お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC 2011-10-20
11:00
東京 機械振興会館 上界のない整数型変数を有する並行システムに対するk帰納法を用いたモデル検査
井上裕之土屋達弘菊野 亨阪大DC2011-20
モデル検査において上界のない整数型変数を有するシステムを対象とした場合,状態数は無限となるため,状態全てを個々に探索する... [more] DC2011-20
pp.1-5
DC 2011-10-20
14:40
東京 機械振興会館 ネットワークコーディングに基づくゴシップの提案
徳山 瞬土屋達弘菊野 亨阪大DC2011-25
ゴシップは,分散システムにおけるブロードキャスト手法の一つである.ゴシップでは,ブロードキャストを行うノードが,メッセー... [more] DC2011-25
pp.31-36
KBSE, SS
(共催)
2011-07-29
14:30
北海道 北海道情報大学 ソースコードの構造に対する体系的変更内容の復元
畑 秀明阪大)・水野 修京都工繊大)・菊野 亨阪大SS2011-18 KBSE2011-15
リファクタリングなどのソースコード構造の変更はソフトウェア開発において不可避な活動であり,保守性向上の面で推奨もされてい... [more] SS2011-18 KBSE2011-15
pp.31-36
SS 2011-03-08
13:30
沖縄 沖縄県青年会館 コントロールフローグラフにおける辺のペアを考慮したコードカバレッジの提案と評価
西本 哲土屋達弘菊野 亨阪大SS2010-76
 [more] SS2010-76
pp.139-144
SS 2010-12-14
14:40
群馬 伊香保温泉 ホテル天坊 メソッドに対するコメント文記述の変更履歴とメソッドの不具合との関係に関する実証的考察
畑 秀明阪大)・水野 修京都工繊大)・菊野 亨阪大SS2010-41
コメント文はソースコードの理解を助ける働きが期待されるが,
不適切なコメント文は不具合の要因となる可能性がある.
ソ... [more]
SS2010-41
pp.13-18
DC 2010-10-14
14:40
東京 機械振興会館 Webアプリケーションの脆弱性検出を目的とした自動テストツールの性能評価
中井亮介土屋達弘菊野 亨阪大DC2010-21
本研究ではWebアプリケーションの脆弱性検出ツールを用いた実験を行い,False Positiveの割合などを基準として... [more] DC2010-21
pp.19-23
DC 2010-10-14
15:10
東京 機械振興会館 GPUを用いた状態可到達性解析の高速化
仲田善満土屋達弘菊野 亨阪大DC2010-22
状態可到達性解析とは,システム検証のために状態空間を探索する処理である.この処理はモデル検査などの自動検証において欠かせ... [more] DC2010-22
pp.25-29
SS 2010-10-15
10:15
岩手 岩手県立大学 欠損を含むプロジェクトデータからのプロジェクト成否予測のための特徴抽出
出張純也菊野 亨阪大)・菊地奈穂美OKI)・平山雅之情報処理推進機構SS2010-35
本研究では,企業で収集されている欠損を含むソフトウェア開発プロジェクトデータから,プロジェクトの成否と関連がある特徴の抽... [more] SS2010-35
pp.43-48
SS 2010-03-08
14:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス メソッド呼び出しに関する不具合修正での変更作業の分析
森井亮介畑 秀明阪大)・水野 修京都工繊大)・菊野 亨阪大SS2009-57
ソフトウェア開発において,プログラムの再利用のために,API(Application Program Interface... [more] SS2009-57
pp.55-60
DC 2009-10-20
13:00
東京 機械振興会館 ラウンドモデルからの変換による非同期コンセンサスアルゴリズムの導出
赤井和幸土屋達弘菊野 亨阪大DC2009-25
コンセンサスは分散システムの耐故障実現に関わる本質的な問題である.この問題を解くためのアルゴリズムはメッセージ遅延,並行... [more] DC2009-25
pp.19-24
DC 2009-10-20
13:30
東京 機械振興会館 モデル検査を用いたコンセンサスアルゴリズムの合意性検証
野口達也土屋達弘菊野 亨阪大DC2009-26
コンセンサスは,分散システムの耐故障性実現にかかわる本質的な問題である.この問題を解くコンセンサスアルゴリズムの状態空間... [more] DC2009-26
pp.25-30
MSS 2009-06-03
14:50
大阪 摂南大学大阪センター SAT and SMT Based Model Checking of Concurrent Systems
Tatsuhiro TsuchiyaTohru KikunoOsaka Univ.CST2009-4
SATやSMTを用いたモデル検査について議論する.この種のモデル検査手法では,検証問題を論理式の充足可能性判定問題に帰着... [more] CST2009-4
pp.19-23
DC, CPSY
(共催)
2009-04-21
13:00
東京 首都大秋葉原サテライトキャンパス 非構造化オーバーレイネットワーク構築におけるメトロポリス法を用いたアルゴリズムの評価
高村達史土屋達弘菊野 亨阪大CPSY2009-3 DC2009-3
P2P システムの通信はオーバーレイネットワークと呼ばれる仮想的なネットワーク上で行われる.
オーバーレイネットワーク... [more]
CPSY2009-3 DC2009-3
pp.13-17
SS 2009-03-02
14:00
佐賀 佐賀大学本庄キャンパス システム特性を考慮したペアワイズテストの改良
秀島健太郎土屋達弘菊野 亨阪大SS2008-48
ソフトウェア開発工程の多くはテスト工程によって占められており,より少ない工数で,できるだけ多くのフォールトを発見できるテ... [more] SS2008-48
pp.1-6
KBSE 2009-01-20
13:15
東京 機械振興会館地下3階6号室 フォールトプローンモジュール検出手法間の精度比較 ~ Fault-pronenessフィルタリングとロジスティック回帰 ~
劉 華浩水野 修菊野 亨阪大KBSE2008-47
不具合が混入していそうなモジュール (Fault-proneモジュール) の検出はソ
フトウェア開発における重要な問題... [more]
KBSE2008-47
pp.61-66
KBSE 2009-01-20
15:30
東京 機械振興会館地下3階6号室 ソフトウェアメトリクスのデータマイニングによる障害発生要因特定
飯田哲也水野 修菊野 亨阪大)・吉岡幸恵阿南佳之田中又治オムロンソフトウェアKBSE2008-50
本報告では,ソフトウェア出荷後に市場で障害を発生させるプロジェクトの条件を特定すべく,開発プロジェクトから収集されたデー... [more] KBSE2008-50
pp.79-84
R 2008-11-14
15:55
大阪 中央電気倶楽部 A BDD-Based Approach to Reliability-Optimal Module Allocation in Networks
Tatsuhiro TsuchiyaTohru KikunoOsaka Univ.R2008-38
 [more] R2008-38
pp.15-20
DC 2008-10-20
15:25
東京 学術総合センター Interpolationを利用したモデル検査による機能競合の検証
松尾尚文土屋達弘菊野 亨阪大DC2008-26
近年システムの検証法として充足可能性判定を用いた手法が注目されている.
本研究では充足可能性判定を利用して電話通信の競... [more]
DC2008-26
pp.23-28
KBSE, SS
(共催)
2008-05-29
15:15
宮崎 宮崎市民プラザ 大会議室 ソースコード中に含まれる不具合トークンをテキスト分類に基づいて推定するツールの試作と評価
森井亮介水野 修菊野 亨阪大SS2008-4 KBSE2008-4
不具合が混入していそうなモジュール(Fault-prone(FP)モジュール)の検出はソフトウェアテストにおける重要な問... [more] SS2008-4 KBSE2008-4
pp.19-24
DC, CPSY
(共催)
2008-04-23
14:00
東京 東大・武田ホール 耐故障分散アルゴリズムに対するPROMELAモデルの生成
南川恭洋土屋達弘菊野 亨阪大CPSY2008-5 DC2008-5
コンセンサス問題は,耐故障分散システムを実現する上での重要な基本問題である.
しかし,コンセンサスアルゴリズムの設計は... [more]
CPSY2008-5 DC2008-5
pp.25-30
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会