お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, ICSS
(共催)
2015-06-11
13:45
福岡 九工大 百周年中村記念館 [招待講演]産学連携によるサイバーセキュリティ教育分野の確立
八木 毅秋山満昭NTT)・森 達哉早大)・針生剛男NTT)・後藤滋樹早大IA2015-2 ICSS2015-2
 [more] IA2015-2 ICSS2015-2
pp.3-8
IA, ICSS
(共催)
2015-06-12
10:50
福岡 九工大 百周年中村記念館 攻撃インフラの時系列変動特性に基づく悪性ドメイン名の検知法
千葉大紀NTT/早大)・八木 毅秋山満昭NTT)・森 達哉早大)・矢田 健針生剛男NTT)・後藤滋樹早大IA2015-10 ICSS2015-10
サイバー攻撃を実施する攻撃者は,自身の保有する悪性サイトを頻繁に変化させて運用することで,ブラックリストに代表される対策... [more] IA2015-10 ICSS2015-10
pp.51-56
ICSS, IA
(共催)
2014-06-06
13:00
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 大会議室 動的クラスローダを利用するAndroidアプリケーション解析手法の研究
名雲孝昭秋山満昭八木 毅針生剛男NTTIA2014-8 ICSS2014-8
 [more] IA2014-8 ICSS2014-8
pp.39-44
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-27
13:30
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 改ざんWebサイトのリダイレクトに基づく悪性Webサイトの生存期間測定
秋山満昭八木 毅針生剛男NTTICSS2013-71
攻撃者は悪性WebサイトのURLやドメイン名を新たに生成し続けることによってブラックリストを用いたセキュリティ手法に対抗... [more] ICSS2013-71
pp.53-58
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-27
13:55
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) ドライブバイダウンロード攻撃に使用される悪性なJavaScriptの実態調査
高田雄太秋山満昭針生剛男NTTICSS2013-72
ドライブバイダウンロード攻撃を仕掛ける悪性Webサイトでは,主に JavaScript が用いられる.そのため,低対話型... [more] ICSS2013-72
pp.59-64
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-27
14:20
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) ハイブリッド型WebハニーポットWeb Phantomの実装と評価
八木 毅針生剛男NTTICSS2013-73
 [more] ICSS2013-73
pp.65-70
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
12:05
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 制御フローと通信の関連性分析に基づくC&Cサーバ特定手法の提案
幾世知範青木一史針生剛男NTTICSS2013-81
近年,マルウェア感染攻撃の高度化・多様化によってマルウェア感染の防止が困難になってきていることを背景に,感染端末を発見・... [more] ICSS2013-81
pp.137-142
ICSS 2013-11-12
14:15
福岡 西新プラザ(福岡市早良区西新) Webサイトへの攻撃に対する多段型トラヒック分析方式の評価
八木 毅針生剛男NTT)・高倉弘喜名大ICSS2013-57
近年急増しているWebサイトへの攻撃を高い精度で防御するためには,アクセスを監査して攻撃を検知する際の根拠情報となる,攻... [more] ICSS2013-57
pp.3-8
IN, NV
(併催)
2013-07-18
11:35
北海道 北海道大学 工学部アカデミックラウンジ3 Webサイトへのマルウェア感染攻撃監視用ブラックリスト更新周期の解析
八木 毅針生剛男NTT)・大崎博之関西学院大)・村田正幸阪大IN2013-38
(事前公開アブストラクト) 本稿では,Webサイトへ感染させるためのマルウェアが配置されたマルウェアダウンロードサイトの... [more] IN2013-38
pp.13-18
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2012-07-19
13:30
北海道 北海道工業大学 テイントタグを用いた解析対象コードの識別方法
川古谷裕平岩村 誠針生剛男NTTISEC2012-20 SITE2012-16 ICSS2012-22 EMM2012-12
 [more] ISEC2012-20 SITE2012-16 ICSS2012-22 EMM2012-12
pp.77-82
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2012-07-19
15:25
北海道 北海道工業大学 プログラムコードの擬似分散による不正制御フローの検知
塩治榮太朗川古谷裕平岩村 誠針生剛男NTTISEC2012-24 SITE2012-20 ICSS2012-26 EMM2012-16
コード再利用攻撃などに見られる、メモリ領域を破壊しポインタを書き換えることにより実行中のプログラムの制御フローを不正に変... [more] ISEC2012-24 SITE2012-20 ICSS2012-26 EMM2012-16
pp.103-108
IA, ICSS
(共催)
2011-06-17
15:00
福岡 九州工業大学 マルウェアを用いたWebサイト改ざん手法の分析
八木 毅中山心太秋山満昭青木一史針生剛男伊藤光恭NTTIA2011-13 ICSS2011-13
近年,正規Webサイトを悪用してユーザをマルウェアに感染させる攻撃が脅威となっている.この攻撃では,正規Webサイトが改... [more] IA2011-13 ICSS2011-13
pp.75-80
IN, MoNA
(併催)
2010-11-18
14:50
福岡 福岡工業大学 ハイブリッド型WebハニーポットWeb Phantomの設計
八木 毅谷本直人針生剛男伊藤光恭NTTIN2010-85
本稿では,囮Webサイトの通信先と受信したデータやファイルの文字列を自動解析することで,超多数Webサイトをマルウェア感... [more] IN2010-85
pp.25-30
IN 2010-07-08
15:25
北海道 北海道大学 Investigation and Evaluation of Attack Monitoring Methods Using Web Honeypots
Takeshi YagiNTT Corp.)・○Alberto ChanUniv. of British Columbia)・Naoto TanimotoTakeo HariuMitsutaka ItohNTT Corp.IN2010-29
 [more] IN2010-29
pp.37-42
IA, ICSS
(共催)
2010-06-18
14:20
京都 京都大学 学術情報メディアセンター Webサイトに対するマルウェアダウンロードサイトの生存期間監視方式
八木 毅谷本直人針生剛男伊藤光恭NTTIA2010-14 ICSS2010-14
本稿では,Webサイトへ感染させるためのマルウェアが配置されたマルウェアダウンロードサイトの生存期間を監視する方式を提案... [more] IA2010-14 ICSS2010-14
pp.75-80
ICSS 2010-03-26
15:30
福岡 北九州市立大学 複数のドメインに配置されたハニーポットを用いたWebサイトへの攻撃の実態調査
谷本直人八木 毅針生剛男伊藤光恭NTTICSS2009-66
近年Webアプリケーションのぜい弱性を利用して,Webサイトをマルウェアに感染させ,踏み台として悪用する攻撃が増加してい... [more] ICSS2009-66
pp.25-28
NS, IN
(併催)
2010-03-05
11:40
宮崎 宮崎シーガイア Webサイト向けマルウェア検知方式
八木 毅谷本直人針生剛男伊藤光恭NTTIN2009-200
本稿では,ぜい弱性を保有したWebアプリケーションを故意に搭載してWebサイトへの攻撃を収集するWebハニーポットを用い... [more] IN2009-200
pp.337-342
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会