お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2021-03-03
15:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]収音用適応ビームフォーミングの研究を振り返る
宝珠山 治京セラ)・金田 豊東京電機大EA2020-75 SIP2020-106 SP2020-40
電子情報通信学会2019年度の業績賞受賞「収音用適応ビームフォーミングの先駆的研究」について1980年代、1990年代の... [more] EA2020-75 SIP2020-106 SP2020-40
pp.91-96
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-02
13:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]周波数ごとの反射音打ち消しを用いた反射音環境におけるスピーカ特性測定の検討
森谷晃行金田 豊東京電機大EA2019-114 SIP2019-116 SP2019-63
一般室内でインパルス応答を測定した場合,直接音(スピーカのインパルス応答)に反射音が重畳する.そのため,スピーカのインパ... [more] EA2019-114 SIP2019-116 SP2019-63
pp.77-82
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-02
13:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]MUSIC音源方向推定における低周波数帯の劣化要因と改善法の検討
湯浅一輝金田 豊東京電機大EA2019-115 SIP2019-117 SP2019-64
筆者らは、室内の音源方向推定において、推定精度の劣化要因である反射音に対し、耐性があるPeak Hold(PH)処理を使... [more] EA2019-115 SIP2019-117 SP2019-64
pp.83-88
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]回帰誤差を用いた残響時間推定方法の検討
飯山陽平金田 豊東京電機大EA2019-145 SIP2019-147 SP2019-94
残響時間は,室のインパルス応答から残響曲線を求め,その勾配を直線回帰して算出する.
このとき,対象となるすべての帯域の... [more]
EA2019-145 SIP2019-147 SP2019-94
pp.255-260
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]インパルス応答測定時に混入した非定常雑音を改善する手法の検討
木ノ下 亘金田 豊東京電機大EA2018-93
インパルス応答は音響系の周波数特性や残響時間を求めることが出来る重要な測定量である。一般的にその測定には、掃引正弦波信号... [more] EA2018-93
pp.1-6
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2018-07-24
13:00
北海道 北海道大学 [ポスター講演]残響時間測定におけるBMN-SSインパルス応答測定法の有効性について
飯山陽平金田 豊東京電機大EA2018-6
残響時間は対象とする室内のインパルス応答から算出される.
このとき,各オクターブバンドでのインパルス応答測定結果につい... [more]
EA2018-6
pp.29-34
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-01
11:15
沖縄 沖縄産業支援センター インパルス応答測定用純白色擬似雑音信号の時間軸変動耐性の検討
森 健太郎金田 豊東京電機大EA2016-86 SIP2016-141 SP2016-81
インパルス応答測定は伝達系の線形時不変性を前提としている。従って、大空間測定時の風などによる伝達系の時間変動や、再生系の... [more] EA2016-86 SIP2016-141 SP2016-81
pp.25-30
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]大音圧で測定したインパルス応答による室内音響特性算出の検討
竹林 涼金田 豊東京電機大EA2016-116 SIP2016-171 SP2016-111
インパルス応答を測定する際、大音圧で測定することで環境雑音の影響を小さくし、SN比を向上することが可能である。しかし、大... [more] EA2016-116 SIP2016-171 SP2016-111
pp.195-200
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター [ポスター講演]帯域制限したインパルス応答測定信号の雑音低減効果の検討
茂木宏太金田 豊東京電機大EA2016-117 SIP2016-172 SP2016-112
 [more] EA2016-117 SIP2016-172 SP2016-112
pp.201-206
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
09:50
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [招待講演]音響インパルス応答測定用信号について
金田 豊東京電機大EA2015-68 SIP2015-117 SP2015-96
これまで、音響インパルス応答測定信号としては,TSP信号、M系列信号など、いくつもの信号が提案されてきた。本稿では、測定... [more] EA2015-68 SIP2015-117 SP2015-96
pp.13-18
US, EA
(併催)
2016-01-29
10:50
大阪 関西大学 100周年記念会館 インパルス応答に含まれる周期性雑音除去の検討
牧野 洪金田 豊東京電機大EA2015-60
インパルス応答はスピーカや部屋などの音響系の特性を含む重要な特性量である.しかし,測定の際にはマイクに環境雑音などが付加... [more] EA2015-60
pp.33-38
US, EA
(併催)
2016-01-29
11:15
大阪 関西大学 100周年記念会館 電車内放送における最適音量制御指針の検討
斉藤 肇金田 豊東京電機大)・山本 聡家口孝一八幡電気産業EA2015-61
列車の走行中等の非常に大きな騒音下では,電車内放送が聞き取りづらくなる問題が生じる.この問題の解決法として音量の増加が考... [more] EA2015-61
pp.39-44
EA 2015-12-12
09:00
石川 金沢大学 サテライト・プラザ [ポスター講演]位相を付加したサブバンドピークホールド音源方向推定法の処理時間短縮法の検討
今西祐生金田 豊東京電機大EA2015-47
音源方向推定技術は,指向性集音技術やロボットの聴覚機能などに応用が期待される技術である.実環境で音源方向を推定する場合,... [more] EA2015-47
pp.37-42
EA, EMM
(共催)
2015-11-13
13:00
熊本 熊本大学 掃引正弦波を用いたインパルス応答測定時に発生する非線形誤差の検討
佐藤憲孝金田 豊東京電機大EA2015-35 EMM2015-56
 [more] EA2015-35 EMM2015-56
pp.63-68
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-03
16:05
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) 適応形雑音抑圧マイクロホンアレーの雑音抑圧機能の検討
大泉裕磨金田 豊東京電機大EA2014-129 SIP2014-170 SP2014-192
適応形雑音抑圧マイクロホンアレー(AMNOR : Adaptive Microphone Array for Noise... [more] EA2014-129 SIP2014-170 SP2014-192
pp.317-322
EA 2013-12-13
13:50
石川 金沢大学サテライトプラザ 音声劣化を許容したGSCとAMNORとの関係の検討
森 一馬金田 豊東京電機大EA2013-90
 [more] EA2013-90
pp.13-18
EMM, EA
(共催)
2013-11-15
14:30
広島 県立広島大学 サテライトキャンパスひろしま CSN-SS信号による残響時間測定の効率化について
中原優樹金田 豊東京電機大EA2013-83 EMM2013-83
インパルス応答測定用信号として,これまでTSP信号を始めとしてさまざまな信号が提案されてきた.その中でCSN-SS (C... [more] EA2013-83 EMM2013-83
pp.89-94
EMM, EA
(共催)
2013-11-15
15:00
広島 県立広島大学 サテライトキャンパスひろしま インパルス応答測定のための有色疑似雑音の検討
篠原 亮金田 豊東京電機大EA2013-84 EMM2013-84
インパルス応答測定信号としてSS(Swept Sine:掃引正弦波)信号およびPN(Pseudo Noise:疑似雑音)... [more] EA2013-84 EMM2013-84
pp.95-100
EA, EMM
(共催)
2012-11-16
13:55
大分 大分大学 適応形マイクロホンアレーにおける性能劣化の検討
森 一馬金田 豊東京電機大EA2012-89 EMM2012-71
 [more] EA2012-89 EMM2012-71
pp.45-50
EA, EMM
(共催)
2012-11-16
14:20
大分 大分大学 実環境雑音下におけるインパルス応答測定波形の最適切り出し方法の検討
渋澤 功金田 豊東京電機大EA2012-90 EMM2012-72
インパルス応答はスピーカや室内の音響特性についての情報を数多く含んでいる。そのためインパルス応答の測定は大変重要である。... [more] EA2012-90 EMM2012-72
pp.51-56
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会