お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-23
13:40
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 ホールスラスタ内部解析用PIC法計算のArria 10 SoC FPGAへの実装
野田裕之慶大)・宮島敬明理研)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大CAS2018-109 ICD2018-93 CPSY2018-75
ホールスラスタは, 世界規模で活発に開発が行われている全電化衛星の推進機構として知られている. 開発 コスト面での制約上... [more] CAS2018-109 ICD2018-93 CPSY2018-75
pp.119-124
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-08
14:25
熊本 くまもと県民交流館パレア FPGAベースのSoCを用いた衛星エンジンシミュレーションの高速化
酒井諒太郎慶大)・宮島敬明JAXA)・野田裕之慶大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大CPSY2017-48
衛星に搭載されるホールスラスタは,ホール効果を利用した電気推進エンジンのひとつであり,
他の電気推進エンジンよりも電力... [more]
CPSY2017-48
pp.69-74
CPSY, DC, IPSJ-ARC
(連催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-05-23
17:50
北海道 登別温泉第一滝本館 Particle-In-Cell法における集約処理のOpenCLを用いた最適化
野田裕之酒井諒太郎慶大)・宮島敬明藤田直行JAXA)・天野英晴慶大CPSY2017-9 DC2017-9
Particle-In-Cell(PIC)法は、衛星エンジンのひとつであるホールスラスタの研究開発の際に用いられる数値シ... [more] CPSY2017-9 DC2017-9
pp.45-50
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
15:30
沖縄 具志川農村環境改善センター ホールスラスタ・シミュレーションにおける割付処理のAltera SDK for OpenCLを用いた高速化
野田裕之酒井諒太郎慶大)・宮島敬明藤田直行JAXA)・天野英晴慶大CPSY2016-158 DC2016-104
Full Particle-In-Cell(Full-PIC)法は、電気推進エンジンの一種であるホールスラスタの研究開発... [more] CPSY2016-158 DC2016-104
pp.375-380
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2016-08-10
16:15
長野 キッセイ文化ホール(松本) Zynqを用いた衛星エンジンシミュレーションの高速化の検討
酒井諒太郎慶大)・宮島敬明JAXA)・杉本 成慶大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大CPSY2016-36
衛星に搭載されるホールスラスタは、ホール効果を利用した電気推進エンジンのひとつであり、他の電気推進エンジンよりも電力の推... [more] CPSY2016-36
pp.263-268
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-01
13:10
長崎 長崎県勤労福祉会館 GPUをもちいたホールスラスタ・シミュレーションの割り付け処理の高速化の検討
宮島敬明張 科寅藤田直行JAXACPSY2015-62
電気推進エンジンは、従来の化学推進エンジンに比べ1桁程度高い比推力と搭載推進剤重量の削減による軽量化により、宇宙における... [more] CPSY2015-62
pp.7-12
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
09:30
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス FLOPS-2Dの低レベル通信制御機構の実装と性能評価
喜屋武克樹新垣 誠平井裕介仲宗根宏貴琉球大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大)・長名保範琉球大VLD2014-134 CPSY2014-143 RECONF2014-67
FLOPS-2Dは計算流体力学のアクセラレータのプロトタイプとして開発されたマルチFPGA計算機システムであり、メモリと... [more] VLD2014-134 CPSY2014-143 RECONF2014-67
pp.139-143
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
09:15
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) マルチFPGAシステムにおける演算パイプラインの自動設計の実現に向けた研究
平井裕介喜屋武克樹新垣 誠琉球大)・天野英晴慶大)・藤田直行JAXA)・長名保範琉球大RECONF2014-34
航空機設計などに用いられる数値計算流体力学など計算科学の諸分野では常に
計算機の能力が不足しており, より高性能な計算... [more]
RECONF2014-34
pp.1-6
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-28
17:45
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス マルチFPGAシステムにおける演算モジュールの配置手法の検討
平井裕介仲里和晃琉球大)・Mohamed Sofian bin Abu TalipMishra Dipikarani天野英晴慶大)・藤田直行JAXA)・長名保範琉球大VLD2013-118 CPSY2013-89 RECONF2013-72
航空機設計などに用いられる数値計算流体力学など計算科学の諸分野では常に
計算機の能力が不足しており、より高性能な計算機... [more]
VLD2013-118 CPSY2013-89 RECONF2013-72
pp.97-102
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-29
09:25
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 FaSTARのFPGA実装におけるOut-Of-Order機構の実装と評価
赤嶺公之田舎方健太慶大)・長名保範琉球大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大RECONF2011-45
CFD(Computational Fluid Dynamics)は航空機部品の設計において重要なツールとなっている.C... [more] RECONF2011-45
pp.25-30
RECONF 2011-05-13
09:40
北海道 北海道大学工学部B3棟 FaSTARにおける流束の面積分計算高速化のためのOut-Of-Order機構
赤嶺公之田舎方健太慶大)・長名保範琉球大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大RECONF2011-13
CFDは航空機部品の設計において重要なツールとなっている.CFDパッケージの1 つであるFaSTARは組み合わせて使うこ... [more] RECONF2011-13
pp.73-78
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2011-01-18
17:05
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス 複数のFPGAを用いたデータフローマシン構築の検討
田舎片健太森下博和慶大)・長名保範成蹊大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大VLD2010-115 CPSY2010-70 RECONF2010-84
近年,物理学,化学,経済学といった種々の分野で科学技術計算が用いられている.その計算には,通常多くの浮動小数点演算が含ま... [more] VLD2010-115 CPSY2010-70 RECONF2010-84
pp.205-210
RECONF 2010-05-14
13:40
長崎 長崎温泉 やすらぎ伊王島 (長崎市伊王島町) マルチFPGAプラットフォームFLOPS-2Dにおける演算パイプラインの実装
森下博和・○田舎片健太慶大)・長名保範成蹊大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大RECONF2010-16
近年,航空機の部品設計のシミュレーションに,計算流体力学(CFD: Computational Fluid Dynami... [more] RECONF2010-16
pp.87-92
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2009-12-04
10:00
高知 高知市文化プラザ "FLOPS2D"の設計コンセプト ~ CFDを中心とした浮動小数点カスタム計算機 ~
藤田直行JAXARECONF2009-48
計算機技術の進歩に伴い、HPC(High Performance Computing)システムも高速化、巨大化している。... [more] RECONF2009-48
pp.43-48
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2009-12-04
10:40
高知 高知市文化プラザ マルチFPGAシステムFLOPS-2Dに向けたパイプライン構築手法の検討
森下博和田舎片健太慶大)・長名保範成蹊大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大RECONF2009-50
計算流体力学(CFD : Computatitonal Fluid Dynamics) のアプリケーションの一つであるU... [more] RECONF2009-50
pp.55-60
RECONF 2009-05-15
14:50
福井 福井大学文京キャンパス CFD専用計算機FLOPS-2Dへ向けたUPACS制限関数群モジュール化の検討
田舎片健太森下博和慶大)・長名保範成蹊大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大RECONF2009-17
計算流体力学(CFD)は、航空機の部品の設計のツールとして注目されている。CFDは各研究グループが個々に開発を進めてきた... [more] RECONF2009-17
pp.97-102
RECONF 2009-05-15
15:20
福井 福井大学文京キャンパス FPGAによるUPACSサブルーチンの高速化
横山隆哲森下博和慶大)・長名保範成蹊大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大RECONF2009-18
JAXA の開発した計算流体力学(CFD) パッケージUPACS をFPGA を複数用いた安価な計算システムを用いて高速... [more] RECONF2009-18
pp.103-108
RECONF 2008-05-23
14:50
福島 会津大学 複数のFPGAを用いた高性能流体解析システムの検討
森下博和長名保範慶大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大RECONF2008-21
計算流体力学(CFD)は大量の浮動小数点演算を行うことで知られ、満足な性能を得るためには、強力なスーパーコンピュータを長... [more] RECONF2008-21
pp.119-124
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会