お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT 2021-06-01
10:50
ONLINE オンライン開催 接客場面における対人コミュニケーションのインタラクションモデルの基礎的検討
近井 学伊藤納奈水浪田鶴遠藤博史氏家弘裕岩木 直産総研)・山口忠克曽原倫太郎曽布川美穂遠藤康平鳥居由紀子名倉千紘全日空)・佐藤 洋産総研WIT2021-3
本研究では,サービス現場におけるスタッフと顧客とのヒト-ヒトインタラクションにおける円滑なコミュニケーションのモデル化を... [more] WIT2021-3
pp.12-16
WIT 2021-06-01
13:25
ONLINE オンライン開催 睡眠時の嚥下機能の非侵襲的な検査に向けた検討
大森信行長野県工技総合センター)・小山吉人栗田 浩信州大)・西村美也子百瀬英哉スキノス)・近井 学遠藤博史井野秀一産総研WIT2021-5
我々は,食事支援技術によって健康で自立した生活を維持することを目指して研究を進めてきた.本研究は,睡眠中の無声誤嚥を利用... [more] WIT2021-5
pp.23-27
WIT 2020-06-12
15:15
ONLINE オンライン開催(大阪産業大学から変更) 高齢者の足部における表在感覚の評価手法に関する一考察
近井 学産総研)・西尾大祐本田哲三飯能靖和病院)・井野秀一産総研WIT2020-4
本研究では,皮膚へ対する水平方向の微細なずれ刺激を用いた触覚刺激呈示装置による,末梢神経障害などの感覚機能の低下を客観的... [more] WIT2020-4
pp.19-22
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-10
16:40
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) ワイヤレス触覚計測システムのためのアプリケーション開発と足底感覚評価への適用
野村理博筑波大/産総研)・近井 学産総研)・土井幸輝特総研)・布川清彦東京国際大/筑波大)・高橋紀代篤友会リハビリテーションクリニック)・井野秀一産総研/筑波大WIT2018-85
本研究では,糖尿病性末梢神経障害の早期発見のための,皮膚の感覚閾値を非侵襲・簡便・定量的に計測することが可能なワイヤレス... [more] WIT2018-85
pp.177-181
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2018-12-05
11:20
東京 産総研臨海副都心センター(東京) ずれ刺激を用いた足底感覚閾値に対する立位・座位姿勢の影響
野村理博筑波大/産総研)・近井 学産総研)・土井幸輝特総研)・布川清彦東京国際大/筑波大)・高橋紀代篤友会リハビリテーションクリニック)・井野秀一産総研/筑波大WIT2018-38
本研究では,糖尿病性末梢神経障害の早期発見を行うための皮膚の感覚閾値を非侵襲・簡便・定量的に計測することが可能な触覚機能... [more] WIT2018-38
pp.13-18
WIT 2018-08-09
16:20
長野 長野市生涯学習センター 食品の嚥下条件の違いによる筋電図波形への影響
澤野友貴渡辺誠一長野高専)・大森信行長野県工技総合センター)・百瀬英哉スキノスNAGANO)・遠藤博史近井 学井野秀一産総研WIT2018-17
シート状にした筋電図電極を用いた食品の嚥下時における筋活動の測定において,1人が同一食品で同一量の嚥下を繰り返すと嚥下毎... [more] WIT2018-17
pp.21-25
WIT 2017-08-29
10:20
秋田 秋田大学理工学部 災害時の救助支援を目的とした小型水素吸蔵合金アクチュエータの提案
細野美奈子榊 浩司近井 学産総研)・島田茂伸都立産技研センター)・土井幸輝特総研)・中村優美子井野秀一産総研WIT2017-23
倒壊家屋や転倒家具により閉じ込められた人の生存救出率は時間と共に減少するため,災害時には公的機関による支援とともに,被災... [more] WIT2017-23
pp.51-54
WIT, ASJ-H
(共催)
2017-05-27
13:00
東京 リオン株式会社 広帯域音響センサを用いたとろみ水の嚥下音の計測
近井 学関 喜一木村健太遠藤博史産総研)・大森信行長野県工技総合センター)・井野秀一産総研WIT2017-1
本研究では,摂食嚥下機能に障害がある人たちの嚥下機能を客観的に評価する方法の確立に向けた,基礎的検討として,広帯域音響セ... [more] WIT2017-1
pp.1-4
WIT, ASJ-H
(共催)
2017-02-11
10:50
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 視覚障害ユーザによる白杖を用いた探索対象の重さ知覚における握り方の影響
布川清彦東京国際大)・近井 学産総研)・土井幸輝特総研)・井野秀一産総研WIT2016-72
白杖は視覚障害者の単独歩行を支援する道具として,最も広く使われている物の一つである.著者らは白杖を用いた対象認知の精度を... [more] WIT2016-72
pp.53-56
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2015-12-08
18:30
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 便座からの起立・着座動作時の頭部運動に着目した身体的負担に関する考察
近井 学産総研)・小澤恵美昭和伊南総合病院)・土井幸輝特総研)・島田茂伸都立産技研センター)・和田親宗九工大)・井野秀一産総研WIT2015-73
本研究では,加齢などにより下肢筋力が低下した人たちの立ち上がり動作などの日常生活における身体的負担を軽減するための小型動... [more] WIT2015-73
pp.53-57
WIT 2015-08-25
17:00
長野 信州大学工学部 SASTec 折りたたみ式白杖による対象の硬さ判断に及ぼす接合部の影響
布川清彦東京国際大)・土井幸輝特総研)・近井 学井野秀一産総研WIT2015-42
本研究の目的は,対象の硬さを白杖で叩いて判断するときに,折りたたみ式白杖のジョイント部が影響するかどうかを検討することで... [more] WIT2015-42
pp.33-36
WIT 2015-08-26
09:45
長野 信州大学工学部 SASTec 膀胱用超音波画像診断装置の活用による排泄ケアの質の向上への効果について
小澤恵美山口浩史昭和伊南総合病院)・近井 学井野秀一産総研WIT2015-44
当院は後期高齢者の入院患者が6割を超え,患者のADL低下や疾患等による排泄障害がみられるため排泄ケアの需要が高い.以前よ... [more] WIT2015-44
pp.43-46
WIT, ASJ-H
(共催)
2015-02-13
14:45
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス モノフィラメントを利用した表在感覚検査値のばらつきに関する実験的検討
近井 学産総研)・小澤恵美昭和伊南総合病院)・高橋紀代篤友会リハビリテーションクリニック)・井野秀一産総研WIT2014-75
糖尿病性神経障害の臨床病期分類の表在感覚機能の障害を計る方法にSemmes-Weinstein Monofilament... [more] WIT2014-75
pp.17-20
WIT 2014-09-13
10:15
兵庫 神戸大学 楠地区キャンパス 白杖で対象を叩いた時に生じる音を用いた対象の硬さ判断における周波数分析の試み
布川清彦東京国際大)・関 喜一近井 学産総研)・土井幸輝特総研)・井野秀一産総研WIT2014-26
本研究では,対象を白杖で叩いた際に生じた音だけを利用して対象の硬さを判断できるかどうかについてマグニチュード推定法を用い... [more] WIT2014-26
pp.39-44
SP, WIT, ASJ-H
(共催)
2014-06-19
14:20
石川 近江町交流プラザ 擬音語の触覚呈示に関する官能評価と表在感覚ディスプレイの基礎設計
近井 学産総研)・三宅 仁長岡技科大)・井野秀一産総研SP2014-48 WIT2014-3
目や耳に不自由がある人たちに対して,残された感覚器官で機能補助する感覚代行では,視覚や聴覚の情報を指先の触覚に変換呈示す... [more] SP2014-48 WIT2014-3
pp.11-16
WIT 2013-08-29
13:30
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 足底皮膚にずれ刺激を呈示する装置の試作と閾値測定
近井 学産総研/長岡技科大)・井野秀一産総研)・高橋紀代篤友会リハビリテーションクリニック)・大西忠輔昭和伊南総合病院)・佐藤 満昭和大)・布川清彦東京国際大)・土井幸輝特総研)・吉村眞一飛鳥電機製作所WIT2013-24
糖尿病の三大合併症状である神経障害は,病状の比較的初期から出現する症状であり,病状・進行度を把握する上で極めて重要である... [more] WIT2013-24
pp.5-10
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会