お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-24
16:25
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]水中IoT通信に向けた無線電波通信の研究開発
福本幸弘松嶋 徹廣瀬 幸脇坂俊幸九工大)・江口和弘枷場亮祐パナソニックSRW2022-22 SeMI2022-56 CNR2022-15
海中通信は音響通信技術の高度化が進んでいるが、水中IoTセンサーとの通信の方式として、電波による無線通信技術の確立が望ま... [more] SRW2022-22 SeMI2022-56 CNR2022-15
pp.30-34(SRW), pp.25-29(SeMI), pp.5-9(CNR)
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2022-10-13
13:35
秋田 秋田大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
海中アンテナを用いたWavelet OFDM通信の伝送速度推定
仙波拓人山﨑修椰桑原堅誠脇坂俊幸廣瀬 幸松嶋 徹福本幸弘九工大)・江口和弘熊懐一浩パナソニックEMCJ2022-43 MW2022-89 EST2022-53
海中IoT機器への通信手段として電波通信の利用を検討している.その初期検討として,ダイポール系アンテナの海中での伝送特性... [more] EMCJ2022-43 MW2022-89 EST2022-53
pp.42-47
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2022-10-14
09:25
秋田 秋田大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
電力線通信の伝送特性解析を目的とした三相分電盤の等価回路
榎 凌弥脇坂俊幸松嶋 徹福本幸弘九工大EMCJ2022-52 MW2022-98 EST2022-62
電力線通信では,電力線に通信信号を重畳させて通信を行う.しかし,電力線が3線を用いた配電方式の場合,電力線の配線状態によ... [more] EMCJ2022-52 MW2022-98 EST2022-62
pp.87-92
MIKA
(第三種研究会)
2022-10-13
11:10
新潟 新潟市民プラザ(新潟)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]海水中におけるLFおよびHF帯超広帯域電波伝搬特性
廣瀬 幸松嶋 徹福本幸弘枷場亮祐脇坂俊幸九工大)・江口和弘佐藤 浩パナソニック
 [more]
UWT
(第二種研究会)
2022-03-01
13:30
ONLINE オンライン開催 水中/海中における長距離無線通信技術の研究開発 ~ 広帯域アンテナの開発およびPaWalet Link技術の応用 ~
廣瀬 幸松嶋 徹福本幸弘九工大)・江口和弘古賀久雄脇坂俊幸パナソニック
電波による無線通信による海中IoT機器の通信インフラを整備ための技術確立を目的とした研究開発を説明する.水中,特に海中は... [more]
EMCJ, EMD, WPT
(併催)
2021-07-02
13:30
ONLINE オンライン開催 短波帯広帯域通信における送受信コイルの3次元通信エリア設計
桑原堅誠脇坂俊幸松嶋 徹福本幸弘九工大EMCJ2021-26
近年,IoTシステムの普及に伴い,環境やシステム要件に応じた様々な通信方法の選択がますます重要となっている.
特に送受... [more]
EMCJ2021-26
pp.7-12
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2020-01-24
13:35
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター 水中や地中に配置されたケーブルを用いた電力線通信の通信特性推定
押川和正福本幸弘松嶋 徹脇坂俊幸九工大EMCJ2019-87
近年、PLC(Power Line Communication)の利用範囲拡大、長距離化が求められている。しかし、電力線... [more] EMCJ2019-87
pp.35-40
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会