お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP 2022-08-02
09:25
ONLINE オンライン開催 ReLU派生関数を用いたChaotic Neural Network Reservoirによる時系列予測の性能評価
齋東龍也藤田実沙中京大NLP2022-27
近年,時系列データに適した高速学習が行えるリザバーコンピューティングが注目されている.
また,その派生であるカオスニュ... [more]
NLP2022-27
pp.7-10
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
11:50
ONLINE オンライン開催 シグマデルタセルラーニューラルネットワークによる減色に基づく画像圧縮手法の一検討
中嶋文俊伊藤有香水野愛唯中京大)・水谷涼平ヤマザキマザック)・藤田実沙中京大)・大竹 敢玉川大)・○青森 久中京大NLP2021-5 CCS2021-5
近年,Webサービスが広範に普及し,その利用が拡大している.Webサービスでは,PNG画像が基盤的に利用されているが,従... [more] NLP2021-5 CCS2021-5
pp.20-23
NLP 2019-05-10
16:25
大分 J:COM ホルトホール大分 ネットワーク中心性を使用したShortest Path Heuristic
藤田実沙東京理科大)・木村貴幸日本工大)・池口 徹東京理科大NLP2019-8
グラフ的シュタイナー木問題に対する構築法として,Distance Network HeuristicとShortest ... [more] NLP2019-8
pp.41-46
CAS, NLP
(共催)
2018-10-18
15:30
宮城 東北大学 異なる不応性を有するニューラルネットワークによるグラフ的シュタイナー木問題の解探索性能の比較
藤田実沙東京理科大)・木村貴幸日本工大)・池口 徹東京理科大CAS2018-46 NLP2018-81
我々は既に,カオスニューラルネットワークを用いたグラフ的シュタイナー木問題の解法を提案し,それが良い性能を示すことを報告... [more] CAS2018-46 NLP2018-81
pp.51-56
NLP 2015-04-23
15:50
香川 香川県社会福祉総合センター(高松市) タブーサーチを用いたシュタイナー木構築問題の解法
藤田実沙木村貴幸神野健哉日本工大NLP2015-11
 [more] NLP2015-11
pp.49-52
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会