お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CCS 2022-11-17
16:25
三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢 (伊勢市観光文化会館)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
協力行動を基とする全ユーザの到着位置を考慮したAPのシステムスループット特性
加藤 祐宮田純子芝浦工業)・謝 済全村瀬 勉名大
 [more]
IN, RCS, NV
(併催)
2022-05-27
16:25
神奈川 慶應大学 日吉キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アドホックネットワークでの移動制約を考慮したユーザ移動制御におけるスループット向上
稲岡孝汰郎謝 済全名大)・高梨昌樹豊田中研)・牧戸知史名大/豊田中研)・村瀬 勉名大IN2022-12
本稿では、道路上の車両のような移動場所に制約があるようなノードで構成されるアドホックネットワークにおいて、ユーザ移動制御... [more] IN2022-12
pp.56-61
NS, IN
(併催)
2022-03-11
11:20
ONLINE オンライン開催 ユーザ間干渉を考慮したシステムスループット最大化AP接続法
加藤 祐芝浦工大)・謝 済全村瀬 勉名大)・宮田純子芝浦工大IN2021-42
マルチレート環境において,ユーザの協力行動をもとに,システムスループットを最大化させるAP接続法が提案されている.ユーザ... [more] IN2021-42
pp.67-72
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
10:20
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 情報鮮度を考慮した情報フローティングに基づく情報配信制御方式
池田優子小畑博靖広島市大)・謝 済全村瀬 勉名大)・石田賢治広島市大CQ2021-128
大規模な災害時において通信インフラが正常に機能しないときでも,情報を配信可能な方式である情報フローティングが提案されてい... [more] CQ2021-128
pp.154-159
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
16:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) アドホックネットワークにおけるTCP-BBRスループット向上のためのユーザ移動制御手法の提案
伊藤尚幸謝 済全名大)・小畑博靖広島市大)・村瀬 勉名大CQ2021-134
 [more] CQ2021-134
pp.180-185
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
16:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 大規模なアドホックネットワークのための移動ユーザ選択手法
安食拓海謝 済全村瀬 勉名大CQ2021-135
 [more] CQ2021-135
pp.186-191
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
17:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 多段階情報処理システムのエッジノードにおける性能向上のためのVM移動時間を考慮したVM移動制御法の提案
中根和俊安食拓海謝 済全名大)・福島行信岡山大)・村瀬 勉名大CQ2021-136
 [more] CQ2021-136
pp.192-197
IN, NS
(併催)
2021-03-05
14:00
ONLINE オンライン開催 アドホックネットワークにおける相互位置ゲーム手法の マルチユーザ協調移動制御を用いたスループット性能改善
謝 済全村瀬 勉名大IN2020-89
モバイルアドホックネットワーク(MANET)は、5G及びD2Dの進歩に応じて、小規模エリアにおける住宅用または商業用とし... [more] IN2020-89
pp.208-213
NS, IN
(併催)
2020-03-06
13:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
多数のアドホックネットワークにおけるマルチユーザ移動度によるシステムスループットの改善
謝 済全村瀬 勉名大NS2019-245
本稿では、複数のアドホックネットワークにおいて、移動ユーザが複数存在するモデルについて解析を行い、ユーザ移動により向上す... [more] NS2019-245
pp.383-387
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会