お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, RCS
(併催)
2022-08-26
10:40
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
パケット型インデックス変調におけるチャネルアクティビティ検出を用いたインデックスマッピング手法の検討
鈴木康介安達宏一電通大)・太田真衣福岡大)・田久 修信州大)・藤井威生電通大
 [more]
RCS, NS
(併催)
2021-12-16
11:00
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
パケット型インデックス変調における適応的インデックスマッピング手法
鈴木康介安達宏一電通大)・太田真衣福岡大)・田久 修信州大)・藤井威生電通大RCS2021-176
IoT (Internet-of-Things) の発展に伴い,多端末通信が可能なLoRaWAN (Long Range... [more] RCS2021-176
pp.7-12
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-08
11:15
ONLINE オンライン開催 最適なフレーム集約数に基づく802.11 WLANスループットの最大化
鈴木康介山崎悟史沼津高専RCS2020-61
IEEE 802.11n以降の無線LAN (WLAN) では,スループット改善を目的としてMAC層において2段階のフレー... [more] RCS2020-61
pp.19-24
RCS 2020-06-24
- 2020-06-26
ONLINE オンライン開催 LoRaWANにおけるACK信号を用いた自律分散的な周波数リソース割当て手法の検討
鈴木康介沼津高専)・相原直紀安達宏一電通大)・山崎悟史沼津高専RCS2020-54
今後IoTの更なる発展により,多数のノードが密集する稠密環境が想定される.そのような環境では,同一時刻・周波数で複数ノー... [more] RCS2020-54
pp.187-192
CQ 2019-05-30
14:15
広島 広島市立大学 IEEE802.11acにおけるフレームアグリゲーション最適化に関する理論検討
鈴木康介山崎悟史沼津高専CQ2019-17
IEEE 802.11ac 規格では超高速伝送が実現されているが,フレーム効率化や上りフレーム伝送などフレームに関する課... [more] CQ2019-17
pp.33-37
ASN 2019-01-29
10:25
鹿児島 休暇村 指宿 汎用太陽電池向け1 chip昇圧回路による照度Beat Sensor
鈴木康介石橋孝一郎電通大ASN2018-88
 [more] ASN2018-88
pp.53-57
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2010-09-03
10:55
北海道 北海道大学 クラーク会館 高圧送電線のコロナ放電等について ~ 弱電璃プラズマ現象として取り扱い ~
園部武雄鈴木康介つくば電磁界研究機構)・ユージン グレビッチオフィルEMCJ2010-45
高圧送電線においてコロナ放電が発生した場合の現象について,弱電離プラズマ現象として解析し,現在実用化されている超超高圧送... [more] EMCJ2010-45
pp.23-28
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会