お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, MSS
(併催)
2019-03-14
12:55
福井 福井大学 文京キャンパス THD解析を用いた多相同期CMOS LC発振器における結合素子特性の比較
赤尾健太茂呂征一郎福井大NLP2018-124
同期現象は自然界では蛍の発光や時計の振り子など多くの場所で観察される. この現象の応用として, PLL回路や周波数シンセ... [more] NLP2018-124
pp.1-6
NLP, MSS
(併催)
2019-03-15
14:30
福井 福井大学 文京キャンパス ハールウェーブレット変換を用いた偏微分方程式の数値解析
小倉顕弘平田凌士茂呂征一郎福井大NLP2018-136
近年、ハールウェーブレット変換を用いた数値解析が注目されている。特に、ハールウェーブレット変換の積分系が注目されており、... [more] NLP2018-136
pp.63-68
NC, NLP
(併催)
2017-01-26
10:55
福岡 北九州学術研究都市 産学連携センター ハールウェーブレット変換を用いた非線形回路の不安定周期解の一解法
髙松航平中林達哉茂呂征一郎福井大NLP2016-100
不安定周期解がカオス制御を容易にすることは知られているが、少しの数値誤差でも不安定周期解を求めることが困難になる。そこで... [more] NLP2016-100
pp.19-24
NLP, CCS
(共催)
2015-06-11
10:55
東京 早稲田大学 硬い発振器の結合ネットワークに見られる振幅切り替り現象
平野亮太北村拓也・○茂呂征一郎福井大NLP2015-43 CCS2015-5
本研究では,非線形特性が5次多項式で表されるいわゆる硬い発振器を結合したランダムネットワークに見られる振動現象を調べてい... [more] NLP2015-43 CCS2015-5
pp.25-30
NLP 2015-01-26
14:20
大分 コンパルホール スケールフリー構造をもつ結合発振器ネットワークに見られるカオス現象
北村拓也茂呂征一郎福井大NLP2014-121
近年、結合発振器の様々な同期現象や振動現象がさかんに調査されている。その中で、同じ固有振動数を持つN個の発振器を1つの抵... [more] NLP2014-121
pp.47-52
NLP 2012-12-17
15:50
福井 福井市地域交流プラザ 結合に遅延を含む複雑ネットワークにおける振動現象とセンターノードに関する考察
森下 猛茂呂征一郎福井大NLP2012-94
 [more] NLP2012-94
pp.35-38
NLP 2012-12-18
11:10
福井 福井市地域交流プラザ 非線形素子を含むパワーエレクトロニクス回路のハールウェーブレット変換を用いた解析法とその評価
望月政孝茂呂征一郎福井大NLP2012-101
 [more] NLP2012-101
pp.69-74
NLP 2012-03-27
14:40
長崎 福江文化会館 ハールウェーブレット変換を用いる非線形回路の定常周期解の解析
茂呂征一郎福井大NLP2011-145
近年,ウェーブレット変換を用いた回路解析法が注目を浴びている.特に,我々はウェーブレットの解像度を適応的に選択し回路解析... [more] NLP2011-145
pp.23-28
NLP 2011-05-27
14:05
香川 小豆島オリーブ公園オリーブ記念館大研修室 ハールウェーブレットを用いる回路解析法の評価と改善
茂呂征一郎庄司立幸福井大NLP2011-19
近年,ウェーブレット変換を用いた回路解析法が注目を浴びている.特に,我々はウェーブレットの解像度を適応的に選択することが... [more] NLP2011-19
pp.89-93
MSS 2010-08-02
14:50
石川 金沢学院大 サテライト教室 定常連続システムから離散状態システムを得るための一手法
松本 忠恐神正博福井工大)・茂呂征一郎福井大CST2010-34
連続システム$ Ax = b ( A = [ a_{ij}] \in R^{m \times n}, b = [ b_i... [more] CST2010-34
pp.13-18
NLP 2010-07-12
10:05
石川 石川県文教会館 環状結合MEMS発振器に見られる同期現象
平田智昭茂呂征一郎福井大NLP2010-30
 [more] NLP2010-30
pp.7-12
NLP 2008-12-09
16:15
石川 石川県文教会館 2N-phase Oscillation in RF CMOS LC Oscillators Coupled by Mutual Inductors
Toshihiro KawanariSeiichiro MoroUniv. of FukuiNLP2008-75
 [more] NLP2008-75
pp.29-34
NLP 2008-12-10
16:55
石川 石川県文教会館 Adaptive Choice of Resolution in a Method for Circuit Analysis using Haar Wavelet Transform
Masanori OishiSeiichiro MoroUniv. of Fukui)・Tadashi MatsumotoFukui Univ. of Tech.NLP2008-92
本報告では, ハールウェーブレット変換を用い, 適応的な解像度をもつ回路解析法を提案している. これまでに, ウェーブレ... [more] NLP2008-92
pp.119-124
MSS 2008-08-05
10:45
静岡 静岡大学(浜松キャンパス)工学部システム工学科棟3階A31教室 時間なし連続ペトリネットの状態方程式の解について
松本 忠恐神正博福井工大)・茂呂征一郎福井大CST2008-21
従来の(離散)ペトリネットでは,その状態を表すトークンの個数が非負整数値をとり,トランジションの発火が一瞬に起こるという... [more] CST2008-21
pp.53-58
NLP 2007-12-19
13:50
福井 福井工業大学 CMOS LC発振器の相互インダクタ結合による多相発振
川成俊寛茂呂征一郎福井大NLP2007-110
本研究では複数のCMOS LC発振器を相互インダクタによって結合することにより生じる多相発振について調査している. 発振... [more] NLP2007-110
pp.11-16
NLP 2007-12-20
11:15
福井 福井工業大学 ひずみ波交流理論を用いた星形結合発振器の同期現象の検討
茂呂征一郎福井大)・松本 忠福井工大NLP2007-123
星形結合ウィーンブリッジ発振器の結合系においては,各発振器の位相が同相もしくは$\pm 120^{\circ}$ずれて同... [more] NLP2007-123
pp.17-20
MSS, CAS
(共催)
2007-11-30
13:25
新潟 新潟大学自然科学研究科 P/Tペトリネットの可到達性判定の代数的試みについて
松本 忠恐神正博福井工大)・茂呂征一郎福井大CAS2007-78 CST2007-29
離散事象システムの有用なモデルの1つであるP/Tペトリネットの挙動を考える際に,最も基本となる問題である可到達問題の代数... [more] CAS2007-78 CST2007-29
pp.27-30
CAS, MSS
(共催)
2006-11-20
11:30
長崎 長崎大学 文教キャンパス 総合教育研究棟 2F多目的ホール, 3F大講義室 P/Tペトリネットの発火回数ベクトルをTインバリアントと特解で表すときの展開係数導出法
松本 忠福井工大)・茂呂征一郎福井大)・恐神正博福井工大
 [more] CAS2006-45 CST2006-21
pp.19-24
NLP 2006-07-04
09:55
石川 金沢大学大学院自然科学研究科 パルス駆動された星形結合発振器の位相パターンの切り替りの様子について
茂呂征一郎福井大)・松本 忠福井工大
 [more] NLP2006-35
pp.7-12
NLP 2006-01-24
14:00
徳島 四国大学 パルス駆動星形結合LC発振器におけるパルスユニットの個数について
茂呂征一郎浜本敬輔福井大)・松本 忠福井工大
 [more] NLP2005-108
pp.61-65
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会