お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-02-15
09:30
福岡 リファレンス 大博多貸会議室 空孔付きマルチコアファイバにおける長手方向クロストークの評価
野添紗希NTT)・福本良平フジクラ)・辻川恭三半澤信智NTT)・竹永勝宏フジクラ)・大橋正治阪府大)・愛川和彦フジクラ)・中島和秀NTTOFT2018-76 OPE2018-202
(事前公開アブストラクト) マルチコアファイバの製造法であるクラッド一括合成法を用いて、125μm径の単一モード4コアフ... [more] OFT2018-76 OPE2018-202
pp.31-34(OFT), pp.51-54(OPE)
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]ファイバヒューズによる気泡形成へのパワー変動の影響
石川翔大黒河賢二北見工大)・野添紗希松井 隆辻川恭三中島和秀NTTOFT2018-13
 [more] OFT2018-13
pp.1-6
OFT 2018-10-11
14:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]純石英コアファイバにおけるファイバヒューズ伝搬閾値特性
濱谷洸輔黒河賢二北見工大)・野添紗希松井 隆辻川恭三中島和秀NTTOFT2018-14
 [more] OFT2018-14
pp.7-10
OFT 2018-01-19
10:20
熊本 熊本市民会館 ファイバヒューズ伝搬によって生じるコアの溶融領域に関する検討
辻川恭三NTT)・黒河賢二北見工大)・半澤信智NTT東日本)・野添紗希松井 隆中島和秀NTTOFT2017-65
高パワー入力条件下で確率論的に発生するファイバヒューズ現象は、シングルモードファイバによる波長多重伝送(WDM)の容量制... [more] OFT2017-65
pp.43-46
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2017-11-24
14:25
大阪 関西大学 梅田キャンパス 空孔構造を有する低クロストーク125 umクラッド径2LPモード4コアファイバ
野添紗希坂本泰志松井 隆NTT)・安間淑通竹永勝宏フジクラ)・阿部宜輝辻川恭三青笹真一NTT)・愛川和彦フジクラ)・中島和秀NTTOFT2017-54
マルチコアファイバ(MCF)や数モードファイバを用いた空間分割多重伝送技術が注目されている。125 umクラッド径を有す... [more] OFT2017-54
pp.67-70
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2017-09-01
13:15
北海道 北海道大学 クラッド一括合成法による空孔付与型マルチコアファイバの作製
福本良平安間淑通竹永勝宏フジクラ)・野添紗希坂本泰志松井 隆辻川恭三青笹真一中島和秀NTT)・愛川和彦フジクラOCS2017-33
(事前公開アブストラクト) マルチコアファイバのコア間クロストーク(XT)を抑制する技術の1つとして,コア間への空孔付与... [more] OCS2017-33
pp.57-60
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2017-09-01
13:40
北海道 北海道大学 高空間多重密度を有する結合型マルチコアファイバに関する検討
坂本泰志青笹真一森 崇嘉和田雅樹山本貴司野添紗希寒河江悠途辻川恭三中島和秀NTTOCS2017-34
(事前公開アブストラクト) 結合型マルチコアファイバ(MCF)は、伝搬中のモード間結合によりインパルス応答幅が低減できる... [more] OCS2017-34
pp.61-66
OFT 2017-01-20
13:30
東京 機械振興会館(東京) インパルス応答法を用いたFew-modeファイバのLPモードごとの損失測定法
野添紗希松井 隆辻川恭三NTT)・垂野将明久保田寛和大橋正治阪府大)・中島和秀NTTOFT2016-36
現在、単一モードファイバの伝送容量を打破するために、マルチコアファイバや数モードファイバ (FMF)を用いた空間分割多重... [more] OFT2016-36
pp.5-9
OFT 2017-01-20
16:30
東京 機械振興会館(東京) 小型ファイバヒューズストッパにおけるファイバヒューズの停止機構の検討
辻川恭三NTT)・黒河賢ニ北見工大)・半澤信智NTT東日本)・野添紗希松井 隆中島和秀NTTOFT2016-42
(事前公開アブストラクト) 空孔アシストファイバ(HAF)において、ファイバヒューズ伝搬の有無と空孔構造との相関関係を明... [more] OFT2016-42
pp.33-37
OFT 2016-10-14
10:20
岩手 マリオス(盛岡) 異種ファイバ接続点近傍におけるファイバヒューズ気泡間隔ゆらぎの観測
菅原一茂田辺 侑北見工大)・野添紗希松井 隆辻川恭三中島和秀NTT)・黒河賢二北見工大OFT2016-24
(事前公開アブストラクト) DSFとSMFの接続点近傍で、ファイバヒューズ伝搬後に観測される気泡間隔にゆらぎが生じること... [more] OFT2016-24
pp.35-39
OFT 2015-12-11
16:40
東京 電気通信大学 2モードファイバにおけるファイバヒューズ伝搬特性評価
野添紗希半澤信智辻川恭三NTT)・黒河賢二北見工大)・松井 隆中島和秀NTTOFT2015-53
モード多重伝送用において使用されるFew-modeモードファイバは、単一モードファイバと比較して、光ファイバ一本あたりの... [more] OFT2015-53
pp.39-43
OFT 2015-01-23
10:45
宮崎 宮崎グリーンホテル 空孔ファイバの空孔界面に起因する伝搬損失に関する検討
青笹真一辻川恭三半澤信智野添紗希山本文彦NTTOFT2014-54
これまでに我々は数モードの空孔型光ファイバ(HAFとPCF)の空孔表面由来の損失(不純物吸収、表面凹凸による散乱)を計算... [more] OFT2014-54
pp.47-52
OFT 2014-10-24
09:10
兵庫 三宮コンベンションセンター Few-modeファイバの高次モードにおける損失要因分析
野添紗希半澤信智辻川恭三山本文彦NTTOFT2014-31
Few-modeファイバ(FMF)がモード多重伝送用光ファイバとして使用されている.FMFでは,高次モードの曲げ損失の設... [more] OFT2014-31
pp.45-49
OFT 2014-05-29
16:40
山形 山形大学(米沢) Few-mode光ファイバにおけるレイリー散乱損失のモード依存性に関する検討
半澤信智辻川恭三野添紗希馬 麟山本文彦NTTOFT2014-7
(事前公開アブストラクト) 近年,Few-mode光ファイバを用いたモード多重伝送の研究が検討されている.Few-mod... [more] OFT2014-7
pp.31-36
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会