pp.25-30
SP 2014-01-23
16:30
愛知 名城大学 ガウス過程回帰に基づく音声合成におけるハイパーパラメータ最適化の検討
郡山知樹東工大)・能勢 隆東北大)・小林隆夫東工大SP2013-99
 [more] SP2013-99
pp.19-24
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会