お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2020-12-02
15:50
ONLINE オンライン開催 非直交量子状態によるマルチレベルゴーストイメージング
岡田泰幸山内 淳愛知県立大)・高橋祐斗名城大)・王 天澄臼田 毅愛知県立大IT2020-41
量子プロトコルにおける重要なリソースとしてエンタングルメントがある.エンタングルメントを利用したプロトコルの例として,近... [more] IT2020-41
pp.96-100
IT 2020-12-02
16:10
ONLINE オンライン開催 純粋状態信号に対するBWSRMの幾何学的表現
五十川翔梧中川綾太王 天澄臼田 毅愛知県立大IT2020-42
信号の状態をできるだけ正確に識別するには,量子雑音の影響を抑制することが重要となり,そのためにはできるだけ良い量子測定を... [more] IT2020-42
pp.101-105
IT 2020-12-02
16:30
ONLINE オンライン開催 確率的減衰通信路モデルのクラウス表現
中川綾太王 天澄臼田 毅愛知県立大IT2020-43
ビームワンダリングは,無線量子通信におけるフェージングの一種と捉えられ,減衰通信路におけるエネルギー透過率を確率的とした... [more] IT2020-43
pp.106-110
IT 2020-12-02
16:50
ONLINE オンライン開催 エンタングルド状態のN量子ビットテレポーテーションにおける量子誤りの影響
足立侑真高橋祐斗宇佐見庄五名城大)・臼田 毅愛知県立大IT2020-44
量子テレポーテーションは,量子状態を転送するプロトコルである.これはエンタングルメントを用いて達成される.また,近年には... [more] IT2020-44
pp.111-116
QIT
(第二種研究会)
2019-05-20
13:20
福岡 九州大学 筑紫キャンパス [ポスター講演]コーシーの積分公式による行列関数に対する量子アルゴリズム
高比良宗一愛知県立大)・大橋あすか立命館大)・曽我部知広名大)・臼田 毅愛知県立大
 [more]
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会