お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
15:50
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]衛星通信システムへの機械学習適用検討
高木 学能田康義半谷政毅野田雅樹三菱電機SAT2022-35
衛星搭載機器のデジタライゼーションの流れは衛星システムにも大きな影響を与えつつあり,近年ではSoftware Defin... [more] SAT2022-35
pp.36-41
SAT, SANE
(併催)
2022-02-25
15:00
ONLINE オンライン開催 機械学習を活用した衛星測位信号の多重化検討
高木 学能田康義半谷政毅野田雅樹三菱電機SAT2021-68
同一キャリア上に複数の拡散信号を多重化して送信するPOCET(Phase-Optimized Constant-Enve... [more] SAT2021-68
pp.83-88
AP, SANE, SAT
(併催)
2020-07-15
14:15
ONLINE オンライン開催 線形・非線形歪みを同時補償する適応等化方式の実機評価
上橋俊介能田康義谷 重紀半谷政毅有賀 博三菱電機SAT2020-3
 [more] SAT2020-3
pp.1-6
AP, SANE, SAT
(併催)
2019-07-17
16:50
宮城 東北大学 線形・非線形歪みを同時補償する適応等化方式の性能評価
能田康義上橋俊介谷 重紀内田 繁有賀 博三菱電機SANE2019-23 SAT2019-10
衛星通信の大容量化に対応するため,通信帯域の広帯域化が進められている.広帯域伝送を行う際には,送受信機のアナログ特性によ... [more] SANE2019-23 SAT2019-10
pp.25-30(SANE), pp.13-18(SAT)
SANE, SAT
(併催)
2019-02-13
12:40
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター 線形・非線形歪みを同時補償するメモリ多項式に基づく適応等化方式の演算量削減効果
上橋俊介能田康義谷 重紀内田 繁岡村 敦三菱電機SAT2018-68
衛星通信の大容量化に対応するため,通信帯域の広帯域化が進められている.広帯域伝送を行う際には,送受信機のアナログ特性によ... [more] SAT2018-68
pp.63-68
SAT, WBS
(併催)
2018-05-24
14:55
鹿児島 鹿児島大学 非線形歪みのあるシングルキャリア広帯域伝送に適用する適応等化方式
能田康義上橋俊介谷 重紀元吉克幸岡村 敦三菱電機WBS2018-2
将来の無線通信の伝送帯域拡大実現に向けて,簡易な信号処理で,増幅器に起因する非線形歪みと,バンドパスフィルタなどの線形歪... [more] WBS2018-2
pp.7-12
RCS, SAT
(併催)
2017-08-17
09:00
新潟 新潟大学 衛星AISにおける非同期な信号衝突に対応した逐次干渉キャンセラの特性評価
上橋俊介能田康義栗田 明元吉克幸岡村 敦三菱電機RCS2017-150
全球における船舶の運行管理,航行安全等を目的として,衛星AIS(Automatic Identification Sys... [more] RCS2017-150
pp.43-48
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-02
14:30
東京 東京工業大学 差動符号化した送信ダイバーシチのための適応等化方式
佐々木 慧能田康義増田進二佐野裕康岡村 敦三菱電機RCS2015-354
時空間ブロック符号化方式は,効率よく送信ダイバーシチ利得を得る技術であり,差動化した時空間ブロック符号化方式を適用するこ... [more] RCS2015-354
pp.127-132
RCS, NS
(併催)
2014-12-19
09:00
三重 伊勢市観光文化会館(三重) 相対空間マッピング変調方式の多値化検討
増田進二佐野裕康能田康義中村亮介岡村 敦三菱電機RCS2014-251
本報告では,差動時空間ブロック符号を用いた送信ダイバーシチに適用する相対空間マッピング変調方式おいて,1シンボルにマッピ... [more] RCS2014-251
pp.183-188
RCS, IN
(併催)
2013-05-17
16:15
東京 機械振興会館 送信ダイバーシチ用タイミング再生方式の検討
中村亮介能田康義増田進二平 明徳佐野裕康石津文雄三菱電機RCS2013-36
送信ダイバーシチ技術の一つで複数の送信アンテナを用いる差動時空間符号は,時空間符号と比較して,伝送路情報(CSI(Cha... [more] RCS2013-36
pp.79-84
RCS 2013-04-18
13:50
沖縄 石垣市民会館 送信ダイバーシチに適用する相対マッピング方式の特性評価
増田進二佐野裕康能田康義中村亮介平 明徳石津文雄三菱電機RCS2013-7
本報告では,差動時空間ブロック符号を用いた送信ダイバーシチにおいて,多値化時の受信性能改善を目的とした相対マッピング方式... [more] RCS2013-7
pp.37-42
RCS 2012-04-20
10:00
京都 京都大学 高速移動環境下におけるパイロット多重型シングルキャリアブロック伝送の特性評価
中村亮介能田康義増田進二平 明徳佐野裕康久保博嗣三菱電機RCS2012-12
適応周波数領域等化では,既知系列のパイロットを用いた伝送路推定が一般的だが,高速移動環境ではパイロットの挿入周期を短くす... [more] RCS2012-12
pp.67-71
IN, RCS
(併催)
2008-05-30
13:50
東京 機械振興会館 TDD方式における双方向チャネル測定を用いたアンテナアレー自己キャリブレーション
能田康義原 嘉孝矢野安宏久保博嗣三菱電機RCS2008-12
 [more] RCS2008-12
pp.69-74
RCS, CS
(共催)
2005-01-28
10:00
沖縄 琉球大学 周波数領域等化を前段に用いた準最尤繰り返し時空等化方式
小池俊昭・○能田康義吉田 進京大
MIMOの研究,特に最近では最尤受信機が注目されている.MIMO-MLDはQR-SDや改良メトリック手法などの登場により... [more] CS2004-186 RCS2004-293
pp.19-24
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会