お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 345件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR, UWT
(併催)
2023-01-26
13:15
東京 東海大学 高輪キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]電力検出キャリアセンスを用いた異パケット長混在LPWANの特性
成枝秀介三重大)・藤井威生電通大
 [more]
SR, UWT
(併催)
2023-01-27
14:10
東京 東海大学 高輪キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LPWANにおける電力検出キャリアセンスの検出レベル最適化
成枝秀介三重大)・藤井威生電通大
 [more]
SR, UWT
(併催)
2023-01-27
14:35
東京 東海大学 高輪キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
非地上系ネットワーク向け無線空間データベースの実験的評価
板山雄祐中條宏郁松尾祥吾藤井威生電通大
 [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-24
13:00
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数GW間連携に基づくLPWAマルチシステム間逐次干渉除去技術の検討
角田真一朗藤井威生電通大)・成枝秀介三重大SRW2022-16
近年,省電力長距離通信を可能とするLPWA (Low Power Wide Area) 端末数が急増の一途を辿っている.... [more] SRW2022-16
pp.1-6
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-15
09:55
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
周波数チャネル毎のDC環境下におけるパケット型インデックス変調の検討
志田洋斗鈴木康介安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大RCS2022-156
 [more] RCS2022-156
pp.7-12
SR 2022-11-07
10:20
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数干渉波環境を想定したLPWANの収容可能端末数下限値の導出
隈元大輔成枝秀介三重大)・藤井威生電通大)・成瀬 央三重大SR2022-47
 [more] SR2022-47
pp.15-19
SR 2022-11-07
11:00
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]パケット型インデックス変調における送信制御を考慮した最適インデックス設計の改良
宮本隆司田久 修藤原洋志信州大)・安達宏一電通大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大SR2022-49
 [more] SR2022-49
pp.24-28
SR 2022-11-07
12:10
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]パケット型インデックス変調方式の実用化検討について
太田真衣福岡大)・藤井威生安達宏一電通大)・田久 修信州大SR2022-50
これまで,筆者らはLow Power Wide Area(LPWA)を対象とし,さまざまな制約条件の中,伝送ビット数を増... [more] SR2022-50
p.29
SR 2022-11-07
15:30
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[技術展示]5次元無線空間データベース
中條宏郁板山雄祐松尾祥吾藤井威生電通大SR2022-56
研究開発が進められている次世代移動通信システム(Beyond 5G/6G)において重要な課題となっているのが,新規周波数... [more] SR2022-56
pp.58-63
SR 2022-11-08
09:30
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
歩路間通信における消費電力と通信信頼性を考慮した端末送信間隔制御手法の検討
吉村拓也向田敦紀沖 典之上田有由夢藤井威生電通大SR2022-57
運転の完全自動化の実現には,歩行者の安全の保証が重要なため,無線通信を用いた位置情報共有による歩行者認識技術の研究が行わ... [more] SR2022-57
pp.64-70
SR 2022-11-08
09:55
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線環境データベースを用いたV2Xにおける無線アクセス技術の適応選択
向田敦紀藤井威生電通大SR2022-58
自動運転システムの発達に伴い,自律型自動運転車と既存の自動車が同じ道路を走行する日も遠い未来ではなくなっている.将来起こ... [more] SR2022-58
pp.71-77
SR 2022-11-08
10:20
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
物理量変換一括収集法における搬送波周波数オフセットの切り替えによる収集精度の向上
伊藤 利田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生安達宏一電通大SR2022-59
センサ情報を搬送波に変換して伝送する無線物理量変換一括収集法(PhyC-SN)における衝突検知の方法として周波数オフセッ... [more] SR2022-59
pp.78-83
SR 2022-11-08
15:45
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Sub-GHz帯LPWANにおける電力検出キャリアセンスの信号検出レベルのセルフチューニング
成枝秀介三重大)・藤井威生電通大SR2022-69
 [more] SR2022-69
pp.120-125
SR 2022-11-08
16:10
福岡 福岡大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]雑音電力推定誤差が電力検出キャリアセンスを用いたSub-GHz帯LPWANに与える影響
成枝秀介三重大)・藤井威生電通大SR2022-70
 [more] SR2022-70
pp.126-128
RISING
(第三種研究会)
2022-10-31
10:30
京都 京都テルサ(1日目),オンライン開催(2,3日目) [ポスター講演]受信アンテナ選択による無線物理量変換一括収集法の衝突検知の高検出化
伊藤 利田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生安達宏一電通大
センサ情報を搬送波に変換して伝送する無線物理量変換一括収集法(PhyC-SN)における衝突検知の方法として,周波数オフセ... [more]
RISING
(第三種研究会)
2022-10-31
13:00
京都 京都テルサ(1日目),オンライン開催(2,3日目) [ポスター講演]学習を用いた環境適応無線MACプロトコル設計の検討
有賀高志郎藤井威生電通大
近年,Internet of Things(IoT)の発展とともに無線通信を行うデバイス数が急激に増加している.様々なデ... [more]
RISING
(第三種研究会)
2022-10-31
15:00
京都 京都テルサ(1日目),オンライン開催(2,3日目) [ポスター講演]A Trustworthy Approach for Radio Environment Map Construction in CRNs
Ying GAOTakeo FujiiUEC
 [more]
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
17:40
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LPWANにおけるクロックドリフトを活かしたリソース割り当て法
蕪木碧仁安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大RCS2022-111
 [more] RCS2022-111
pp.78-83
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
09:50
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
電波マップとマルチビームアンテナモデルに基づいたミリ波ビームパターン推定手法の検討
松尾祥吾中條宏郁宮本 直藤井威生電通大)・若藤健司ニ瓶亮太吉田昂平NECRCS2022-120
高精度な電波伝搬推定手法として電波マップが注目されているが,電波マップには平均受信電力の内挿・ 外挿が必要である.複雑な... [more] RCS2022-120
pp.132-137
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
10:40
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
パケット型インデックス変調におけるチャネルアクティビティ検出を用いたインデックスマッピング手法の検討
鈴木康介安達宏一電通大)・太田真衣福岡大)・田久 修信州大)・藤井威生電通大RCS2022-122
 [more] RCS2022-122
pp.144-149
 345件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会