お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
09:35
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) DNSトラフィックを用いた感染端末の検知手法
向後宗一郎金井 敦法政大ICSS2020-27
マルウェアによる被害は年々より顕著になっていくことが考えられる.しかし,ネットワークに接続されるすべての端末を管理するの... [more] ICSS2020-27
pp.7-12
ICSS 2015-11-26
15:25
福島 産総研 福島再生可能エネルギー研究所 無線LAN不正アクセスポイント判定手法の検討
保要隆明金井 敦法政大ICSS2015-39
スマートデバイスの発展に伴い,至る所に無線LAN アクセスポイントが設置され,インターネットに接続できるようになってきて... [more] ICSS2015-39
pp.25-30
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2015-02-23
16:40
北海道 北海道大学 Authentication Method against Shoulder-Surfing Attacks using Secondary Channel
Akira ArataniAtsushi KanaiHosei Univ.
We propose an authentication method against shoulder-surfing... [more]
ICM, LOIS
(共催)
2015-01-16
13:20
福岡 関門海峡&門司港レトロ 旧大連航路上屋 情報セキュリティマネジメントシステムにおけるスローポリシー導入に関する検討
畑 健一郎佐藤 彰米田翔一谷本茂明千葉工大)・佐藤周行東大)・金井 敦法政大ICM2014-48 LOIS2014-55
近年,インターネットが社会基盤として重要な位置づけとなるにつれ,サイバー犯罪の脅威もより大きなものとなってきている.それ... [more] ICM2014-48 LOIS2014-55
pp.91-96
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
10:15
北海道 サン・リフレ函館 ハイブリッド・クラウドにおける動的セキュリティ制御基盤方式
梶浦悠生金井 敦法政大)・谷本茂明千葉工大)・佐藤周行東大ISEC2014-14 SITE2014-9 ICSS2014-18 EMM2014-14
近年,クラウドコンピューティングが普及し,複数のサービスを利用する機会が増えている.しかし,セキュリティ上の懸念などから... [more] ISEC2014-14 SITE2014-9 ICSS2014-18 EMM2014-14
pp.61-67
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
13:50
北海道 サン・リフレ函館 サブチャネルを用いた覗き見耐性を持つ認証方式の提案
荒谷 光金井 敦法政大ISEC2014-22 SITE2014-17 ICSS2014-26 EMM2014-22
スマートフォンやタブレットPCの急速な普及に伴い,個人情報の漏洩が社会問題となっている.しかしながら,画面が大きい為入力... [more] ISEC2014-22 SITE2014-17 ICSS2014-26 EMM2014-22
pp.139-144
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
14:40
北海道 サン・リフレ函館 統計情報を用いた個人情報露出量算出方式
白山智康金井 敦法政大ISEC2014-24 SITE2014-19 ICSS2014-28 EMM2014-24
近年,ブログやSNSなどのサービスでユーザが無意識に個人情報を露出しているケースが多く見られるようになってきた. 露出し... [more] ISEC2014-24 SITE2014-19 ICSS2014-28 EMM2014-24
pp.149-154
ICSS 2013-03-25
10:20
神奈川 横浜国立大学 ブログにおける誕生日の本人性判別方式の提案
川原正隆金井 敦法政大ICSS2012-57
ブログやSNSなどの普及により個人が手軽に情報を発信する機会が増えたことで,無意識に個人情報が書かれていることが多い.個... [more] ICSS2012-57
pp.1-6
ICSS 2013-03-25
10:45
神奈川 横浜国立大学 統計情報を用いた個人情報露出量計算方式の検討
滝澤茉耶松永大希金井 敦法政大ICSS2012-58
近年,個人情報保護に対する意識が高まり,大学や企業などでは個人情報漏えい防止の対応が進められている.その一方で,ブログや... [more] ICSS2012-58
pp.7-12
LOIS, IPSJ-GN, IPSJ-SPT
(連催)
2012-05-18
16:40
千葉 千葉工業大学 ライフログサービスにおけるリスクマネジメントに関する検討
谷本茂明高橋 健千葉工大)・関 良明NTT)・岩下 基千葉工大)・佐藤周行東大)・金井 敦法政大LOIS2012-8
インターネットの急激な進展に伴って,個人が発信・受信する情報は,量・種類共に増加してきている.特に,インターネットサイト... [more] LOIS2012-8
pp.127-132
ICSS 2012-03-16
11:10
東京 機械振興会館 住所を特定できるブログ掲載写真の現状調査
高田肖往金井 敦法政大ICSS2011-41
近年,個人情報頬に対する意識が高まり,企業や大学などでは個人情報漏洩防止の対策が行われている.その一方で,ブログやソーシ... [more] ICSS2011-41
pp.11-16
IE, LOIS
(共催)
ITE-ME, IEE-CMN
(連催)
(連催) [詳細]
2010-09-21
15:20
高知 高知工科大学 キャンパスPKIにおけるコスト構造に関する研究
谷本茂明黒崎 悟高本剛志林 和範水原真一守屋利彦千葉工大)・横井雅彦NTTコミュニケーションズ)・佐藤周行東大)・金井 敦法政大LOIS2010-22 IE2010-64
ユビキタス化やクラウド・コンピューティングなど,インターネットは急激に進展しており,非常に利便性の高いものになっているが... [more] LOIS2010-22 IE2010-64
pp.25-30
SS 2008-03-04
09:55
長崎 長崎大学 セキュアなソフトウェア開発を実現するセキュアソフト工学の提案
斉藤典明小田 哲宮澤俊之知加良 盛川村 亨金井 敦NTTSS2007-71
最近のソフトウェア開発では、開発スパンが短くなっているにもかかわらず、セキュリティ意識の高まりからセキュアなソフトウェア... [more] SS2007-71
pp.85-90
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2007-07-19
14:40
北海道 公立はこだて未来大学 分散アイデンティティエスクローを想定した電子掲示板におけるユーザ行動に関する研究
佐藤亮太廣田啓一山本太郎谷本茂明塩野入 理金井 敦NTTISEC2007-28 SITE2007-22
インターネット社会における匿名性に関する問題の一解決策として,我々は分散アイデンティティエスクロー(DECIDE : D... [more] ISEC2007-28 SITE2007-22
pp.87-94
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2007-07-20
13:25
北海道 公立はこだて未来大学 特徴キーワードの変遷に見るSPAMメールの定性的特徴について
荒金陽助佐野和利塩野入 理金井 敦NTT
 [more] ISEC2007-61
pp.111-116
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2007-07-20
13:50
北海道 公立はこだて未来大学 迷惑メールにおける誘導手法に関する一考察
柴田賢介神谷 造佐野和利荒金陽助塩野入 理金井 敦NTT
迷惑メールはトラフィックの増大などによる基幹ネットワークへの影響の
みならず,フィッシングやワンクリック詐欺等のサイバ... [more]
ISEC2007-62
pp.117-122
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2007-07-20
14:15
北海道 公立はこだて未来大学 迷惑メールの外見的特長についての一考察
神谷 造柴田賢介佐野和利荒金陽助塩野入 理金井 敦NTT
インターネットの普及に伴い,電子メールという最も手軽に利用できるコミュニケーション手段において,迷惑メールの存在が問題に... [more] ISEC2007-63
pp.123-127
LOIS, IPSJ-GN
(共催)
2007-06-01
14:10
大阪 大阪産業創造館 FACE技術と認証サービスの提案
斉藤典明山崎哲朗知加良 盛小林 透金井 敦NTT
様々な社会サービスがネットワーク上で利用可能となると同時にID盗難などの脅威も増加している。そのため、非常に多くのIDを... [more] OIS2007-8
pp.43-48
SITE, IPSJ-EIP
(共催)
2007-05-25
13:25
東京 ドコモテクノロジ本社(国際赤坂ビル) フィッシング詐欺によるブランドへの影響に関する考察
荒金陽助塩野入 理金井 敦NTT
 [more] SITE2007-2
pp.5-10
MoNA, IPSJ-MBL
(共催)
2007-05-18
08:30
沖縄 沖縄青年会館 携帯電話に対するフィッシング詐欺の可能性と対策について
荒金陽助柴田賢介佐野和利塩野入 理金井 敦NTT
 [more] MoMuC2007-14
pp.67-72
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会