お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCC, ITS, WBS
(共催)
2022-12-14
11:30
滋賀 立命館大学BKC
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ミリ波高速チャープMIMOレーダによる距離・ドップラ画像にCNNを適用したドローン識別手法の基礎検討
黒崎将史小川拳史中村僚兵葉玉寿弥防衛大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCC, ITS, WBS
(共催)
2022-12-14
14:05
滋賀 立命館大学BKC
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ミリ波MIMOレーダによるドローンの時系列イメージングデータに基づくプロペラの信号強度変動特性に関する解析
小川拳史黒崎将史中村僚兵葉玉寿弥防衛大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CQ, CS
(併催)
2022-05-12
11:40
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ディジタルツインを用いた遠隔走行車制御におけるフィードバック周期の影響の実験的評価
皆川昌樹吉本雄大中村僚兵葉玉寿弥防衛大CS2022-2
インターネットを介した走行車遠隔制御において,ディジタルツイン(DT)の利用により伝送遅延や遅延揺らぎの影響を低減できる... [more] CS2022-2
pp.7-11
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
10:05
ONLINE オンライン開催 ミリ波高速チャープ変調レーダを用いた複数のドローンの検知に関する基礎的検討
黒崎将史中村僚兵葉玉寿弥防衛大IT2021-94 ISEC2021-59 WBS2021-62 RCC2021-69
近年,急速に発達普及したドローンは,軍事や農業,エンターテインメント等あらゆる分野で注目されるようになってきた.一方,安... [more] IT2021-94 ISEC2021-59 WBS2021-62 RCC2021-69
pp.72-77
WBS, RCC, ITS
(共催)
2021-12-13
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ミリ波高速チャープ変調レーダによるドローンのマイクロドップラ特性に関する実験的検討
黒崎将史中村僚兵葉玉寿弥防衛大WBS2021-41 ITS2021-15 RCC2021-48
近年,急速に発達普及したドローンは,軍事や農業,エンターテインメント等あらゆる分野で注目されるようになってきた.一方,安... [more] WBS2021-41 ITS2021-15 RCC2021-48
pp.40-44
WBS, MICT
(共催)
2021-07-30
10:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]超広帯域レーダのレンジプロファイル画像を用いた各種CNNモデルによるドローンの識別精度の比較検討
川口大貴中村僚兵葉玉寿弥防衛大WBS2021-22 MICT2021-15
 [more] WBS2021-22 MICT2021-15
pp.1-6
CS, CQ
(併催)
2021-05-14
14:10
ONLINE オンライン開催 状態予測制御器を適用した車両遠隔制御において制御信号バッファリング時間が走行制御特性に及ぼす影響
吉本雄大中村僚兵葉玉寿弥防衛大CS2021-11
 [more] CS2021-11
pp.43-48
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-15
09:30
ONLINE オンライン開催 超広帯域レーダを用いた深層学習に基づくドローンの識別手法の検討
川口大貴中村僚兵葉玉寿弥防衛大WBS2020-21 ITS2020-17 RCC2020-24
 [more] WBS2020-21 ITS2020-17 RCC2020-24
pp.73-78
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-11
09:30
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド)
(開催中止,技報発行あり)
超広帯域レーダによる各種ドローンの識別に関する基礎検討
水嶋 巧中村僚兵葉玉寿弥防衛大IT2019-115 ISEC2019-111 WBS2019-64
近年,ドローン技術は急速に発展しており,軍事,産業,インフラ管理等様々な分野で利用されている.また,安価で高性能な民生用... [more] IT2019-115 ISEC2019-111 WBS2019-64
pp.171-176
CQ, CBE
(併催)
2020-01-17
10:30
東京 NHK放送技術研究所 遠隔制御走行車の走行特性に対するサーバ二重化の効果
渡辺大郎佐藤友彦永井勇希中村僚兵葉玉寿弥防衛大CQ2019-124
 [more] CQ2019-124
pp.95-100
CQ, CBE
(併催)
2020-01-17
10:50
東京 NHK放送技術研究所 走行車の遠隔制御特性の評価手法の考察
佐藤友彦渡辺大郎永井勇希中村遼兵葉玉寿弥防衛大CQ2019-125
 [more] CQ2019-125
pp.101-105
CQ, CBE
(併催)
2019-01-18
09:55
東京 首都大学東京 無線LAN遠隔制御走行車の走行特性に対する遅延変動吸収バッファの効果
永井勇希奥田和也中村僚兵葉玉寿弥防衛大CQ2018-82
無線LANを利用した遠隔制御走行車システムの実現性について検討している.共用型の無線LANを利用する場合,電波環境の変動... [more] CQ2018-82
pp.35-40
CS 2018-07-13
10:55
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) 屋内遠隔制御車いすのための無線LANハンドオーバー技術の提案
奥田和也永井勇希中村僚兵葉玉寿弥防衛大CS2018-38
自律走行を行う車いすの研究開発が進められている.車いすの自動制御技術は,介護のための労力の低減や高齢者の活動サポートに貢... [more] CS2018-38
pp.127-132
CAS, CS
(共催)
2017-02-24
15:35
滋賀 彦根勤労福祉会館 通信網経由遠隔リアルタイム制御に対する伝送品質の影響度の実験的評価
葉玉寿弥後藤和正皆川昌樹長崎兼大中村僚兵防衛大CAS2016-134 CS2016-95
自動車の自動運転技術は実用化が近い.小型無人機についても,自動操縦を低コストで実現できれば,様々な分野への応用が期待でき... [more] CAS2016-134 CS2016-95
pp.111-116
SAT, WBS
(併催)
2016-05-20
10:45
愛知 名古屋工業大学 マルチスタティック配置した超広帯域無線センサを用いた動体位置推定法の一検討
中村僚兵葉玉寿弥防衛大WBS2016-10
近年,人々の安全・安心な社会の実現への要求が高まっており,高齢者の見守りや侵入者検知などを目的として対象(動体)の距離や... [more] WBS2016-10
pp.53-58
CS, OCS
(併催)
2016-01-21
14:05
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) モバイル網を利用した遠隔無人機制御のためのスパイク遅延回避法の検討
小倉雅樹中村僚兵葉玉寿弥防衛大CS2015-79
無人機の新たな利用価値が注目されており、適用領域が拡大している。遠隔制御型の無人機は信号伝送のために通信リンクが必要であ... [more] CS2015-79
pp.37-42
CS 2014-11-06
08:30
北海道 知床(北海道) モバイル端末のGPS時刻を用いた片道伝送遅延時間測定の測定精度
葉玉寿弥小倉雅樹千葉直樹中村僚兵防衛大CS2014-56
 [more] CS2014-56
pp.13-18
CS 2014-07-03
11:10
鹿児島 南種子町商工会会議室(種子島) リアルタイム遠隔機器制御のための無線LAN並列伝送プロトコルの特性評価
葉玉寿弥千葉直樹小倉雅樹中村僚兵防衛大CS2014-21
人が近づけない危険な場所におけるロボット操作や上空からのフィールドモニタなど、無人機器の遠隔操作のニーズが高まっている。... [more] CS2014-21
pp.25-30
CS 2011-07-07
10:55
沖縄 久米島 上り送信要求の方法および送信優先順位の異なるONUの同時収容を可能にするDiversity DBA
村山大輔太田憲行鈴木謙一吉本直人葉玉寿弥NTTCS2011-13
EPONのDBAにおいて,ONUが通知する送信要求の方法およびONU上りバッファ内での送信優先順位が異なるONUが存在し... [more] CS2011-13
pp.17-22
CS 2011-07-07
15:05
沖縄 久米島 [特別招待講演]高速化・低消費電力化を目指す光アクセスネットワーク技術
葉玉寿弥NTTCS2011-19
ブロードバンドサービスが拡大し,ネットワークを通過するトラヒックが増大し続けている.本講演では,高速化・低消費電力化を目... [more] CS2011-19
pp.53-57
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会