お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2022-05-24
15:35
神奈川 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
周波数拡散シールドの基礎検討
古谷航一小林 剛福井範行谷口英司三菱電機SANE2022-11
電磁波の傍受確率低減のための,周波数拡散電磁シールドの基礎検討を行った.提案シールドは,透過特性が時間的に変調されている... [more] SANE2022-11
pp.56-60
EMCJ 2022-01-21
14:30
ONLINE オンライン開催に変更 時間変調周波数選択シールドによる基本波の抑制
古谷航一小林 剛福井範行谷口英司三菱電機EMCJ2021-68
透過特性を時間的に変調した周波数選択シールドの基礎検討を行った.時間変調周波数選択シールドの透過電磁波スペクトラムは,入... [more] EMCJ2021-68
pp.40-45
SANE 2017-05-22
11:25
東京 機械振興会館 TDCを用いた瞬時周波数検出回路の高分解能化・高精度化
平井暁人堤 恒次谷口英司下沢充弘三菱電機SANE2017-5
 [more] SANE2017-5
pp.23-28
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2016-10-20
10:30
宮城 東北大学 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMO用1.4度rms精度6ビットベクトル合成型移相器
丸山隆也堤 恒次谷口英司下沢充弘三菱電機EMCJ2016-62 MW2016-94 EST2016-58
ベクトル合成型移相器の移相量誤差低減について述べる. 一般的にベクトル合成型移相器はI-Q信号生成器と2つの可変利得増幅... [more] EMCJ2016-62 MW2016-94 EST2016-58
pp.15-19
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2016-10-20
10:55
宮城 東北大学 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMO向け4チャネル内蔵送受信RFコアチップ
山本 航堤 恒次丸山隆也藤原孝信杣田一郎萩原達也谷口英司下沢充弘三菱電機EMCJ2016-63 MW2016-95 EST2016-59
第5世代移動通信システム(5G)において,ビームフォーミング技術によるMassive MIMOを実現するためAPAA(A... [more] EMCJ2016-63 MW2016-95 EST2016-59
pp.21-24
MW 2016-05-20
11:10
京都 京都大学 宇治キャンパス ループフィルタ極性切り替え形高速チャープ信号生成PLL-IC
堤 恒次谷口英司三菱電機MW2016-19
レーダ等で用いる周波数チャープ信号を生成する手段の一例として,PLL(Phase Locked Loop)を用いる方式が... [more] MW2016-19
pp.47-50
MW, WPT
(共催)
2016-04-21
11:30
東京 機械振興会館 低抵抗・高耐圧GaAs SBDを用いた5.8GHz帯高効率整流器の試作結果
中村茉里香山口裕太郎津留正臣相原育貴下川床 潤本間幸洋谷口英司三菱電機WPT2016-3 MW2016-3
宇宙太陽光発電システム等のマイクロ波電力伝送システムの受電部に用いられる整流器には, 高入力電力時におけるRF-DC変換... [more] WPT2016-3 MW2016-3
pp.11-15
MW 2015-11-19
11:00
沖縄 琉球大 TDCを用いた瞬時周波数検出回路の高分解能化、高精度化の検討
平井暁人堤 恒次谷口英司三菱電機MW2015-122
 [more] MW2015-122
pp.11-16
MW 2015-05-29
09:30
東京 電気通信大 0.18um SiGe-BiCMOSリング型自己注入同期VCOの試作
津留正臣谷口英司三菱電機MW2015-28
発振器の低位相雑音化手法の一つとして自己注入同期法が報告されている.従来の自己注入同期発振器においては帰還回路を同軸ケー... [more] MW2015-28
pp.43-47
WPT, MW
(共催)
2015-04-16
15:50
東京 機械振興会館 高耐圧GaAs SBDを用いた5.8GHz帯高効率整流器の試作結果
中村茉里香山口裕太郎津留正臣相原育貴山本敦士本間幸洋谷口英司三菱電機WPT2015-5 MW2015-5
宇宙太陽光発電システム等のマイクロ波電力伝送システムの受電部に用いられる整流器には, 高入力電力時におけるRF-DC変換... [more] WPT2015-5 MW2015-5
pp.21-25
ICD, ITE-IST
(連催)
2014-07-03
10:00
島根 出雲市(島根県) TDCを用いた瞬時周波数検出回路
平井暁人堤 恒次谷口英司三菱電機ICD2014-19
近年,遅延線を用いない方式の一つとして,周波数カウンタによる瞬時周波数検出方式が提案されている.本稿では,TDC(Tim... [more] ICD2014-19
pp.1-6
WPT 2014-06-06
13:55
東京 東京大学 高耐圧GaAsショットキーバリアダイオードを用いた5.8GHz帯高効率整流器の検討
田中俊行山口裕太郎津留正臣相原育貴山本敦士本間幸洋谷口英司三菱電機WPT2014-25
宇宙太陽光発電システムなどのマイクロ波電力伝送システムの受電部に用いられる整流器には,高入力電力時に高いRF-DC変換効... [more] WPT2014-25
pp.5-10
MW 2014-03-05
13:30
愛媛 愛媛大学 注入波位相を適応制御した自己注入同期VCO
川崎健吾堤 恒次津留正臣谷口英司三菱電機MW2013-217
本報告では,注入波位相を適応制御する自己注入同期VCOについて述べる.自己注入同期法は,発振器の低雑音化に有効な手段であ... [more] MW2013-217
pp.117-122
ED, MW
(共催)
2014-01-16
16:20
東京 機械振興会館 小形ブリッジ形整流回路を用いた2.4GHz帯レクテナ
細谷鴻平伊藤元希伊東健治別段信一牧野 滋廣田哲夫野口啓介金沢工大)・谷口英司三菱電機ED2013-123 MW2013-188
 [more] ED2013-123 MW2013-188
pp.73-78
MW 2013-11-21
10:30
鹿児島 鹿児島県文化センター DC 印加によるミクサの2 次ひずみ補正システム
藤原孝信谷口英司三菱電機MW2013-133
無線機の小型化・低コスト化にはダイレクトコンバージョン受信方式の採用が有効であるが,ミクサの2次ひずみによる耐干渉性能劣... [more] MW2013-133
pp.11-16
MW 2013-11-22
10:30
鹿児島 鹿児島県文化センター 直交差動出力6ポートブランチライン型ハイブリッド回路の解析
津留正臣谷口英司三菱電機MW2013-143
本稿では,低挿入損失かつ簡易な構成でシングルエンドから直交差動波形が得られる6ポートブランチライン型ハイブリッド回路の解... [more] MW2013-143
pp.69-73
ICD, ITE-IST
(連催)
2013-07-05
11:00
北海道 サン・リフレ函館 3D Imaging LADAR用アレイROICの開発
平井暁人堤 恒次小竹論季辻 秀伸今城勝治亀山俊平谷口英司平野嘉仁三菱電機ICD2013-35
 [more] ICD2013-35
pp.69-74
MW 2013-05-30
15:00
京都 龍谷大学 インピーダンス変成器を設けたブリッジ形高周波整流回路における高調波処理時の整流効率
細谷鴻平佐圓恒啓伊東健治別段信一牧野 滋廣田哲夫野口啓介金沢工大)・谷口英司三菱電機MW2013-11
 [more] MW2013-11
pp.7-12
MW 2013-03-06
11:40
広島 広島大学 注入パルス間隔を自動調整するサブハーモニック注入同期発振器
堤 恒次津留正臣谷口英司三菱電機MW2012-162
 [more] MW2012-162
pp.21-25
MW 2012-11-22
13:30
沖縄 石垣島 フリップチップ実装した60GHz帯受信フロントエンドCMOS ICの試作
津留正臣田中俊行稲垣隆二谷口英司中山正敏三菱電機)・亀田 卓末松憲治高木 直坪内和夫東北大MW2012-124
通信容量の増大のために,ミリ波通信装置の開発が進んでいる.例えば,WPAN(Wireless Personal Area... [more] MW2012-124
pp.63-67
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会