お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2015-12-11
15:50
東京 電気通信大学 医療機器向け光アクティブケーブルの開発
田邉賢吾昭和電線ケーブルシステム)・佐野義昭鈴木修司ヒロセ電機)・村瀬知丘金子貴皇昭和電線ケーブルシステムOFT2015-51
(事前公開アブストラクト) 高機能化した医療機器内において電気伝送は限界を迎えつつあり,光伝送の導入が進められている。今... [more] OFT2015-51
pp.29-33
PN 2010-03-09
15:30
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 高速/低速イメージセンサを用いた可視光測位システム
新井雅裕田中稔也鈴木修司春山真一郎中川正雄慶大PN2009-102
近年、GPS技術による位置測定システムが注目されている。GPSは衛星を用いた電波による測位システムであるため広範囲で使用... [more] PN2009-102
pp.91-96
CPM, LQE, OPE, EMD
(共催)
2007-08-23
15:35
北海道 北海道大学 基板間/チップ間高速光信号伝送のための光結合効率およびDMDの基礎評価
若園芳嗣鈴木 敦長尾太介石川隆朗樋野智之橋本陽一増田 宏鈴木修司田村充章鈴木貞一菊地克弥仲川 博青柳昌宏三川 孝産総研EMD2007-38 CPM2007-59 OPE2007-76 LQE2007-39
近年、電気信号伝送の高速化にともない、基板間や基板内での光信号伝送が検討されている。今回、筆者らは、光伝送特有の問題であ... [more] EMD2007-38 CPM2007-59 OPE2007-76 LQE2007-39
pp.49-54
OPE, LQE, CPM, EMD
(共催)
2005-08-26
09:00
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟、A21講義室(2階) [招待講演]高速情報通信装置用光バックプレーンの開発
茨木 修鈴木修司増田 宏斎藤和人木下雅夫岡田義邦青柳昌宏産総研)・佐々木純一NEC
 [more] EMD2005-46 CPM2005-74 OPE2005-54 LQE2005-34
pp.1-6
OPE, R, CPM
(共催)
2005-04-22
13:25
東京 機械振興会館 高密度光配線バックプレーン
斎藤和人増田 宏鈴木修司木下雅夫茨木 修青柳昌宏産総研)・佐々木純一NEC
ネットワークを支えるルータなど情報処理装置の高速高機能化に向けて、装置内信号伝送に光伝送技術を導入することが重要である。... [more] R2005-2 CPM2005-2 OPE2005-2
pp.7-10
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会