お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2022-11-17
13:55
高知 Kochi Startup BASE
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
1次元波動方程式から導出される線形の方程式の数学的な性質
永井信夫北大)・真田博文北海道科学大)・谷萩隆嗣信号処理研
 [more]
CAS, SIP, VLD, MSS
(共催)
2022-06-17
14:15
青森 八戸工業大学 1号館201室(多目的ホール)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
電磁気の現象に対するヘヴィサイドの展開定理の重要な役割
永井信夫北大)・谷萩隆嗣信号処理研CAS2022-15 VLD2022-15 SIP2022-46 MSS2022-15
 [more] CAS2022-15 VLD2022-15 SIP2022-46 MSS2022-15
pp.78-83
CAS, CS
(共催)
2022-03-03
16:30
ONLINE オンライン開催 可視光に対するガラスの空間1次元の電磁波方程式
永井信夫北大名誉教授)・真田博文北海道科学大)・谷萩隆嗣信号処理研CAS2021-85 CS2021-87
 [more] CAS2021-85 CS2021-87
pp.59-64
CAS, NLP
(共催)
2021-10-14
11:40
ONLINE オンライン開催 再定式化されたマクスウェル方程式と同軸線路
永井信夫北大名誉教授)・真田博文北海道科学大)・谷萩隆嗣信号処理技研CAS2021-21 NLP2021-19
 [more] CAS2021-21 NLP2021-19
pp.23-28
SIP, CAS, VLD, MSS
(共催)
2021-07-05
11:15
ONLINE オンライン開催 回路理論で表される電磁波の物理性質に関する一考察 ~ 無損失性と共鳴現象とを両立させる相反性 ~
永井信夫北大名誉教授)・真田博文北海道科学大)・谷萩隆嗣信号処理技研CAS2021-2 VLD2021-2 SIP2021-12 MSS2021-2
 [more] CAS2021-2 VLD2021-2 SIP2021-12 MSS2021-2
pp.5-10
CAS, CS
(共催)
2021-03-02
10:25
ONLINE オンライン開催 反射波と位相を取り扱うことのできるヘヴィサイドによって再定式化されたマクスウェル方程式
永井信夫北大)・真田博文北海道科学大)・谷萩隆嗣信号処理技研CAS2020-78 CS2020-85
 [more] CAS2020-78 CS2020-85
pp.35-40
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-29
14:05
ONLINE オンライン開催 電磁波で生じる反射波を利用して形成される共鳴波形
永井信夫北大)・真田博文北海道科学大)・谷萩隆嗣RISPCAS2020-65 ICTSSL2020-50
 [more] CAS2020-65 ICTSSL2020-50
pp.136-141
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-30
14:20
ONLINE オンライン開催 マクスウェル方程式の解析で用いられる変分法への回路理論の応用
永井信夫北大)・真田博文北海道科学大)・谷萩隆嗣信号処理技研CAS2020-17 NLP2020-38
 [more] CAS2020-17 NLP2020-38
pp.29-34
NLP 2008-01-31
15:15
北海道 北海道大学学術交流会館 E_M級電力増幅器における補助回路の設計
宮原良介関屋大雄呂 建明谷萩隆嗣千葉大NLP2007-134
E$_{\rm M}$ 級増幅器は,基本動作周波数で動作する E 級増幅器と,基本動作周波数の高調波を出力する補助回路で... [more] NLP2007-134
pp.31-36
NLP 2008-01-31
15:40
北海道 北海道大学学術交流会館 インターリーブ型フルブリッジコンバータの設計
土肥智美関屋大雄呂 建明谷萩隆嗣千葉大NLP2007-135
本研究では, インタリーブ型フルブリッジコンバータの一形態を提案する. 提案するコンバータは; 1. 共振回路を導入する... [more] NLP2007-135
pp.37-40
RCS, SIP
(共催)
2008-01-24
15:35
広島 広島市大 サブバンド分割低複雑性SLM法
今町友哉渡邉 達関屋大雄呂 建明谷萩隆嗣千葉大SIP2007-147 RCS2007-150
直交周波数分割多重(OFDM) における問題の一つに,
PAPR(Peak-to-Average Power Rat... [more]
SIP2007-147 RCS2007-150
pp.97-102
RCS, SAT
(併催)
2007-12-20
16:50
大分 湯布郷館 無線マルチホップネットワークにおける最大スループットに関する解析及び実験
稲葉雅彦冨田佳宏松本真沙樹関屋大雄谷萩隆嗣阪田史郎千葉大)・柳生健吾NTTドコモRCS2007-121
IEEE 802.11 DCFを用いたマルチホップネットワークにおいて, 片方向フローのおける定量的なスループット解析が... [more] RCS2007-121
pp.55-60
EE 2007-11-19
09:30
東京 機械振興会館 位相制御を用いたインターリーブ型E^2級dc/dcコンバータ
片山 幹関屋大雄呂 建明谷萩隆嗣千葉大EE2007-35
本研究では, インターリーブ型位相制御E$^2$級dc/dcコンバータを提案する. 二つの位相制御型E$^2$級dc/d... [more] EE2007-35
pp.7-12
EE 2007-11-19
15:30
東京 機械振興会館 DE級増幅器における非線形出力容量の影響
関屋大雄渡辺貴之千葉大)・末次 正福岡大)・谷萩隆嗣千葉大EE2007-43
本論文では MOSFET の非線形出力容量を考慮した DE 級増幅器における波形式および設計式を導出する. 解析結果は,... [more] EE2007-43
pp.51-56
NLP 2007-04-25
15:45
長野 上智大学軽井沢セミナーハウス SPICEを用いたE級スイッチング回路の自動設計ツールの実装
関屋大雄江沢 徹谷萩隆嗣千葉大NLP2007-7
本稿では SPICE 上に実装した E 級スイッチング回路の設計ツールについて紹介する. 本ツールはサイバネットシステム... [more] NLP2007-7
pp.37-42
CPM, EE
(共催)
2007-03-02
15:40
東京 機械振興会館 様々なQ値におけるシャントキャパシタの非線形性を考慮したDE級増幅器の設計
江沢 徹関屋大雄呂 建明谷萩隆嗣千葉大EE2006-69 CPM2006-162
本研究では, 様々なQ値におけるシャントキャパシタの非線形性を考慮したDE級増幅器の設計を行う. シャントキャパシタに含... [more] EE2006-69 CPM2006-162
pp.41-46
EE 2007-01-26
10:15
長崎 長崎県美術館 E級スイッチング回路の数値計算法
江沢 徹関屋大雄呂 建明谷萩隆嗣千葉大EE2006-47
本研究では, E級スイッチング回路の新しい設計アルゴリズムを提案する.
回路シミュレータSpiceでは, 回路構成の要... [more]
EE2006-47
pp.59-64
EE 2007-01-26
16:25
長崎 長崎県美術館 バンドパスフィルタを用いたDE級インバータの設計と評価
片山 幹長谷宏之関屋大雄呂 建明谷萩隆嗣千葉大EE2006-59
本研究では, 2次定K型バンドパスフィルタを用いたDE級インバータを提案する.
提案するインバータでは, 従来のDE... [more]
EE2006-59
pp.133-138
NLP 2007-01-17
14:50
香川 香川県高松市 サンポートホール高松 シャントキャパシタの非線形性を考慮したDE級増幅器の設計
渡辺貴之関屋大雄千葉大)・末次 正福岡大)・谷萩隆嗣千葉大
DE 級増幅器は高周波数動作下で高効率動作を達成することが可能な増幅器であり, 様々な分野への応用が期待されている. 従... [more] NLP2006-120
pp.51-56
NLP 2006-12-14
12:35
北海道 北海道 湯の川温泉 KKRはこだて シャントキャパシタの非線形性を考慮したDE級増幅器の解析
関屋大雄渡辺貴之千葉大)・末次 正福岡大)・谷萩隆嗣千葉大
 [more] NLP2006-109
pp.39-44
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会