お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ 2022-07-21
15:30
大阪 立命館いばらきフューチャープラザ カンファレンスホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]通信ネットワークの信頼性評価におけるデータ可視化と関連技術
船越裕介NTT-ATCQ2022-20
筆者はこれまでに,通信ネットワークに特化した信頼性評価技術の研究を行った.その研究を通じて,データ可視化とそのGUI化,... [more] CQ2022-20
pp.19-24
CQ 2018-01-19
15:50
東京 国立情報学研究所 通信ネットワークにおける装置故障率の時系列解析 ~ 予測方法の改善 ~
船越裕介NTTCQ2017-101
筆者はこれまでに,状態空間モデルを用いて通信ネットワーク装置の故障率の予測を行った.その際には故障パターンに応じた方法を... [more] CQ2017-101
pp.93-98
CQ 2017-08-28
10:40
東京 東京理科大学 通信ネットワークにおける装置故障率の時系列解析 ~ カルマンフィルタを用いた状態空間モデル ~
船越裕介NTTCQ2017-50
筆者は通信ネットワーク装置の故障率を状態空間モデルを用いてベイズ推定し,その結果を用いて予測を行った.その推定アルゴリズ... [more] CQ2017-50
pp.1-6
CQ 2017-07-27
12:05
兵庫 神戸大学 通信ネットワークにおける装置故障率の時系列解析 ~ 状態空間モデルのベイズ推定 ~
船越裕介NTTCQ2017-35
筆者は通信ネットワーク装置の故障率をARIMA モデルによる時系列解析し,その結果を用いて予測を行った.しかし装置の種類... [more] CQ2017-35
pp.37-42
CQ 2016-07-27
14:00
大阪 関西学院大学大阪梅田キャンパス 通信ネットワークにおける予備装置数の推定に関する検討 ~ 二項分布による別解 ~
船越裕介松川達哉鍔木拓麿NTTCQ2016-41
筆者らは通信ネットワーク装置の過去の故障率から,翌月に必要な予備装置数を推定する方法を検討してきた.しかし,この方法では... [more] CQ2016-41
pp.49-54
IN 2015-10-15
14:30
大阪 大阪大学 通信ネットワークにおける装置故障率の時系列解析
船越裕介松川達哉鍔木拓磨NTTIN2015-53
通信ネットワークの装置故障率は時系列データであり,詳細な性質を調べるには時系列解析が必要である.本稿では故障率データを基... [more] IN2015-53
pp.1-6
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2015-03-03
09:45
東京 成蹊大学 6号館6階 通信ネットワークにおける予備装置数の推定に関する検討
船越裕介松川達哉鍔木拓磨NTTCQ2014-113
筆者らは通信ネットワークにおける故障率の推定法を検討してきた.この方法は装置数の増減に対応しており,柔軟な推定が可能であ... [more] CQ2014-113
pp.7-12
IN 2014-10-16
14:55
大阪 大阪大学 通信ネットワーク障害による影響の定量化に関する検討
船越裕介松川達哉NTTIN2014-75
通信ネットワーク障害による影響の定量化には,従来から影響ユーザ数とサービス中断時間の積が用いられる.しかし,影響ユーザ数... [more] IN2014-75
pp.7-12
IN, NWS
(併催)
2014-01-23
11:10
愛知 名古屋国際センター 通信ネットワークの信頼性評価の普及に向けた一検討
船越裕介松川達哉NTTIN2013-119
筆者らは,これまでに通信ネットワークに特化した信頼性評価技術の研究を進め,基礎となる部分の検討を概ね完了させている.しか... [more] IN2013-119
pp.9-14
RCS, NS
(併催)
2013-12-19
09:25
香川 高松市文化芸術ホール 極値理論を用いた通信ネットワークにおける大規模障害の分析
船越裕介松川達哉NTTNS2013-136
通信ネットワークで発生する大規模障害は,原因が異なるだけでなく,影響ユーザ数とサービス中断時間も全て異なるため,その発生... [more] NS2013-136
pp.13-18
ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2013-07-19
17:10
静岡 アクトシティ浜松 資本損失を考慮した通信サービス途絶時の経済被害額評価法の提案
中西靖人唐澤秀一越地弘順船越裕介松林泰則NTTNS2013-70
筆者らは,通信サービス途絶時の社会的影響を経済被害額として評価する手法の検討を進めてきた.
通信サービス途絶の影響をコ... [more]
NS2013-70
pp.197-202
CQ 2013-07-11
13:00
北海道 北海道大学 装置数の増減に対応した故障率推定法 ~ 計算方法の改善 ~
船越裕介越地弘順NTTCQ2013-14
筆者らは,既に通信ネットワークの装置数の増減に対応した故障率推定法を提案している.この方法では累積故障件数の1 階微分と... [more] CQ2013-14
pp.1-6
NS 2013-01-25
12:05
熊本 熊本大学 通信サービス途絶による経済被害額評価法の検討
中西靖人唐澤秀一船越裕介松林泰則NTTNS2012-159
近年,通信サービスは生活の隅々にまで浸透し,社会基盤として深く根付いている.そのため,通信サービス途絶による社会的影響は... [more] NS2012-159
pp.105-110
IN, IA
(併催)
2012-12-14
16:10
広島 広島市立大学 通信ネットワークの修理時間分布と修理パターンに関する検討
船越裕介越地弘順NTTIN2012-137
筆者らは,通信ネットワークの修理時間分布が混合対数正規分布に従い,かつ,分布の混合モデル数が修理パターンに対応することを... [more] IN2012-137
pp.91-96
CQ, ICM, NS
(併催)
2012-11-15
09:40
滋賀 長浜バイオ大学 通信規模を考慮した信頼性評価法の検討 ~ 評価手法の検証と活用方法について ~
越地弘順船越裕介唐澤秀一松林泰則NTTCQ2012-59
昨年の東日本大震災でも明らかになっているように,災害時の通信確保に対する社会的要求が高まっている.通信事業者では,災害時... [more] CQ2012-59
pp.13-18
PRMU, MVE
(共催)
CQ, IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2012-01-19
11:40
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス IPTVサービスの信頼性評価手法に関する一検討
中西靖人越地弘順船越裕介NTT)・渡邉 均東京理科大CQ2011-64
市中製品を多用する近年のIPネットワークでは,サービス構築や機能追加が短期間に実施されるため,運用中のネットワーク信頼性... [more] CQ2011-64
pp.49-54
IN, IA
(併催)
2011-12-15
12:45
広島 広島市立大学 通信ネットワークの保全性に関する検討 ~ 対数正規分布を用いたカーネル密度計算の改善 ~
船越裕介中西靖人NTTIN2011-107
筆者らは,これまでに通信ネットワークの故障データを用いた信頼性評価技術を確立し,体系化を進めてきた.特に,データ解析にお... [more] IN2011-107
pp.1-6
RCS, IN
(併催)
2011-05-26
10:30
東京 機械振興会館 通信ネットワークの保全性に関する検討 ~ ノンパラメトリックな方法における処理時間の短縮 ~
船越裕介松川達哉中西靖人NTTIN2011-19
筆者らは,これまでに通信ネットワークの故障データを用いた信頼性評価技術を確立し,体系化を進めてきた.特に,データ解析にお... [more] IN2011-19
pp.7-12
IN 2011-04-21
14:25
香川 香川大学 通信ネットワークの保全性に関する検討 ~ ノンパラメトリックな計算と分析精度の向上 ~
船越裕介松川達哉中西靖人NTTIN2011-5
筆者らは,これまでに通信ネットワークの故障データを用いた信頼性評価技術を確立し,体系化を進めてきた.特に,データ解析にお... [more] IN2011-5
pp.23-28
NS 2010-01-28
12:05
福岡 福岡システムLSI総合開発センター 実故障データに基づく通信ネットワークの不稼働率シミュレーション ~ 影響規模と修復時間の相関の再現 ~
船越裕介松川達哉NTTNS2009-147
筆者らは,市販装置によって構成されるIP網の,運用中の信頼性管理の重要性を訴求し,実際の故障データを駆使した管理尺度を確... [more] NS2009-147
pp.29-34
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会